教育とマインドコントロール

2. マインドコントロール・洗脳・催眠・教育というサイトを読んでて思ったこと





俺は大学で心理学を専攻してて、その際洗脳についての講義も受けたことがある
とは言っても洗脳術だなんて講義があったわけじゃなくて、社会心理学の1コマで洗脳を扱っただけだがね




このサイトによれば洗脳とは「洗脳は、暴力的な方法を使った強制的な思想改造です。」と定義している
…学校って、監禁という暴力行為が蔓延してないか?


一般人がさ、女子高生に向かって「お前は俺の許可なくトイレに行ってはいけない。トイレに行く時は公衆の前で『トイレに行ってもいいですか?』と手を挙げて宣言しろ。ただし許可がもらえなければ諦めて我慢しろ。我慢できなくても我慢しろ」と言ったら変態扱いだろ?
でも学校の教育現場じゃそれが普通


俺、学生時代から「は?これっておかしくね?異常だわ」ってずっと思ってた
でも周りは「これが普通だよね~?」「ね~?」って感じで気にも止めてなかった
すごく不気味だった



排泄を管理するのって一般からすりゃ異常な行為だろ
恋人同士で排泄管理するのは十分SMっていうアブノーマルな世界の分野

でも学校教育によれば排泄は自然権ではないらしい



睡眠ってのも立派な自然権の一種
でも授業中は寝たらいけない
もうね、違和感だらけ

まあ俺は何度注意されてもめげずに授業中ずっと昼寝してたけどさ(笑)




「異常な日常を正常な日常として受け入れてしまう環境」ってのは、俺にとって十分洗脳された現場なんだが

それでも誰も俺の考えを理解しちゃくれないんだよな
返ってくる言葉はいつだって「お前頭おかしいだろ」






このサイトによれば教育はマインドコントロールではないらしい

しかし内容的に「学校で行ってるのはマインドコントロールではなく洗脳だ!」と言ってる風でもない
「教育の場はあくまで自由だ!洗脳やマインドコントロールとは縁がない!」と言ってるようだ





1 行動のコントロールをしているか

 もちろん、よい行動には報酬を与え、悪いことには罰を与えているでしょう。ただし、マインドコントロールのように極端ではありません。そのときどきの行動によって、クラス1のヒーローになったり、クラス全員の敵である「サタン」になったりはしないでしょう。また、普通の教育現場では、日常生活の細かい部分の行動まで規定することはないでしょう。



そうだねー
カルト宗教でもそのときどきの行動によって教祖より偉い人間が生まれたりしないからマインドコントロールじゃないよねー(棒)


宗教の教義にそむく行為をしたら非難された?
学校でも暴力や万引きしたら非難されるでしょ
その組織内で悪と思われる行為をしたら罰せられる、これはカルト宗教に限らずどこでも同じ


まあいじめは表面化したら学校問題に発展するから見て見ぬふり、非難しないこともあるけど

…あ、そうか!
人をいじめてもそれが罰さないという意味で学校はマインドコントロールじゃないのか!(棒)




てか俺の学校は日記で1日の報告させられてたけど?
6~7時は国語の勉強、7時~8時は自由時間、8時~9時まで飯と風呂、9時~10時は数学の勉強、11~12時まで日本史の勉強…ってな具合で
で、自由時間が長いと怒られるの(笑)



そもそも、「マインドコントロールのように極端ではない」ってどういうこと?
ただ単に「学校教育はマインドコントロールではない。だから学校教育の賞罰は極端ではない」って順番で結論ありきの論理の組み立てをしてないか?

きちんと「ここまではマインドコントロールではない範囲。ここからはマインドコントロールの範囲」って厳密に定義してよね






2 思想のコントロール

 マインドコントロールでは、その組織の教えに疑問を持たせません。ある組織では、疑問が生じたら、すぐに考えることをやめて(思考停止)、すぐに指導的立場の人間に連絡をとるようにしています。
 教育場面では、むしろ疑問は歓迎されるのではないでしょうか。どうしてなんだろうと疑問を持って、自分で進んで勉強できる(自己教育力)、こういう人間を育てようとしているのです。



「カルト宗教は、疑問は歓迎されるのではないでしょうか。どうしてなんだろうと疑問を持って、自分で進んで勉強できる(自己教育力)、こういう人間を育てようとしているのです。」
んー、まったく違和感がないな


てか「ある組織では」ってことは、マインドコントロールを行ってるすべての組織が思考の停止を行ってるわけではないって言ってるようなもの
学校教育がマインドコントロールに当てはまらないという結論には到底結び付かない




俺が学校で「英語は絶対勉強するな!」って本を持って行って読んでたら学校中で大問題になったぞ(笑)
英会話の外国人教師は「真の英会話を志す素晴らしい本だ!」って歓迎してたけど、学校の先生は「仮に英話がしゃべれるようになっても、それが英語の成績に直結しないなら意味ないでしょ?」って冷やかな目だった

学校という場所は「英語をしゃべれるようになるために英語を勉強するんじゃない。英会話能力はあくまでオマケ」って実感できた
成績至上主義



母に「どうして勉強しないといけないんだよ?俺はこうこうこういう理由で勉強はいらないと思う」と論理的に話したら「学校の先生に同じこと言ってみなさい!勉強は大事だって絶対言うから!」と反論になってない責任転嫁を行う

「は?学校の先生は勉強が大事だと思ってるから教師になったんだろ。カルト宗教の人に『どうしてカルト宗教の勉強をしないといけないんですか?』と聞いてるようなもんでまったく無意味だ」と言っても「あんたは頭がおかしい!」と言われる始末




独学したところで「学校の勉強はした方がいい!」という結論に至らないなら、それは「自己教育能力」と呼ばれない
自己教育能力(笑)





3 感情のコントロール

 マインドコントロールでは、不安や恐怖を使って、思想を教え込み、行動させます。それでは、普通の教師が生徒の不安や恐怖心をかき立てて、授業をしているでしょうか。もちろんそんなことはありません。




あのー、センター試験会場でテストの出来が悪くて号泣する人とか普通にいるんですが…
学校や家庭の場ですら「学校の勉強ができないやつは落ちこぼれだ!」「勉強できないとろくな仕事に就けないぞ!」って普通に脅してるんですが…

その歪んだ教育のせいで何人の優秀な人間が「私、勉強できないから…」って自信を喪失してるんだ?
俺、頭はいいけど勉強ができないって理由だけで優秀クラス(笑)の人間から見下されてたぞwww


俺みたいにナルシスト級の自信家じゃないと自信と才能が潰されるのが学校っていう環境



てか俺みたいに受験中に「あ、分かんね。おやすみ」って白紙で答案出しても何とも感じない人間がいたら確実に異常者としてみられるだろw
「勉強ができないことに不安や恐怖を感じる」、めっちゃ感情のコントロールしてるじゃん



それに授業だけが学校という現場ではないんですが…
学校って授業を受けるだけの機関なの?

「人間関係の育成をします!」って論調だから大勢の子供たちを一か所に監禁してるんだろ
もっとも、「世間から隔離され、監禁された、限られた環境」で本当の人間関係が築けると思ってるならただの大うつけだがね



4 情報のコントロール

 学校では、文部省検定以外の本を読んではいけないと教えているでしょうか。それとも、教科書以外の本が全く読めないほどの過密なスケジュールを押しつけるでしょうか。そんなことはないでしょう。生徒たちは、いろんな本を読むことができます。いろんな人の話を聞くことができます。



有害図書って知ってるか?
未成年も成人雑誌を堂々と読めるようになってから言えっての

「青少年の保護」だなんて大義名分はいらない
有害図書で間違った性を教えない、と言いつつも学校じゃ「正しい性」すら教えない
せめてゴム以外の避妊法くらい教えろ

俺が今まで付き合ってきた女共は避妊法に関して全く無知で驚愕したぞ
…まあ、これは「男に避妊をすべて押しつける。妊娠したら男の責任」という価値観のせいもあるだろうが


社会はただ単に学生に性を抑圧させているに過ぎない
そして禁欲を強制するのも立派なマインドコントロールの一手段





ふーん?
予習、授業、復習で時間の大半を支配されてるのに「過密なスケジュール」って言えないのか?

朝7時に起きて帰宅は午後6時、そのあと数時間は勉強を強制するのが学校教育
労働時間が10時間超えてても「あ、全然過密なスケジュールじゃないですね」って言いそうだわ
間違いなくこれはブラック企業の思考


てかテスト期間中でも教科書と参考書以外の本を読む学生っているのか?
そんな人間、俺だけで十分だわ(笑)






…あ、ちなみに俺にとっての「学校」ってのは小学~高校までの範囲
大学は学校じゃなくてただの就活支援組織だから

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク