デジタルとアナログは同価値

毎度のことながら、ビリの状態でオーラス
さすがへぼ雀士である

ラス親だったら話が変わるのだが、あいにくなことに俺は起家だった
ほとんど勝負を諦めかけていたがオーラスを1000点クイタンのみで流すことにした



ラス確死ね!…だって…?

いいや、違うね!
これは布石!

そう!西入への!!!
故にラス確ではないのだッッッ





西1局、親は俺!

だが相変わらず配牌が腐ってる
苦心してクイタン赤を和了る






一本場!
…この配牌、息してねえ(白目)


七対子決め打ち、かろうじて聴牌!
待ちは場に1枚切れの東!

確実に山に残ってるから、ツモれば出るぜ!
まあその前に俺が剛腕でツモるんですけどね(笑)





…がっ…ダメっ…!
この七対子…和了れず…!

下家が追っかけリーチ…
それに一発で振り込む対面…

満貫で対局が終わってしまった…!



なお振り込んだ対面も聴牌していたもよう
三面張でダマでも1位が狙えるからね




結果、四家リーチで流れてたものを振り込みで終了させてしまった
リーチさえかけていればこの振り込みはなかったものを…

こういうことがあるから麻雀はあなどれないんや!



俺の捨て牌が一見国士無双に見えるからダマにする気持ちは分かるがねw
幺九牌も4枚見えたやつがなかったし、リーチがかかったら絶対怖い

でも残念、ただのリーチチートイ4800でした!
まあリー棒あったし、和了ればそれでトップなんだけどさ




ぼくは何もしてないけど2位に浮上できたのでうれしかったです(小並感)

でも何よりも接続切れがない状態でみんなで打ちきれたのが嬉しいんや!
4人ちゃんとそろってたら、どんなラスでも1位を狙えるぼくは神域の男だと思う(にっこり)

なおただのビギナーズラックなもよう





何をやっても和了れず、振りこんでしまう…
そういう期間がネット麻雀にはある
しかもその期間が数百局単位で続くのだ

ネット雀士はこれを「地獄モード」と呼び、ひどく恐れている



デジタル麻雀が旺盛な今の世
「流れなんてねえよwww」って意見が主流なのに、なぜか地獄モードは広く受け入れられている

もう(それってアナログと変わら)ないじゃん…



流れとかツキを口にするのがアナログなら、それはもうデジタルじゃない
桜井章一とか土田浩翔をアナログ認定して嘲笑する人は、彼らのことを笑えんぞ


もっともデジタルを「システムを構築し、その通りに打つこと」と定義するなら、桜井章一も土田浩翔も立派なデジタル雀士なんだけどね

「地獄モードだから何やってもダメ」と考える人はアナログ雀士




ちなみに桜井章一はスランプについて聞かれて、こう答えている
「30分以上不ヅキが続くようじゃそれはスランプじゃねえよ。実力がないだけ」

バッサリである




俺は麻雀についていろいろな記事に目を通すが、たまに何がデジタルで何がオカルトか分からなくなる時がある
そもそも数学が絶対的なものととらえていない俺にとって、デジタルもオカルトもないんだけどさ

ぶっちゃけデジタルだろうとオカルトだろうと、ブレない打ち方をする人が一番だと俺は思うんだ
勝ち負けはおいといて




麻雀は4人で打つもの
それなのにみんな自分の幸せだけを追求して、他の人を不幸にする打ち方をするんだよね
勝負事だから仕方ないかもしれないけど、4人みんなが楽しめる打ち方をするのが本当の麻雀だと思う


だから牌効率だとか定石なんかよりも、まずはマナーとか麻雀に対する意識をしっかり覚えて欲しいと俺は思うのであった
以上、へぼ雀士の戯言である

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク