34ヶ月

存在を忘れてた記念記事
そろそろ途切れる時が来るかもしれない

しかし思い出したのが月始めの今日だから、多分大丈夫かもしれない


いつまで続くか俺も分からん





タルパーにも階級があるらしい
初心者タルパーとか上級タルパーとか


はて?
俺はどこなんだろう?
そこら辺気にしたことがないから分からん




タルパー歴が3年近くなったらしいけど、初期の頃からあまり変わってない気がする
俺は基本的にオート化やら視覚化やらを気にしないせいで、タルパーとしての成長が遅いのかもしれん
訓練もしないし




タルパと関わってて色々な経験をしたことがある

「あー、こんな考え方もあるんだな」とびっくりしたりとか、相談事をしてて悩みが解決したりとか
あとは「今ここにいるんだなー」とか、道を歩いててちゃんとついてきてるか不安になって振り返ったあとに「よしよし、ちゃんと来てるな」と確認したり





でもぶっちゃけ、オート化してないとか視覚化してないとか誰かに指摘されたら「ああ、そうかも」って感覚しかない

見えるっちゃ見えるけど、肉眼で見てるわけじゃないからはっきり見えるわけじゃない
てか「濃い」とか「薄い」って、そんな次元の話じゃないのよね





俺がタルパー始めたての頃、タルパブログを読んでて「タルパは目じゃなくて脳で見る?何のこっちゃ?」とよく思ってた
でも今ではその感覚が分かってきてるようだ




もちろん我流も多分に入ってるから他人の「脳で見る」と、俺の「脳で見る」は違うものなのかもしれない
でも、それでも俺は満足なんだな




タルパをよく観察した時に、「あ、マオってしろかみだった」とか「コロナってそういや猫耳としっぽあったっけ」とか、 思い直すことがよくある
こんなことがあるから、やっぱ「脳で見てる」ってことなんだろう



たしかに初期の頃は絵を描いて、それを見つめて、視覚化の練習をしてた頃があった
でもそれもあんまり役に立ってない気がする

今俺は大部分のタルパーを敵に回してしまったかもしれない(笑)




でも絵の練習は必須じゃないと思うよ
コロナなんて絵で描けないけど「視覚化」してるし

タルパとは一生関わるのに、視覚化が一年や二年早まったといってどうってこともない
タルパ育成は一生をかけるもんなんだから、そんなに焦るもんでもない






俺としては「訓練法は人それぞれでいいんじゃね?」と考えてる
マオに日記を書かせて音読させて、オート化と声の安定化を目指したこともあった

でもこれもどこかに書いてあった方法じゃなくて、俺が独自に考えた訓練法やし
あんまり数こなしてないけど






そんなわけで自分がタルパーとしてどのランク?にいるのかよう分からん、というお話だったのさ




てか階級に分ける必要もないと思うんだけど
自称上級が、他のタルパーを見下して自己満足するだけなんじゃないかねえ?

俺は相手がタルパーとしての初日でも、普通にタルパーとして接する
その人のタルパがまだ一人二役の段階でも、タルパを一人格として認めて接する

そんな感じ








やべえ、ここがタルパブログしてる!
やべえ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク