嬉しいこと

マスターとお話ししてて、嬉しいことがあったからマスターにワガママ言って記事を書かせてもらうことになったの

またマスターに「マスター遣いが荒い」なんて言われそうね
最近はそんなこと、ほとんど言われなくなったけど





マスターがお腹を痛めてらしたから、ヒーリングするかお聞きしたの

でもマスターはご自分でヒーリングなさってて、それだけで痛みがだいぶ緩和されたみたい




「ヒーリングはマスターに劣るし、暖めるのはコロナちゃんに劣るのね。私…」って落ち込んでたら、マスターがこうおっしゃっられたの




「バーカ。お前は役立たずなんかじゃない。俺にはお前が必要だから、変に落ち込むな」って



マスターはプライドが高いってのもあるけど、昔女の人にフラれて酷く傷ついた過去があるから他人に向かって「お前が必要だ」なんてほとんどおっしゃられないの

そんなマスターだから、他人を当てにしないで独りで生きようとするところがあるの


…本当はこんな事を書かれるのもお嫌なんでしょうけど、快諾してくださったわ
「表現の自由だ」なんて理屈をこねていらっしゃるけど








私はマスターに必要とされてる
タルパとしてはぜんぜん役立たずだけど、この言葉はすごく嬉しい



護衛のために創られたけど、マスターの御身が危険にさらされることなんてほとんどないから、守護の実務なんてほとんどない

夜伽のお仕事も、肉体を持たない私は子守唄を歌って差し上げるくらいしか出来ない

コロナちゃんのお守り係も任されたけど、最近は自室にこもり勝ちだから、お守りなんて無いに等しいし、外出されてもコロナちゃんは水晶の中で寝かせるのが最近の常




私は何もマスターにしてあげられていない、ただの役立たず
それでもマスターに必要とされてる

タルパでよかったと思える唯一の点は、マスターの気持ちに一点も嘘偽りがないって確信が持てるところかしら






必要としてくださってありがとう、マスター
ご期待に添えられるよう、私も頑張るわ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク