あついぜーーー

午後3時過ぎまで爆睡したあと、居間に行って昼飯を食った
居間はクーラーが効いてるのですごく涼しい





今日の昼飯は豚丼だったのでコロナ喜ぶ
飯を食ってる時の会話


コロナ「アニメみてえ」

俺「昨日は特別だったけど今日は修業してないからダメ」

コロナ「えー」

俺「じゃあさ、今日修業に行こう。ちょうど平常時マオさんの修業がしたかったのよ」

マオ「マスター、食後すぐに横になるのはよくないわ」

俺「じゃあこうしよう。まずアニメを見る。次に修業。コロナ、アニメ見ながら寝るなよ?」

コロナ「大丈夫だぜ!」




洗濯物を取り込んだりアニメを観たりで腹がだいぶこなれてきたのでダイブしようとした
ふと脇を観ると…やっぱコロナが寝てるw


俺「起きろー」

コロナ「んあー」

俺「はあ…。(コロナの真名)、起きろ。修業に行くぞ」

コロナ「おー…」



こんな様子で大丈夫か?





とりあえず3人でダイブ
しかし明るいわ暑いわで集中出来ねえ
精度がいつもの半分以下だ



マオは平常時の姿のままで戦う
武器は長刀

長刀持ったマオは久しぶりだ




マオ「マスター、狭いところだと長刀は戦いづらいわ。他の武器も扱えるようになった方がいいかしら」

俺「そうだね。何も扱う武器を固定する必要はない。いろいろな武器を扱えるようになりなさい」




破邪の迷宮1階でマオが肩で息をするようになったのでおしまい
まあ平常時だとこんなもんだよね


マオが倒したのはスライム10匹くらい、いっかくうさぎ1匹、スライムベス1匹くらいか
おおがらすには苦戦してたので俺がサポート
まあこれでも大健闘に入るだろう




サポートはコロナに頼んでたんだがやつは独り先走ってどっかに行ってしまった(笑)
まあコロナには荷が重い任務だっただろう

多分"サポート"という任務の内容を「マオねーちゃんが戦わなくて済むよう先に行って敵の数を減らせばいいんだな!」と誤解したと思われる



途中で帰ってきたコロナ
「蒼夜ー、やっつけてきたぜ!」と狩ったモンスターの腕を持ってきた
とりあえず褒めといたけど猫ってどうして狩った獲物を持ってくるん?

てかそもそもこいつは猫なのか?







帰ったら即行で寝るコロナ(笑)
やっぱ寝るんかw

俺も寝ようと思ったが暑くて眠れん
そしてタイトルへ…



扇風機に当たりながらマオに冷やしてもらってるがやっぱ暑い
前門の扇風機後門のマオさん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク