征韓論の誤解

今日、法事で神主さんの話を聞いて思ったこと
今日の出来事は、まあ次の記事に書こうと思う

とんでも話が混じってて、俺も正しいとは思ってないので回れ右的な内容
主にフリーメイソン関連が





学校の授業で征韓論を学ぶ
西郷隆盛が征韓論を唱えたが、岩倉具視や大久保利通らによって反対される
これをきっかけに西郷隆盛は下野し、故郷鹿児島で隠遁生活を送るようになった



でも、この征韓論って乱暴なイメージがつきまとうんだよね
「西郷隆盛が朝鮮で挙兵して、武力で治めようとした!」…といった妙な話に

西郷隆盛は敬天愛人って言葉が表すように、すごく優しい人なのに




西郷隆盛は維新前に税の取り立て役人をしてたんだけど、その税がかなり軽かった
そのため本来嫌われるはずの農民たちからも「西郷さん!西郷さん!」と慕われていた


維新を成し遂げるも、明治政府では西郷の信念とは大きく異なった政治が行われた
財と権力に溺れ、欧米諸国に対して尾を振り、さらなる重税で貧困にあえぐ人を増やし、そして課税の対象に士族が加わっただけだった

西郷隆盛は明治政府に絶望した



そして鹿児島の不平士族の不満を晴らすための錦の御旗として筆頭に立ち、壮絶な最期を遂げた
銃弾を受けた西郷は「晋どん、もうここらでよか」と、介錯を別府晋介に頼む
西郷の首は隠され、ついに見つからなかったという





西郷隆盛は敵にすら情けをかける偉人
会津を降伏させた時、入城する時に会津武士に帯刀を許可した
反乱の恐れがあるのに、普通はそんなことはしない

しかもそれだけじゃなく薩摩軍には帯刀を禁止しており、丸腰のまま入城させた
西郷隆盛はたとえ敵でも武士の誇りをなくしてしまってはいかん、とどこまでも相手を思いやる人だった

ぶっちゃけ国内外に関わらず前代未聞な行いでしかない






西郷隆盛に剣術の心得はまったくない
これは昔ケンカで斬りつけられたことが原因で、右肩に力が入らなくて刀が握れなかったため
西郷はそれ以後、「こいからは学問の時代じゃ」と学問に力を入れるようになった


しかも西郷はどこまでも優しかった
鞘でおさまった刀で叩かれた拍子に鞘が割れ、肩が動かなくなったのは事実
この事件は事故だったが、西郷は「これはおいが転んで出来た怪我じゃ」と殴りかかった相手をかばったのだ


そんなお人よしのなかのお人よしが「朝鮮をつぶせ!挙兵しろ!」なんて絶対に言うはずがない





実際は西郷隆盛はたった独りで、しかも丸腰で朝鮮に行こうとしていた
「外交は相手に対して礼節を重んじにゃならん。これでおいが殺されたら戦争の口実にしても構わん。おいが死んだら日本を頼んど」といった具合の発案でしかなかった


これ、今の時代で考えても異常なこと
どこの総理大臣や大統領が、ボディーガードの一人もつけずに外国に行くだろうか?
しかも自分は武器一つまともに扱うことができない
自分が死ぬ覚悟もできている

西郷隆盛はそれを成そうとしたのだ




だが周囲は「今は外国と戦争をする金がない!今は国内をまとめるとき!」と的外れな反対をした
外交には天皇の許可がいるんだが、それを上奏することもできない
そして西郷は「明治政府はダメじゃ」と見限った



しかし、当の明治政府は西郷の征韓論からわずか2年で朝鮮に対し、ペリーの黒船を模した武力外交を用いて不平等条約を押しつけた

西郷に対して主張した「金がないから戦争は無理だ」とは、一体何だったのか?
この数年後、不平士族が挙兵して西南戦争が勃発したのに国内がまとまったと言えるのか?

この時、西郷はいったい何を思ったのか?






そうやって朝鮮を挑発した挙句に脱亜論が唱える者が現れた
「朝鮮は精神的に劣ってるから関わるな。日本まで欧米にバカに思われる」、と

そりゃあ韓国が日本に対して怒るのもうなづけるわ
ちなみに脱亜論だけど、どうやら福沢諭吉が主張したわけではないらしい
本当かは知らん

でも福沢諭吉って、たしか明治維新を模倣しようとした朝鮮人に資金を援助してた気がするんだけどなあ…
記憶違いか?




まあどちらにしろ、アメリカが日本に武力で開国させた挙句に「日本人はイエローモンキーだ!知能の劣る猿だ!」って言ってたらどう思うのか?って話

未だに60年前のことに関して謝罪と賠償を要求する韓国は異常だけど、こんな扱いをされてたら日本が嫌われるのも正直納得だと俺は思うんだ
「日本が悪いって日本のせいにするな!」っていうネトウヨもいるけど、日本も十分悪いじゃん






鹿児島県民は「維新の立役者西郷さんはすごい!」としか考えてない人が多い
でもちょっと西郷隆盛の勉強をしたら、そんなもんじゃ済まない

心底明治政府が嫌いになって、「やっぱ西郷隆盛はすごかった。周りがすごいすごいと言ってるからすごいとは思ってたけど、ここまですごい人とは思わんかった…」と思うだろうにね
南州翁遺訓を読んだことすらないとか、もうね…



西郷隆盛のことを知らないのに、西郷隆盛をやたら祭り上げたがる鹿児島県民は嫌いだ
本当に西郷隆盛のことが好きだったら「鹿児島は維新の立役者!」なんて絶対に言えるはずがない
明治維新を誇りに思えるはずがない








…と、ここまでは俺が「正しいと思う史実」
以下、とんでも話




フリーメイソンという秘密結社がある
フリーメイソンは世界を裏で牛耳っているが、武器商人としての顔もある

坂本龍馬はフリーメイソンのメンバーで、そこから武器を輸入していたらしい
フリーメイソンは明治維新を金儲けの手段としか思っていなかった



だが、日本には西郷隆盛がいた
維新が終了するまではよかったが、西郷隆盛はフリーメイソンにとって脅威の人物だった

明治政府の要人が次々とフリーメイソンになる中、西郷隆盛だけはこれを拒否
あくまで日本のために欧米と、世界と戦おうとした


西郷隆盛は「日本、支那、そして朝鮮が力を合わせてアジアの中心になろう!」と考えていた

フリーメイソンが世界を支配し続けるにはそんな強大なつながりができてはかなわない
フリーメイソンにとって、日本と支那と朝鮮はどこまでもいがみ合わなければならないと都合が悪いのだ




そこで西郷隆盛が征韓論を唱えた時に、岩倉や大久保に反対させた
西郷隆盛がいなくなったら武力で朝鮮を制圧し、朝鮮が日本を恨むようにした

西郷隆盛が挙兵したので大久保利通に殺させる
薩摩の権力は軍と警察で政治にはあまり浸透していなかったので、こうやって薩摩を仲たがいさせて力を分散させようとした

そして権力の中心を長州に絞り、上手く日本を支配した…





フリーメイソンの話はさすがに眉唾だと俺も思うけど、いったいどうなんだろうね
真実は遠い過去、もはや闇の中である

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク