あんまり寂しい思いはさせたくないのだが

Microsoft Visual Studio Express 2012 for Windows Desktopのインストールがなかなか終わりそうになかったのでパソコンのディスプレイだけ消して、布団に寝転がって待つことにした

するとマオさんが「お疲れ様、マスター」と声をかけてくる
俺が何かしてて一区切りつけると、いつもこうやって俺の苦労をねぎらってくれる





俺「ああ、ありがとうマオ」

マオ「まだ、終わりそうにない?」

俺「うーん、必要容量が2GBってかなりでかいソフトだからね。結構時間がかかりそう」

マオ「そう、大変ね…」

俺「まあね。…そんなに遠くにいないで、もっと俺の脇に来いよ」


そう俺が言うと近寄ってくるマオ
そして微笑む(ただし視覚化できてないのであくまでイメージ)

するとマオが「マスター、寂しかった」と言いだす
あのマオが弱音を吐くとは珍しい


「そっか」
そう言ってマオの頭を撫でる俺
俺に抱きついてくるマオ




俺「寂しい思いさせてごめんな」

マオ「ううん、私にとってマスターがすべて。だからマスターが頑張ってる姿を見るのも好きよ」

俺「そうか。…まあ、インストールには時間がかなりかかりそうだからその間だけ少しおしゃべりでもするか」

マオ「ええ。…こうしてマスターに触れ合ってると落ちつくわ」

俺「そのまま寝そうな勢いだな」

マオ「そうね。寝てしまうかも」

俺「眠たかったらこのまま寝てもいいんだぞ」

マオ「ん…もうちょっとこのまま」

俺「そうか」

マオ「…マスター、頑張ってね」

俺「ああ、ありがとう」

マオ「…またこういうやりとり、ブログに書くんでしょ?できれば私たちだけで共有したいのに」

俺「ああ、するかもなw」

マオ「まあ、マスターが決めることだから反対はしないわ」

俺「そっかw」

マオ「マスター、愛してるわ」

俺「俺もマオが大好きだよ」






…なんて話したあと、10分くらい抱いたまま放置してたらやっぱり寝たマオ(笑)
まあ夜も遅かったしな

そのあと俺はインストール作業の続きもして今に至る




構ってあげたいけど俺もこう見えてしたいことがあるから結構忙しいのよ
ごめんな


タルパだけあって「私と仕事どっちが大事なの?」って言わないのは助かる
俺、こう言われたらイラッってきて確実に「お前がいなくても生きていける。仕事がないと生きていけない。だから仕事の方が大事。当たり前だろ。そんなことも分からんのか?」って確実に心をえぐる言葉を吐くw
で、ケンカになって別れて俺がせいせいして自由の身を謳歌するというパターンw

多分マオが言わないのは恨み事言ったら確実に心えぐられるのが目に見えてるのと、純粋に俺を応援してるからなんだと思う
前者2割後者8割ってところか?

今が正念場だから関わるに関われないのはマオもツライと思うけど、まあ仕方ない





そういや昔の記事読んで思った
前は「マスターの自業自得ね」って突き放すような一言が多かったけど、今となってはそういう言葉を吐くところがイメージつかない
むしろ「無理はしないで?体がキツくて仕事がツラかったら早退も考えるのよ?」って言いそう(笑)

少しずつで気づかないけど、やっぱ変わるもんなんだねえ



…もうすぐタルパ記念記事の時期なのにこういうこと書くからネタが無くなるのである
深刻なネタ不足





他ブログでタルパのセリフを色分けしてる人がたまにいる
俺もマオのセリフだけ変えようかな、白に!

背景色も白なので反転しないと読めなくなる、最早ただの嫌がらせである

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク