一人六役

久しぶりに麻雀牌を取り出して、一人麻雀をしてた
そして4人分を俺一人でやってたので疲れた
一人六役

…2人多いって?
他に実況が2人いるに決まってんだろ(半ギレ)

異端な俺

東1局東家5巡目
ドラ東
四萬五萬七萬七筒八筒九筒五索六索七索八索九索西西ツモ九萬



俺「5萬切りだわ」

ねらー1「4萬切り」

ねらー2「4萬しかない」

ねらー3「5萬切りはキチガイ」

ねらー4「6萬の受け入れを見ろよ。リーヅモピンフ裏裏で親満だろ」

ねらー5「5萬切りはへぼ」



俺「コメント欄のまとめ民なら分かってくれるさ…(半泣き)」

まとめ民1「4萬切り」

まとめ民2「4萬しかない」

まとめ民3「5萬切りはキチガイ」

まとめ民4「6萬の受け入れを見ろよ。リーヅモピンフ裏裏で親満だろ」

まとめ民5「5萬切りはへぼ」



ワイが少数派やったんか…(絶望)

信じらんねー

通貨つかえねー
※さりげなく遊戯王ネタをはさんでいくスタイル

悪い癖

南2局南家(18000点持ち)

ドラ二筒
一筒二筒三筒五筒赤五筒六筒六筒七筒八筒八筒九筒九筒中



1位が4万点強で、2位が3万点
4位がだいたい8千点

そんな状況で、上の手になった
チンイツ赤ドラ、跳満確定の一向聴
中は念のための安牌


「全部鉄ポンだな。それでテンパイや!5筒ポンやと嵌7筒待ちでちょっと嫌やけど、9筒辺りで鳴けるやろ」と、ここまで考えた
上家から5筒が出た

全然考えもしなかった「チー」の二文字が見えた
「これ、チーしたらどないなるんや?とりあえず鳴いてから考えよか」とチーした



一筒二筒三筒五筒赤五筒六筒八筒八筒九筒九筒
チー横五筒六筒七筒



ああああああ

小林剛プロと桜井章一の対談を観て

待ちに待った小林剛プロと雀鬼桜井章一の対談が、近代麻雀に掲載されていた
どのくらい楽しみにしていたかというと、二人が対談してるところを夢に見たくらい(笑)





構成は雑誌に対談の記事が4ページで、付録にDVDがついている
DVDは前半が記事の対談とほとんど同じ内容で、後半は小林剛プロVS雀鬼会メンバーの対局だった


ただし対局と言ってもニコ生とかで放送されるような、しっかりした内容じゃない
途中から始まって、小林剛プロを後ろから桜井章一が眺めて、文句を言うアドバイスするって感じ
点数表示すらないし、オーラスに至っては小林剛プロの手牌すら映らない

俺は面白いと思ってたけど、デジタル雀士が観たら「偉そうな老害が上から目線で長話してる」にしか見えないかもしれない
流れ(笑)の話とかも、当然の前提で語るし



以下、感想
プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク