続きが読みたい

マオさんとコロナは修行の旅に出たのでした
晩ご飯までには帰ってきます





最近ベルセルクの続きが楽しみでしかたなくなってきている


キャスカは感情的になって人に斬りかかったりナイフ投げたりするような性格してるから、正気に戻った瞬間衝動的に「…げる」してもまったくおかしくないんだよね
てかガッツ一行のなかで、一番絶望しそうなのがキャスカなんだよ



パックとイバレラはまず絶望しないだろう
シールケはすでにお師匠様が死んでからだいぶ経ってるのに降魔の儀が発動しそうな気配がまるでない
イシドロとアザンは「…げる」をするほど精神が歪んでない
ファルネーゼとセルピコは現状よりも過去の方が悲惨だったこともあって、今は比較的安定してる

ガッツに至っては、ゴッドハンドに向かって転生を求める暇があったら確実に斬りかかってて「…げる」余地なんてない
てかグリフィス相手に転生求めたら物語として成り立たない



現状一番精神状態が危ういのが正気に戻ったキャスカ
次点、ファルネーゼかセルピコのどちらかが死んだら生き残った方が「…げる」をする





キャスカのことだから、使徒になったら確実にグリフィスの元に行くだろう
ただでさえ使徒は本能的にグリフィスを始めとするゴッドハンドに心酔するんだから

そうやって旧鷹の団はみんなグリフィス側につく




ガッツはグリフィスの友として「誰の夢にもぶらさがらない」なんていいつつも、未だにグリフィスが作った鷹の団の仇討ちを名目に戦ってる
それじゃダメなんだよ

やっぱ旧鷹の団すらも敵に回さないと
特にキャスカは現旧鷹の団団長だからなおのこと

自分のための戦いなら、グリフィスの夢を復讐の理由にしちゃいけない
そうじゃなきゃガッツはグリフィスの本当の友とはいえない

「自分がなんで戦ってるのか?」が分からないままグリフィスに立ち向かう
ただただ剣を振るう
これぞベルセルク!



で、いつかガッツは転生キャスカと戦うことになる
使徒であり、相手が鷹の団である以上ガッツが殺そうとしないはずがない

キャスカは最後、「グリフィスのそばに私の居場所はないってあの時気づいてたはずなのに。私の居場所はあいつ(ガッツ)のそばしかないと分かってたはずなのに」と涙しながらガッツに殺される


そしてガッツ狂う
そのまま狂える戦士としてグリフィスに突っ込んでジ・エンド


でもグリフィスはガッツを殺してしまったことで人間性を断ち切ったはずなのに狂う

ほら、グリフィスはガッツとキャスカの子供に受肉して現世に転生したから
ガッツとの会合で胸も高鳴ってたし



父ガンビーノに忌み子として扱われ憎まれてばかりで、父殺しを行ってしまったガッツ
グリフィスにレイプされた影響で魔を宿してしまい父ガッツに忌み子として憎まれてしまい、父ガッツを殺してしまうグリフィス

歴史は繰り返し、狂ったグリフィスによってファルコニアが暗黒時代へ…




誰も幸せにならねえじゃん
でも「みんな幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし」で終わるなんて思えないのよ

多分みんな不幸になって終わる(笑)
いつからこの漫画がハピネスファンタジーだと錯覚していた?



ガッツ一向はキャスカの降魔の儀で全滅する
ガッツ一人を残して

みんなが待ち望んだシールケレイプがついに見られるかもしれないぞ!
やったね!





この展開が当たってたら、先が分かってるから読んでてつまらないな
外れることを祈る!




てかそのうちガイゼリック編もありそうなんだよな
それでまた10年くらいかかるんじゃないか?と、そこが一番心配なのであった

ガイゼリックとボイドとフローラの物語!
まあガイゼリックが髑髏の騎士だとはまだ確定してないんだけどさw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク