麻雀にはびこる宗教

小島武夫と桜井章一関連で検索して、このブログに行きつく人が結構いる
で、まあ小島武夫は著書で桜井章一に対して「麻雀を宗教にするな」と指摘しているんだよね

でも俺は「プロ団体もそんなに変わらないんじゃね?」と思った





今の麻雀プロ団体は流れ論者がトップに固まってる
話によれば、そのトップの流れ論を批判したら除外されるらしい


ジャスティスって人がプロ団体に加盟してたんだけど、デジタル雀士の立場から流れ論を否定したら除名されたとか
あと堀内正人ってバリバリのデジタル雀士もいちゃもんつけられて大会失格だし

「トッププロの麻雀観は絶対だ!それに逆らったら除外だ!」ってのは宗教以外の何物でもないと思うの



今日麻雀プロのサイトをみて真っ先に目に入ったのは美人女流麻雀プロの写真群
心の中で思わず「うわあ…」って考えてしまった

将棋と囲碁のプロの公式サイト見てみろよ!
そんな色気で釣ったりしてないから!



やっぱ麻雀って将棋や囲碁と比べたら品がないんだよな
八百長試合疑惑も昔からずっとあるし…





俺の作るプロ団体は、別に俺の批判をしてもいいんだけどさ
昨日書いたぼくと字牌だけど、別に批判があっても構わない


「例題は極端な例でしかなくて、あそこで西を切らないやつはヘボ!123萬面子落としとか頭おかしい」とか「いやいや、デジタル麻雀でも普通に5筒切るよ?勝手にデジタル決めつけるな!」とか
むしろいろいろあるでしょ?



俺は別にそれでいいと思ってる
麻雀の打ちスジ批判はマナー違反なのはたしかだけど、それが麻雀界全体のレベル向上に役立つならどんどん批判するべき

でも、それで俺は雀風を変えたりしないけどね(笑)







俺は桜井章一の麻雀本を読んで、その内容にだいぶ影響されたのは事実
でも雀鬼会マンセーというわけでもないのだよ、ここだけの話w




桜井章一は「雀鬼会のやつらは手順がしっかりしてるから配牌がいい。配牌がいいから5巡目6巡目でポンポン満貫を和了るんだよ。だから雀鬼会の半荘はすぐに終わるんだ」と語っていた

でも俺はこう思った
「ただ単に牌がちゃんとかきまぜられてないだけじゃね?」、と




牌の音の全自動卓は、初期の頃のやつを修理してずっと使い続けているらしい
その事実は素晴らしいと思う

物を大事にする心は俺も好きだ


でも古い全自動麻雀卓ってちゃんと牌が混ざらないんだよね
だからそういう場合、牌を落とす前に軽く洗牌してから落とすといいらしい




現在の麻雀卓はよく知らないけど、「雀荘の回転率を上げるため、わざと混ざらないよう設計されている」という話がある始末
ネット麻雀の方が確実に牌が混ざるし、そっちをすればいいんじゃね?w

ネット麻雀最強伝説






とはいっても、俺はやっぱり麻雀はリアルでしたいのよ
ネット麻雀は味気がなさすぎる

だからリアルで麻雀する時はちゃんと牌を混ぜる、これ大事!



洗牌する時は全部の牌を伏せて、親と対面の2人で混ぜることを徹底しようね☆
残り2人は積み込みをしてないかのチェックと、ひっくり返った牌を伏せ直す係

これで完璧だぜ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク