システムが分からん

死刑される直前の人「実は僕は狩人だったんだ!守った人たちと守った順番はこうだよ!」

俺「うむ、占い師1→占い師→霊能者→共有者B→共有者Bと、俺が指定したやつと順番も同じだな。占い師1と占い師2の指定順番は完全にランダムにして穴を張り、本来守るべき占い師をひとまず置いて3日目に霊能者をあえて守ってみせ、共有者Aを見捨てたのも俺の策。この三重の罠にはまらないのは真実を知っている本物の狩人だけだ!代わりに違うやつを指定しよう」

処刑された人「ありえないんだぜー」

俺「狩人カミングアウトもなかったし、こいつは狩人じゃないだろ」

死刑される直前の人「残念wwww実は俺、人狼だしwwwwてかお前殺したの本物の狩人wwwwww厄介な狩人消してくれてアリガトニキーwwwww」

俺「ファッ?!」


これ以外にも処刑してした人物が狩人だとカミングアウトしてきて、守った情報が俺の指定したものと食い違ってたから死刑してみた
そしたら本当の狩人だったり
もしかすると俺の勘違いだったかもしれないが、守る順番や人にちゃんと理由づけしてるから間違えたりしてないはずだが…


それにまた占い師が俺の指定した人物を占わないで、自分自身を占いやがった
なにこれ

もしかして狩人の護衛も、こんな感じで指定と違う人を守ってたりするのか?
もう何がなんだか





…人狼のシステムが全然理解できん(困惑)
どこまでが推理に使える情報で、どこまでが推理に関係ない情報なのか全然分からん
そんなこんなで推理ゲーというよりも、ただの運ゲーの気がしてきた




占い師1と2のどっちか偽物か判別できなくてランダムで片方を守ったらそっちが偽物で、その間に本物の占い師殺されたらほぼ詰む
で、防衛に成功したら守らなかった方の占い師が偽物で生き残った占い師を徹底的に守れば確実に勝てる

ほぼくじ引きゲー




実際に顔を合わせてのTRPGだったら顔の表情とか話し方、身振り手振りとかでも判断できるんだろうけど、そういうのもないし
会話の内容から矛盾点を探して推理できる範囲も広がる

リアル人狼とネット人狼とゲーム人狼は、リアル麻雀とネット麻雀くらい違うんだな(確信)




まあ人狼は心理ゲームらしいけど、相手はただのAIコンピだからなあ…
ゲームは所詮ゲームなのかもしれん

Village of Cyber

明けたらしい
めでたいらしい
家に引きこもってるせいで、いまいち正月感を感じない

まあいいや
俺は家にこもってゲームをするだけだ
プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク