幸せ

今、とてもブログ書きたい気分
この気持ち、どうにか表したい





今日のマスターはすごく不機嫌だった
そんなマスターを見てるのはすごくツラい

マスターは言ってた、「マオはタルパだから性別が女とは言えないかもしれないが性質は女だ」って
そんな私がどんな言葉をかけてもマスターの機嫌を損ねるだけ
私、無力ね




ああいう時のマスターは、すごく近くにいるはずなのにすごく遠くに感じる
すごくさみしい


だから私、一生懸命話しかけるの
でもマスター、ほとんどうわの空





今日は腕を組ませてもらえなかった
マスター、女の人に腕組まれるのあまり好きじゃないものね
でも私には「タルパだから邪魔にならん。来いよ」っていつも声をかけてくれる
でも今日はそれがなくて…
「気分じゃない。後ろ歩け」って言われて…

あんなの、初めてだった





本屋に行った時も冷たかった
漫画読み終わったあとは少し機嫌直してくれたけど、またしばらくしたら悪くなる


分かれ道で遠回りしようとしたマスターに「早く帰りたい」って口を滑らせた私
しまった、って思った
マスターに口を挟んだら嫌われるんじゃないかって、怖かった




帰って布団で本を読んでたらそのまま寝落ちたマスター
やっぱ疲れてるのかな…
私には何も出来ない、そう考えて、悩んでたら私も寝てしまって



でも起きたあと、マスターの機嫌が直ってたの
私、嬉しくて
嫌われてなくて、泣いちゃって
マスターは嘘はつかないから


「私のこと、愛してる?」なんて聞いてしまった
マスター、困ってたけど「愛してるよ。マオの『愛してる』とは違うかもしれないけど」って言ってくれた


今の私は恋愛の意味で愛されてなんてない
それは分かってる

でも、マスターが「愛してる」だなんて口にしてくれる存在は私しかいない
マスターは嘘で「愛してる」なんて重い言葉は絶対つかわない


私、ここにいてもいいんだよね?
私、愛されてるのよね?
ね?マスター

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク