ぼくと字牌

麻雀まとめを読んでいたら「三元牌よりも先にダブ東を切れよ」と書き込んでる人がいた
俺は三元牌のあとにダブ東を切るので、「そういう考えもあるんだなあ…」と思った

以下は俺の字牌の考え方





俺は字牌の扱い方で、その人の麻雀のレベルが分かると考えてる
配牌にもよるけど、初打で毎回オタ風字牌切りをする人はあんまり強くないと思ってる

…いや、雀鬼流をヨイショしてるわけじゃないからね?w



現在の麻雀はデジタル麻雀が主流
アナログは「昭和www」と蔑まれている

デジタル麻雀の基本中の基本は牌効率
だから縦にも横にも縦横無尽に伸びる数牌に比べて、縦にしか伸びない字牌はすぐに切られる傾向にある



そんな打ち方をしておいて、最終的に悪形聴牌リーチのみって人をよく見かける
それが絶対的に悪い打ち方だなんて思わないけど、俺はもったいない気がするんだよね

三元牌が重なるのを待って、役牌のみを和了る方が防御力も聴牌速度も上がるのに




例題としての配牌何切る問題

一萬二萬三萬四筒五筒一索一索三索五索東南白白ツモ西


ドラと点数状況を考慮せずに東場南家とする





これで第一打にオタ風の西を切る人が多い

そして
一萬二萬三萬一索一索三索五索
チー横三筒四筒五筒ポン横白白白


こんな白のみを狙う






でも俺は西は切らないで、ど真ん中の五筒を切る



そして

一萬二萬三萬一索一索南南
ポン横東東東ポン横白白白


もしくは


五索六索西西
チー横二索一索三索ポン横白白白ポン横東東東

こういう形を最終形に見据えて打つ
なんという昭和麻雀…!


まあ2巡目のツモが赤5筒だったら白赤の2千点狙いもあるけどね
最初に4筒じゃなくて5筒を切るのは赤5筒の受け入れを考えてのことだから






「南とか西が重ならなかったらどうするんだよ!」と思う人もいるかもしれないが、その時はその時
リーチがかかった時の一発回避用安牌にでも使えばいい

どちらにしろ三筒四筒五筒のメンツができたところで、嬉しくもなんともない



キルクールの法則なんてあるけど、五筒を切ったあとに三筒を引いても俺は「裏目った!」なんて考えない
むしろ「助かった」って思う

両面搭子なら裏目も糞もないが、これを応用すれば辺張嵌張の裏目を引いても痛い目をみるパターンが激減する




デジタルだったら西切りであわよくばピンフを、って考えるんだろう
それが正しい打ち方なのかなんて、俺には分からない

でも数牌だけしか使えない人よりも、数牌も字牌も有効に使える人の方が単純に考えて強いと俺は思うんだ
俺の勝手な感想w



だから俺は「字牌の扱いが上手い人は麻雀が上手い」と考えるわけ
字牌の扱いが上手い人は和了りの打点が高いうえに振り込みの確率も減る

そのくせ聴牌のスピードもけして遅くない





「最初に字牌を切らないんだから手が読まれるだろwww」って思う人がいるかもしれない
でもそんなことも言えないんだな



むしろ最初に字牌を切るとタンピン狙いがほぼ確定
その一方で字牌を温存する打ち方はチャンタ、ホンイツ、チートイツ、トイトイ、国士無双といろいろある

ぶっちゃけ、字牌を大事にしない人の手は読みやすいよ



待ちの一点読みまではいかなくても通る牌を探すのは至極簡単
字牌もよく通るし(笑)




デジタル麻雀の統計では字牌がよく通るらしいけど、上級者同士の対局ではむしろ字牌が怖い
俺はそう思う









…と、まあ字牌の有効性について長々書いたけど、冒頭で触れた字牌の切り順について



俺が字牌を切る順番は基本的に
オタ風→三元牌→場風→自風の順番

自風が最後なのは他家にとってオタ風なのに場に出ない=山にまだ眠ってると推察できるから
仮に1巡目で2枚切られても安牌候補として残すw


まあ牌の切り方をみて「ああ、こいつは役牌をトイツで持ってるな」とか分かる場合は自風を優先的に切ったりする場合もあるけど





W東を先に切る派の人は「鳴かれる前に切るべき」って考えるんだと思う
でも俺は逆に「自分の手が育って、鳴かれても大丈夫になってから切る」という思考


先切り派は「鳴かれる前に!鳴かれる確率は低い!」って願い思いながら切るんだろうけど、それで鳴かれたらどうするの?
降り?

俺の場合は「ああ、鳴かれたか。でもそれは想定内!俺はまだ行けるぜ!勝負!」って考える
だから鳴かれても十分戦える




確率がどうのってのは運否天賦の打ち方になりやすい
好配牌なら戦って、クズ配牌ならそれだけで降り
それを繰り返すことで結果的に運だけ麻雀になっちゃう

そして不運が続くと「麻雀はクソゲーだ!」と腐る




でも確率にとらわれない人(=俺のなかでは真の「オカルト打ち」と呼ばれる部類)は実力勝負に持って行く
不確定要素を削る抜き身の麻雀を打つ

親が配牌でW東を重ねてたら自分も重ねて親と心中するくらいは平気でする
だから場風を切るのは後回しにする






でも、場合によっては場風→三元牌→自風→オタ風の順で切る場合もある


それは自分がタンピン系の時
好配牌でピンフが近いなら鳴かれる前に切るべき

仮に鳴かれてもこっちは好配牌だし、親は東を鳴いただけで手がバラバラなことも多いからね
かと言ってW東をポンする前に焦って鳴きまくってたら役牌バックだってモロ分かりだし


今度は役牌と違い、頭に使えるうえにタンピン系手最大の弱点である防御面を補ってくれるオタ風は大事な牌になる





…と、まあ俺はこう勝手に思ってる
異論はもちろんあると思うけど

現在の麻雀からしたら「明らかに間違った考え」だもの



でもそれでもいいじゃんね
好きに打たせておくれ

みんな同じ打ち方じゃないといけないなら、人とじゃなくてパソコンと打ってればいいんだよ
みんな違ってみんないい






…と、ここまで偉そうな講釈を垂れたけど僕はただのヘボです
天鳳はR1500前後をうろちょろしてます

ぷるぷる!
ぼくは悪い初心者じゃないよ!



なんでか知らんが接続切れと相性が悪すぎるんや(白目)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク