ぼくが考えた最強の麻雀ルール!

俺が麻雀プロ団体を作った時のルールを考えてみた
その防備録
判断が微妙なところもあるし、更に追加したり別にいい考えが浮かぶ可能性もあるからバージョン1ってことで

近くに麻雀友達がいたらこのルールで行って、微調整していくんだけどな…


そのうちこのルールを採用した理由も書こうと思う





現在日本で行われているリーチ麻雀に準拠するものとする

【役】
☆1翻役
・立直
・一発※
・門前清自模和
・一盃口
・平和
・断幺
・役牌(場風と自風は複合し実質2翻)
・嶺上開花(花牌による嶺上ツモでも認める)
・搶槓
・海底撈月
・河底撈魚

☆2翻役
・両立直
・混全帯幺九(食い下がり1翻)
・混老頭
・七対子(固定25符)
・対々和
・三色同順(食い下がり1翻)
・一気通貫(食い下がり1翻)
・三暗刻
・小三元

☆3翻役
・純全帯幺九(食い下がり2翻)
・二盃口(食い下がり2翻)
・混一色(食い下がり2翻)
・三槓子
・三色同刻

☆満貫
流し満貫

☆6翻
・清一色(食い下がり5翻)

☆役満
・天和
・地和
・四暗刻
・大三元
・国士無双
・字一色
・小四喜
・緑一色
・九蓮宝燈
・清老頭

☆ダブル役満
・大四喜
・四槓子


※一発を1翻役から除外し、加符扱い(一発加符+10)とする可能性あり





【ルール】
・一荘戦(東場から開始し、北場まで行われる)
・クイタンあり先付けあり
・3万点持ち3万点返し
・槓ドラ槓裏あり
・箱下なし
・聴牌連荘
・積み棒は1本につき1500点の祝儀とする
・スコアの清算は2位3位4位3者の百の位を五捨六入し、求められたスコアを基に1位の点数を決定する
・4面子1雀頭の牌姿において、連風牌を雀頭にした場合4符と換算する
・赤なし、代わりに花牌を投入
・花牌があるので嶺上牌は8枚、ただし王牌は常に14枚
・場所決めは毎回風牌4種に加え、偶数奇数の牌計6枚を用いて決定する
・途中流局は四槓散了のみ
・食い変え、食い直しあり
・頭跳ね
・リーチ後の暗槓は待ちか牌姿の構成、及びその両方が変わる場合禁止
・和了り止めなし
・包あり
・発声優先
・ツモ牌に触れた後での副露は禁止
・チョンボは満貫払い
・ただし他家の役満が明らかに確定している状況でのチョンボは役満払い、ダブル役満の場合はダブル役満払い
・国士無双の暗槓和了りなし




【ウマ】
☆ウマは浮いた者の人数で変動する※


・1人浮き
1位+30P
2位-10P
3位-10P
4位-10P

・2人浮き
1位+5P
2位+5P
3位-5P
4位-5P

・3人浮き
なし



※ウマはのちのち調整する可能性あり

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク