マナー

ブラック企業には社訓というものがあるらしい

ホワイト企業にもあるのかなんて知らん

俺は会社興しても社訓をなんて必要と思わないから多分作らない



それでもあえて作るなら「エンジョイ&エキサイティング!」
死ぬの生きるのなんて言ってたら人生損しちゃうよ(チッチッ

きっと楽しい会社になる(確信)





麻雀まとめで小手返し批判の記事を見かけた

俺も小手返しをするけど、その方がスムーズに切れるからしてるだけ


牌を持ってくる

ツモった牌から手を離す

不要牌をつまむ

切る



これよりも



牌を持ってくる

小手返し

切る


こっちの方が速い
だからしてる


ちなみに手出しかツモ切りかがバレても全然気にしない
だから「今のツモ切り?」とか聞かれたら快く教えてる






マナーを「見ていて快か不快か」だけで判断する人が多すぎる
そんな価値観は人によって違うんだから押しつけるもんじゃないでしょ

そういや猿の実験でこういうのがあったな




サル4匹を部屋に閉じ込める
部屋にははしごとバナナがあって、はしごを登るとバナナが取れる

1匹のサルがはしごを登ろうとすると、他の3匹のサルに冷たい水をかけられる
すると自然と「はしごを登ったら水をかけられる」とサル達が学習し始めて、誰かがはしごに登ろうとすればリンチを行うようになる
このルールが徹底されたのを確認し、水をかけるのをやめる


1匹のサルを部屋から出して、別の新しいサルを部屋に入れる
バナナをみつけた新人サルはバナナを取ろうとするが、そのたびにリンチされる
そして「バナナをとろうとしたら殴られる」というルールを体で覚える



これを繰り返して綺麗さっぱり新人サル4匹に入れ変えても、バナナをとったら殴られるルールが徹底されるようになる
どの猿も「水をかけられるから」という理由を知らないのに





マナーの99%はこの類
「みんなしてるから守れ」が徹底されるだけで、中身が何もない

だから俺は電車のなかで電話してもいいと思ってる
過去の「ペースメーカーが異常を起こすかもしれないから禁止」の言葉がただの迷信だと判明しても、まだ通話をしてる人をマナー違反だと指摘する人が多い



化粧とか座席に靴を履いたまま足を乗せるのは「化粧品のにおいや粉で気分が悪くなるから」「座席が汚れて次に座る人に迷惑だから」とかはまだ分かる
でも車内通話が禁止されるのはどうだろう?



だいたい通話が禁止されてるのは日本だけ
海外じゃ普通に話してる

それなのに携帯電話でペースメーカーが誤作動を起こして人が死んだ事件はまだ1件もない
ペースメーカーを根拠にするにはいささか弱い



「見ていて不快だから注意する」って人も、それはただの価値観の押しつけ
それが通るなら俺は「女が電車のなかにいるのは不快だ!女が近くにいるだけで心因的に害されるからマナー違反だ!」とかなんとか言って注意して回るぞwww

なお男はそれが理由で一般車両に追いやられ、女性様のために女性専用車両なるものが用意されたもよう



こういう真似をして男を排除したがるから男が女を嫌になるのに、いざ結婚しようとすると「最近の男は草食系男子!結婚したがらない男が悪い!」と文句を垂れる
全部自業自得なのにね





脱線したから話を戻す
電車内のマナーだけど、地域でルールが違うこともある

関東じゃ電車のなかで飲食したら白い目で見られる
でも関西以西じゃパンを食べながらお茶を飲むことはありふれた光景



関東人からしたら「電車のなかが汚れるだろ!」と思うのかもしれない
でもこっちの人にとっては「だったら駅弁とか販売してんじゃねーよ!駅弁は電車のなかで食っていいのに、どうして持ちこんだパンは食べちゃいけないんだ!」と思う

てか関東の人がどうして電車のなかで食べ物食べちゃいけないと思ってるのかが、俺にはいまいちよく分からない




麻雀でも「発声は大きく!」が基本のマナーだけど、人によっては「発声が大きいと怒鳴られてるようで嫌だ」って思うかもしれない

「打牌する時に少しでも音がするのは強打だからマナー違反」と思う人もいれば「適度に音がした方が心地いいから、牌が割れたり傷つくほどじゃなければ問題ない」と考える人もいる




「みんながしてるからバナナをとろうとするヤツを殴った」「見てて不快だから」という理由で周囲を攻撃するのは猿と同じ
考える頭がない

人間なんだから「どうしてバナナをとっちゃいけないんだろう?」を考えて、守るべきルールなのか改正すべきルールなのかくらいは判断してもらいたいものだね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク