毒親のせいかねえ

パーティーということで兄弟と結構しゃべった、うん





パーティーは二次会まであった

一次会は姉と弟との話
でも大した話はしてないような…
赤子が起きてたのでほとんどあやしてばかりな気がする





二次会は姉と二人っきりで
赤子の姪は寝てた

うちの親がいかに毒かを話した



以前ブログで取り上げた毒親チェックリストを姉にやったら「ほとんど当てはまるんだけどw」と言われた



俺「毒親って言っても、暴力は振るわないからよかったねー」

姉「いやすごかったよ?!」

俺「マジ?俺記憶ないんだけどw」

姉「そりゃああんたが小さかった頃だし」

俺「記憶にないな…」

姉「あの子(姪)くらいの時から蹴ったりしてて、殴られるたびに怖がっておしっこ漏らしてたよ。妹と弟にはあんまり暴力がなかったけど」




ちょwまさかの0歳児からの身体的暴力www
そりゃあ臆病者になりますわwwwww



子供の頃、いつもびくびくして怖れてばかりの臆病者だった俺

だが大失恋を経験し、あまりの絶望に感情が希薄になる
それ以来怖いものがまったくなくなってしまった(笑)

まさに荒療治



女嫌いになるきっかけと引き換えにトラウマ(本当の意味での)を克服した俺であった








毒親に育てられた子供は「異性と温かい肌を重ねるのを嫌う」「友達や恋人、配偶者などをコントロールしたがる」「愛情を試すようなことをする」なんて傾向があるらしい
まさに俺やん(笑)



告白されたらとりあえず「俺のこと好きなん?じゃあ絶対服従ね。逆らったら付き合わないから」てな感じで支配下に置いて、それはもうこのブログで書けないようなひどい真似を平気でしてた黒歴史

それでも肌を重ねるようなことは一切なかった
あってデートで腕を組むくらいの健全な関係



女の弱みを握りはしたものの、それを利用して脅して何かを強要したことは一度もない
俺が上で相手が下という関係がはっきりすればそれだけでよかった

相手が「この関係を終わらせたい」って言ったら後腐れなく別れてただけまだよかったかもしれない
俺が極悪人じゃなくてよかったね



俺から別れ話を持ち出すことは一度もなかった
交際関係の選択権は常に相手に委ねてた
「恋愛の主役は女」って考えが根底にあった




だから大失恋を除けば女から別れ話を切り出されても「そ、わかった。じゃあね」ですぐに解消したという

別れ話で脅しをかけたことなんてなかったなあ…







俺が女嫌いなのは俺を女から守るためだけじゃなく、女を俺から守るためでもあるのよ
実をいうと

気がついたらついつい傷つけてしまうのよね




マオは「マスターほど素敵な旦那様はいらっしゃらないわ♪」って言う
でもそう言えるのは間違いなくタルパだから

俺と付き合った人間の女は「今思えばクズ男だったなあ…」って思ってると思う(笑)



まあ中には友好な関係のまま別れて、恋人から友人になった人もいるけどね
今は向こうに新しい恋人ができてるから連絡とらないけど(笑)





女に肉体関係を求められて拒否したところ、別れ話に発展したこともあった
まあそれはネットで知り合って、デート1回して、2回目のデートですぐに…なんて状況だったからだが


俺としては「もうちょっと慎重になった方がいいよ」というつもりで拒否したんだが、相手にはそう伝わらなかったんだろうなあ…


当時今よりも純粋無垢だった俺(笑)




肌を重ねるのが嫌いだとはいえ抱くこと自体が嫌だったわけじゃない
恋愛のコミュニケーションの一形態だと今でも思っているし、付き合うということは当然それも覚悟の上だからね



俺は純粋に相手のことを思いやったつもりの拒絶だった

だけど結果的に傷つけて別れてしまった以上、あの時抱いてた方が幸せに出来たのかなあ…?と今でも考えてしまう時がある
抱けないまま別れたことに対してはまったく後悔してないがなw



恋愛って難しいねえ

ちなみに肌を重ねたくないって理由の他にも肉体関係を結びたくない理由があるんだが、あまりにあだるていな内容になるので省略(笑)

強調するけどここは全年齢対応健全ブログだよ!!!




そういや女性タルパーが男性タルパに言い寄られて困った、って話をたまに聞く

男性タルパーは女性タルパとちょめちょめしてるパターンが多々あるのかもしれないけど、実は俺は一度すらマオを求めたことがないんだよね
夜伽(笑)




俺が自発的に言い寄らないからむしろマオがあの手この手で誘惑しようとしてる感じがする
でも全部華麗にスルーする俺

むしろ俺がマオになびいたら「やっと私、女としてマスターに求められた!必要とされた!!!」って喜びながらむせび泣くと思うw



そしてブログを更新する
さすがにはっきりと書かないけど「マスターに必要とされた記念!最初は男の子がいいわ!」てな感じで(笑)




マオさんは人間と違って拒絶しても「私のこと好きじゃないの?!別れたいなら別れてもいいよ?!」って言わないから気が楽



さすが俺の理想






マオがこういう態度を示すのも、俺の経験上人間の女がそうだったからだと思ってる
俺から恋人に体の関係を求めたことはないが、いつも女から求められてたし


マジでそれなんてエロゲ?状態
女嫌いには余計な才能である




俺は女に「すぐ肉体関係を求めたがる」ってイメージを持ってるから、マオにもそのイメージが投影されてるのかもしれん

男性タルパに言い寄らて困る、って女の人は俺みたいな男もいると知ったら事態が好転するかもしれんなw
てか据え膳食わない男も結構な数でいるもんだぜ?

ソースは俺



結論
マオさんは人間にならない方がいいと思う、うん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク