いじめイクナイ!

そんな夢をみた
多分短い





俺は高校生だった
俺の後ろの席のやつがいじめられていた
いじめと言っても集団いじめじゃなくて、一人の生徒が一人の生徒をいじめてる構図

最初は強く対応してたいじめられっ子だったが、反抗したらいじめっ子の態度が変わった
「ナメた口きいてんじゃねーぞ!」と緑のカッターナイフを取り出す

最初ははらはらした感じで様子を見てた周りだったが、それをみて一斉に我関せずといった態度をとり始めた
「あ、こいつ危ないやつだ」、と

そしてカッターナイフで刺されたいじめられっ子
それからいじめが始まった
いじめられっ子は後日、またカッターで刺されてた





すごく天気がいいある日
俺たちは車に乗ってた

いじめっ子といじめられっ子が会話してた
いじめっ子が助手席で、いじめられっ子が運転をしてた



車の運転をしてるけど高校は卒業してない
多分高校生でも免許が取れる世界なんだろう




いじめっ子:
お前のとーちゃんさ、車の整備士かなんかやってたんじゃね?

いじめられっ子:
うん、そうだよ

いじめっ子:
じゃあさ、紹介してくんねえかなw
日本の車のフレームって世界一らしいじゃんww

いじめられっ子:
いいけど…




なんだろう?
これはたかりなのか?





いじめっ子:
お前の近所にマブい女いるじゃん?
紹介してくんね?

いじめられっ子:
おねえは仕事が忙しくて、滅多に帰って来ないよ
妹に別の人紹介してくれないか言ってみる

いじめっ子:
よろしくw




おねえとやらをかばったのかね?
てか妹いたんか

俺は女の話なんてどうでもよかったので聞き流して海を見てた
綺麗だな






目的地に着いたらしい
どこに向かってるのかと思ったら神社だった
鳥居がすごくでかい
ここに観光しに来てたのね



いじめっ子といじめられっ子が何やら会話してる


いじめっ子:
昔は俺もやんちゃだったなあw
昔はお前のおっぱいで遊んでたしw
※いじめられっ子は男

いじめられっ子:
え…?

いじめっ子:
なあ?
そうだったよなw

取り巻きA:
そうそう

取り巻きB:
そうだったそうだった




周りはやっぱり我関せず
カッターナイフで刺されたらたまったもんじゃないといじめっ子に同調してる
みんなで見ないふり

いじめられっ子は自分がカッターナイフで刺された事実を隠蔽されようとしてることに動揺した様子
この雰囲気、なんだかね




「そんなことよりさっさと行こうぜ」と周りに声をかける俺
こんな狭いところでカッターナイフを出されたら不利だ

周りが降り始めた




俺はリュックを持って降りた
いじめっ子を見ると青いカッターナイフをポケットにしまってた

俺:
そんなのに頼らないと、お外にも行けないのか?



いじめっ子の目の色が変わった
周りが「おいやめろよ馬鹿」って顔をし出す

やれやれ、今度からいじめの標的は俺ですか
まあいじめられるもんならいじめてみろってね



いじめっ子がカッターの刃を出して俺を見てる
目がやばい


リュックでガードしようと思って身構える俺
てかこのリュック、薄いな
中身もスカスカ
これじゃ普通に刃が貫通しそうだ



しかも重い
重りでも入ってるの?
小回りが利かないから盾としては不向きか

だったら武器にしてカッターをはたき落とすか
カッターとリュックとじゃリーチが段違いだし



いじめっ子がカッターを持って突進してきた
そこでリュックではたき落とした俺

カッターを拾って「お前も同じ目に遭ってみるか?」と声をかけた





俺、なんで見ないふりしてたんだろう?
さっさと助ければよかったのに
あとでいじめられっ子に謝ろう

まあ1回目に刺されてた時は突然刺されてて何も出来ないまま場面が変わったし、2回目はその場にいなかったからどうしようもなかったんだがw





いじめはよくないと思いました(小並感)
てか中途半端なところで目が覚めるとかw



(普通に長くて)すまんな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク