本屋とか海とかお化け屋敷とか

そんな夢でした、はい





本屋に行った
その本屋は今、新しい本屋を募集してるらしい

店の一部のスペースを提供して、料金を徴収するとかなんとか


そのせいで店のなかが結構がらんどうだった





一通り見て回るとエスカレーターがあるのに気づいた
この先はどうなってるんだろう?







エスカレーターの先は海だった(謎)

このままエスカレーターに乗ってると海に落ちてしまう
急いで岩場に移る




登りのエスカレーターがない
壁を登ろうとしたが、ねずみ返しがついてて登れない


仕方なくそのまま先に進む
俺のあとをついて来てる人もいる

女と子供か








岩場を伝ってると裏路地に出た
蜘蛛の巣が多い


気が付いたらここの認識が海からお化け屋敷にシフトしてた





目の前にタルがある
中に何かいそう

だがタルが大きいから、迂回して通ることができそうにない


向こうに行くにはタルを乗り越えないと…





乗ろうとしたらフタが開いた
中からゾンビが出てきた


それを見た妹が叫び声を上げて逃げて行った
武器は全部妹に預けてるのに!



打つ手がなくなったので俺も退却することにした







先に行くと妹が「あいつ、お化けにびびって逃げてたw臆病www」と俺のことを誰かに話してた
それにカチンときたので、俺は妹が真っ先に逃げたことなどを責めてボロクソにこき降ろしてやった

そしたら妹がキレ出した
これだから女は…





場面が学校に移る
最近盗難が相次いでてお化け屋敷で使う武器カードが全部盗まれたらしい
犯人は学校の低学年だとか



まあガキなら罪の意識とかないし、仕方ないかと特に考えずにスルーした
あのゲーム、正直そこまで面白いと思ってなかったし好きにしてくれ






場面が体育館に移る
俺のチームが数点差でバスケで負けた


しかし延長戦が設定された
ルールは壁に垂れ下がった幕に向かって、変なことを叫びながらボールを投げつけるだけ
変なことを言わないと点数に加算されない



うちのチームは変人ばっかだから、勝利は確実だろう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク