最近の趣味

最近の趣味はいろいろな人の牌譜をみることである
そして「俺がやってたらどうなるんかな?」と牌譜を追いなおすことである
たいていは自分よりも天鳳の段位が上の人の牌譜をみてる

オッス!
上級者さんの牌譜は勉強になるっす!
へぼ雀士の俺とは全然打ち方が違うっす!





さっきみてた牌譜のシーン


南1局西家7600点(3位と13500点差)の配牌
ドラ一索
二筒三筒五筒一索二索四索六索八索東東東西發ツモ八萬


上段位の人はここで發切り
俺は8萬ツモ切り





これで、6巡目はこういう違いになってる

上段者:
二萬三萬二筒三筒一索二索四索六索七索八索東東東ツモ五萬

俺:
二筒一索二索七索八索東東東西發ツモ三索
チー横五索四索六索


西も發も場に1枚切れ
どっちも役牌だから大事にして、重なったらポンして東を1枚切る

先に69索が埋まったら西単騎なんて仮テンにしては理想的な待ちになる
9索の出具合や他家の手の進行状況にもよるけど、9索は鳴いても6索はスルーするだろうな



5索を鳴かなかった結果、上家が次に3索をツモ切った時に「ああ!あの牌は鳴くべきだったのか!」って嫌な気配を感じるのがへぼアナログ雀士俺である
鳴いて流れ(笑)を変えるべきだった、と




上段者は最終的に
二萬三萬二筒三筒四筒一索二索三索六索七索八索東東


この形でリーチ
メンピンドラ3900点

こうなったらリーチしかない
けど待ちの14萬は1萬が3枚、4萬が1枚出ててかなり厳しい


俺だったら4索を1巡残して東を頭にしてたから、ドラ1索切りリーチだったけど




二萬三萬二筒三筒四筒二索三索四索六索七索八索東東


これだったら1萬3枚切れなんて全然気にならない
ほぼ三色になるから、和了る時は高確率でメンピン三色7700確定
ツモって裏が1枚乗ったら跳ね満3000・6000


4筒引き聴牌をしなくて9索5索辺りを引いちゃった場合、薄い14萬を嫌ってイッツーを見る
そしたら3面張になる可能性も出てくるし鳴くこともできる

そういうことも考えての4索残し






デジタルの打ち方ってリーチのみ1300点>鳴いて3900点って考えなんだよね
そしてツモと裏に期待して「リーヅモ裏裏!満貫!」って和了りを期待する

俺からしたら「そういう運だけ和了りのために1000点出すのってバカらしくない?」と思うんだが
ある意味アナログ以上に運任せなのがデジタル麻雀

そもそも確率なんて不確かなものを当てにする時点で運任せ麻雀になるのは宿命なんだけどさ




鳴いたら降りにくくなるってよく聞くけど、聴牌してリーチしたらどうせ同じでしょ?
むしろ鳴いてリーチかけられない状況にした方が面前リーチ派よりも降りれたパターンってのもたくさんあると思うんだ



2副露程度ならまだまだ降りれるって状況も多々あるし、「鳴いたら降りにくい」って考えはしないほうがいい
ちゃんと受けの牌さえ残してれば振り込まないことも結構多い

デジタル的には3枚安牌があれば十分降りれるんだったっけ?たしか



12枚麻雀を覚えて防御力も上げないといけない
それが麻雀

そして14枚目いっぱい持つか、それとも12枚麻雀で守備重視で打つかの状況判断も必要になってくる



麻雀って先に進めば進むほど考えることが多くなるから、面白いんだよね
初心者の頃は役くらいしか問題にならないのにw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク