四柱推命の出生時間などについて

調べ物をしていたら占い~四柱推命(動物占い)~(PCサイト?)という記事を見かけた
読んでたら「ああ、占いを信じない人はこういう風に考えてるんかな」と思った

以下、俺の考え





昔、動物占いというものが流行った
あれって実は四柱推命がモデルだったりする

生まれた時間が必要じゃないからお手軽にできる点は面白い試みだね
まあ俺は本家四柱推命に劣る的中率しかないと思ってるが

動物占いは生年月日から「十二運」ってのを算出して、それに動物を当てはめる占い
でも俺、そこまで十二運を重視しないんだよな…w



動物占いはビジネスとしての占いだと思ってるから占いにカテゴライズするのは他の真剣に占いを研究する人たちへの冒涜だとしか思ってない
血液型占いだとか「朝の十二星座占い☆牡羊座は12位!」とかと同じレベル

参考にすらならない




上のリンクの記事の指摘通り、四柱推命は古書によって意見がまちまちなのよ
だから流派によって「これが一番!」って古書が違ったりするのは事実

でも全四柱推命師が支持するような「滴天髄」が取り上げられてないのは何故…?
「淵海子平」に関して意見が分かれてるのは事実だけど、その書を最重要視する人って四柱推命が真っ二つになるくらいそんなに大多数なの?


なんか、ミスリード狙ってね?
四柱推命は生年月日時を八字に直して、その文字の属性で占うというのはどこの流派も同じ
なのに「四柱推命は流派によって骨幹が変わってる」って取れるその表現はどうなのやら…?

神殺や空亡を重視する流派もあるだろうけど、だからって骨幹がまったく違うとまでは言えないでしょ





「四柱推命は未完成の占い」、まあこれは正しいね

ちなみに西洋占星術も未完成ね
あれって新しい星が見つかったら理論が変わるから
新蛇遣い座とか出て一時期迷走した時期もあった(笑)

あと、それを言うなら数学も、物理学も、医学も、化学も、哲学も…
科学に関しても何もかもが未完成
完全に完成した理論なんてこの世界どこを探しても見つかりやしない

だから間違いが判明したらその箇所を修正する
科学も占いもまったく同じ


「四柱推命は未完成」って一体何が言いたかったのやら?
俺には「未完成だから四柱推命は当てにならない」って主張を暗に含んでるとしか思えないんだが…







十干十二支は単に月日を数えるためのもので天体の位置などとは無関係ですし、なぜ「太陽が10個」なのかとか「干支は12種類」なのかの根拠はありません。大体、太陽が10個存在する時点でただのファンタジーです


↑引用


調べたら「日射神話」(PCサイト?)なるものが出てきた
あとで読んでみよう
面白そうだ



だけど「太陽が10個あるわけないから間違ってる!」って意見はズレてるな
「四柱推命師は太陽が10個あるって言ってる」と本当に思ってたら滑稽


甲乙丙丁…という十干の由来はたしかに太陽の名前から来たのかもしれない
でも太陽の名前の「甲乙丙丁…」と四柱推命の「甲乙丁丙…」ってのは完全に別物


四柱推命のそれは五行に陰陽2つの属性を振り分けたものに過ぎないよ
甲は陽の木、乙は陰の木、丙は陽の火、丁は陰の火…っていった具合にね

十干は便宜上用いてるに過ぎない
言葉そのものに意味があるわけじゃないからアルファベットのAとa、Bとb…で表しても別にいいのよ


「狐が嫁入りするはずない!そんなのファンタジーだ!だから狐の嫁入りという現象はありえない!」って意見と同じレベル



もしかして四柱推命の「変通星」を天体の星と同一視してないよな?

あれ、天体の星のことを言ってるわけじゃないよ
五行の関係性に「星」って表現を用いて表してるだけ






十干が10個の理由は「陰陽で五行を考えると10通りだから」と上で述べた
あとは十二支だね

「暦で十二支として用いてるけど12という数字に意味はない」ってことだけど、どうして「十二支は12種類なのか?」って話に移るよ




暦ってのはどうやって計算されるか?

当然ながら天体運動を観測して周期を割り出すことから決められる
平たく言えば天文学だね
天体の観測なくして暦は存在しない



古代支那では惑星の中でも木星をもっとも尊い星と見ていた
木星は12年で公転を一周する

そして月は1年に12回満ち欠けを繰り返す
今も昔も1年12ヶ月であるように12という数字は暦と深い関係にある


十二支にもちゃんと意味があるんだよな…






「現在の科学で元素は100以上種類がある。五種類しかないのはナンセンス」ってなんだろうか…
元素が何を指してるのか分からないけど、もしかして原子の事なんかな?

素粒子の話なら一番細かく分けるとフェルミ粒子とボース粒子の2種類しかないわけだけど、「量子学は間違ってる!元素は100種類以上あるのに!2種類しかないって旧時代の発想かよ?」って言いたいの?

むしろ元素が100種類以上あるって発想が旧時代の発想なんだよね…



本当に元素が100以上あると思うんだったらだったら四柱推命なんてバカげた話を相手にする時間なんてもったいない
論文を書いて、学会で「元素は100種類以上あるんです!量子学は間違ってます!」って発表すればいいのに
向こうは「科学」だからちゃんと白黒つくし




そもそも五行説が指す「元素」ってのは「物事の性質」を指すのであって「成分の構成」じゃないのだよ
例えば木は「伸びるもの」、火は「熱いもの」…とかそういう分け方で森羅万象をカテゴライズしてるに過ぎない

漢方ではまだまだ五行の概念が生きてるけど、漢方医は誰も「人体には木が生えてる!金属イオンから水が発生する!」なんて考えてないしねえ…



性質の話なんだから100種類以上あろうと5種類だろうと、西洋のように4元素でも別にいいのよ
四柱推命が生まれた支那は五行だと判断した、それだけの話






生まれた時間の話、か

母子手帳に書いてる時間と四柱推命の指す時間は違うよ
これは俺も断定する



母子手帳が書く時間は医者や病院によってまちまちだ、ってあるけど母子手帳に記入するのは娩出時間
幼児が母体から完全に出切った時間のことだね

ソース:分娩期用語(PCサイト?)


四柱推命の、もとい全ての占いの指す出生時間は「産声をあげて初めて呼吸を開始した時間」
生命活動の初めは呼吸だ、って考えるのが一般的

だから帝王切開でも、産声を上げた時間に四柱推命を適用するってわけ




そういうわけで、たしかに母子手帳の時間と産声の時間は違う
でも5分も6分も変わるなんてめったにないでしょ

1時間以上も呼吸が止まってるようじゃそれは死産
四柱推命の対象じゃない



数分の差で占うべき生まれた時間が変わるようなシビアなタイミングで生まれる人もたしかにいる
そういう場合は2人分の占いをしてより正確な方を適用するのだよ

理論に則って占って、結果が当たればそれでよかろうなのだァ!
それが占い






「四柱推命が考案された時に使われた暦と旧暦は違うタイミングで新年を迎えてる」?


旧暦って天保暦のことだよね

四柱推命が考案されたのは唐時代の支那
一方、天保暦が生まれたのは江戸時代の日本
最初っから四柱推命は天保暦なんて用いてないけど?


四柱推命は立春を新年と考える暦で割り出すものであって、天保暦とは何の関係もない
それとも唐時代の支那ですでに天保暦が用いられてたって言いたいの?

用いてる暦がそもそも違うんだから旧暦(天保暦)の新年なんてまったく関係ないぞ?






海外で生まれた場合?
そりゃあ現地の生誕当時の大気の五行の様子を当てはめるに決まってるでしょ
現地時間だよ現地時間
ついでに言うなら地方時差とか近時差も念頭に入れる必要があるけどね


なぜなら生まれた時、初めて吸った大気の五行が運勢に影響するから
その運勢を推測するのが四柱推命


日本時間や支那時間に合わせるってどんなマイナーな流派だよ?





そもそも「流派によって考えが違う」から何なんだ?
精神医学だってフロイト学派とかユング学派とかいろいろあるわけだけど…

「流派が統一されてない思想は間違ってる!」って言いたいんかな?
フロイト派にはフロイト派の、ユング派にはユング派の思うところがあってやってるんだからそれでいいじゃん


どうして科学には絶対性を押しつけないくせに、占いには絶対性を押しつけるんかな…





ここまで読んで「初めて吸う大気の属性で運勢が決まったりするもんか!」って思っても、それは決めつけに過ぎず反論とは言えない

まず統計的に反論して欲しい
悪魔の証明とは違って日本人だけでも1億人のデータが集められるし、検証もできるんだからさ
サンプルは十分足りる



頭ごなしの否定は科学がもっとも嫌うんじゃなくて?
要検証、そして再現性…これが科学の精神のはずだよね






んー、書くのに3時間かかってもうたw
これあかん流れやで…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク