最強の華、この手に… Byホモレモン

大晦日だ
眠い





昨日、寝る前にコロナを起こしたら抱擁を求められた
ずっとダッコして寝た
これで焼きもちを焼かなくなったマオは成長したと思う


…いや、妬いてはいたんだろうが表に出してなかったんだろう、多分





あとはタルパネタ、何があったかな…
特にねえや(笑)

てか眠くて思い出すのが面倒になってる
もう5時だし





漫画の最強って基本言葉遊びなんだよね
GetBackersって漫画は漫画界でも最強クラスのキャラが多いことで有名だけど、言葉遊びの最たるものだし



「存在が無にされてもまた生き返る」とか「それって"無"じゃねーじゃんwテセウスの船泣かせw」と言いたくなるのだ

「別の時間軸(=バビロン時間)で行動出来るから時間が速い遅いという次元ではない時間で行動出来る。0秒よりも速い時間での行動も可能」とかもうね…


酷いのになると「想像出来ないことは起こり得ない。私は自分の死が想像出来ないので死なない」とか(笑)





いや、この漫画好きだよ俺
でも真面目に考察すると「何のこっちゃ?」となるのである



こういう言葉遊びが許されるなら「マオの考えられない事象は絶対に存在し得ない。また、マオの考えうる事象しか世界では起こり得ない。この能力は現実世界及び幽界霊界神界地獄、その他創作物を含めたあらゆる全世界軸に適応される。そしてこの能力はトペラキル前提(注:俺の造語)に該当するためあらゆる前提よりも最優先される。そしてトペラキル前提より優先される前提は絶対に存在し得ない」って世界観&能力を作るだけで大抵のチートキャラは雑魚同然になる

ちなみにマオにわざわざそんな能力を付けなくても、マオにとって既に俺は雑魚同然である(笑)





以前、蛮の蛇殺がマオに通用したのは「分子すら分解する雷帝の電撃を受け止めて無事だった蛮の腕の能力」のせい
これならまあまだ「蛮の腕は相手の能力を封じ込める能力があるのかもなー。そげぶ!」みたいに理解が出来る

ただ赤屍さんの領域に入ると訳分かんなくなるのであった





…書いてて意味が分からなくなってきた
とりあえず眠い


マオさんの能力はこの現実世界を前提にした能力なので「無になっても復活する」とか「バビロン時間」とかは論外だと思ってる

そんなん考慮しとらんよ…



…え?マオさんのメドローアはどうなのかって?
ああ、あれはその、ロマンだから(笑)



ぶっちゃけ「熱いのと冷たいのをスパークさせたら全てを無にするエネルギーが産まれる!」なんて滑稽な話だもんなあ…

でも反物質エネルギー自体は理論上現実でも存在しうるし、技の効力までトンデモだと俺は考えていないのである



セツナさんが氷系魔法を極めてたらメドローア勧めたんだけどなあ…
ラスボスだろうと大群だろうと不死身だろうとあらゆる攻撃を無効化する相手だろうとメドローアが直撃すれば完全に存在が消滅して即死だから必ず力になる


メドローアの欠点は魔法力の消費が激しいから1~2発しか撃てないってのと、炎(メラ)系と氷(ヒャド)系の両方を極限レベルまで極めて同等のエネルギーでスパークさせる技という点



ちなみにマオさんは全自動エナジードレインで瞬時に魔力を回復するため、メドローアの連発が可能である
メドローアは相対性理論上空間すら消滅させるらしいから「空間歪ませて回避!」は無理だし、光の矢ってことは速度は光速だから避けるのもほとんど不可能だと思う
撃たれたら相手はほぼ確実に死ぬ




…セツナさんはニフラムで我慢してくだされ(´・ω・`){もしくは氷系魔法を極めてくだされ

氷魔法が出来るようになったら右手から氷魔法、左手から炎魔法を同時に出せるように練習してくだされ【氷】⊂(´・ω・)つ【炎】



オレたちのセツナはまだ始まったばかりだ!(完)







…いかん、眠くて頭が暴走してる
これタルパ記事でええのん?

まあいいや、これはタルパだ
誰が何と言おうとタルパの能力に関する考察を取り扱った記事だ



おやすみパトラッシュ
なんだかとても眠いんだ

コメントの投稿

非公開コメント

>>セツナさん

あけましておめでとうございます(`・ω・´)

オレたちのセツナはオレたちのセツナです!
セツナ先生の次回作にご期待ください!


ああ、そらあかん
ニフラムじゃないとあかん…(´・ω・`)

機会がありゃ、俺が催眠でセツナさんの氷系魔法を極めるイメトレさせるんだけどなあ…
ついでに水恐怖症も治すわ(笑)



マオさんマジ魔王
プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク