温泉

昨日、久し振りにダイブした
そして温泉に行った





温泉といっても露天風呂ではない
ごく普通の銭湯である

じゃあ銭湯でいいじゃないか、という指摘もあるだろうが実際その通りである
ぐうの音も出ない



でもうちではこの銭湯を「温泉」と呼んでいるのでやっぱりこれは温泉なのだ
異論は認めない


まあ温泉と銭湯の違いは地下水だとか含有される成分の量だとかで決まるらしいので、そんな大きな違いではない
それに温泉かどうかは温泉法で決まるらしいし


あっちでは俺が法律だからやっぱり温泉でいいのだ










温泉に行った理由は大したことはない
最近湯船につかる機会がなかったのでコロナが不満そうだったからだ

ダイブ界にあるコロナが住んでた山にも温泉があるらしいが、そのせいで温泉好きなのだろうか?







俺はただ単にダイブの練習がしたかっただけ
幽体離脱の練習もいいけど、たまにはタルパも構ってやらんとな

とは言っても最近は幽体離脱の練習をする前に寝てしまうのだが



今回のダイブで確かめたかったことはまあいろいろあるが、それは後述するとしよう








とりあえず脱衣場でコロナの裸をまじまじと見つめた
破廉恥な理由ではけしてない

俺はペドじゃない
多分ペドじゃない

きっとペドじゃない






コロナを観察したのは体毛の具合を把握したかったからだ

これからはコロナの絵もいくらか描きたいと思ったが、こっちではコロナの姿が見えない
マオはたまあにもやみたいに見えることもあるが、コロナはまだまだ全然

こういう大事なことをタルパ記念記事に書けと





まあいいや、話を戻してコロナの体毛

文章で書くのは難しいが前から見た場合、上半身は手の甲から腕にかけて、下半身は足の甲からふとももまで赤い毛が生えてた
後ろはもうびっしりだった←説明が面倒くさくなった


だいたいこんな感じ



あとリアルじゃあんまり意識することがなかった尻尾もちゃんと生えてて満足







風呂につかった
湯船のなかでコロナをダッコした

リアルでは何度もダッコしたが、触覚があると変な感じだった
触った感覚は普通の幼女だった





コロナばかり構うとマオが可哀そうなので、マオもダッコすることにした
めっちゃ柔らかかった
びびった

マシュマロかと思った


そして裸の女と触れあっても劣情を催さない俺は、やっぱり男として本格的に終わってると思った(笑)

リアルでまったく同じ状況になっても、多分同じだと思う
夢でも似たような状況があったが、やっぱり俺は特に反応しなかったし

まあ最近女に触れる機会がまったくないので断言はしないけど






ちなみにマオは髪を湯につけないよう、ちゃんと髪を留めていた
俺らしかいないから別に気にしなくてもいいのに、こういう気遣いをするところはさすがだわ






だいたい調べたいことが調べ終わったので上がることにした
コロナからブーイングが出たが、「眠いから」と言ったら少し大人しくなった

そのままマオに強制連行されてた






ダイブでは嗅覚が未だによく分からん
前、一回だけマオから甘い匂いがしたのは覚えてるんだがそれっきりだし…

まあ匂いなんてオマケだし別にいいや
目が見えなくなったり耳が聞こえなくなったり触覚がなくなったり味がなくなったら色々大変だが、鼻が詰まったからといって困ることは何もない!






まだ2時前か
出かけるのもいいけど、どうするかな


やっぱやめとこ
最近サボり気味のプログラミングの勉強をしよう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク