赤報隊

朝から明治維新のことを調べてたら、こんな時間である

南州翁遺訓を読もうとしたが、どうやら鹿児島に忘れてしまったらしい
あいた、しもたが




以下、今日調べたことのまとめ
歴史に興味がない人は読まなくていいし、内容の裏付けもまだなので俺の創作話だと思ってもらえたらと思う





最初に調べてたのは赤報隊
るろうに剣心を知っている人はよく分かるはず


相楽総三率いる赤報隊が偽官軍として、明治政府に処刑された話
書籍などでは「赤報隊が掲げてた年貢半減令が邪魔になったため、切り捨てられた」とされている


でも何か変な話なんだよね
都合が悪くなったら明治政府が年貢半減令を撤回すればいいだけで、赤報隊を処刑するほどではない
むしろ維新側上層部の命令で進軍してたのに、それを「都合が悪くなったから」って理由だけで殺したのでは部下の離反の原因にもなりかねない


それでいろいろ調べてたのだ






相楽総三と西郷隆盛の出会いの話をする前に、大政奉還までさかのぼらなければならない



大政奉還は徳川慶喜の好手だった
政治力のない朝廷に取り入るのが目的
それでいて、名目上政権がなくなったのだから「これで朝敵じゃないって証明できただろ?もう俺に政権もねえし」と薩長軍が徳川家を攻撃する大義名分も失ってしまった
攻守のそろった一手

そして徳川慶喜の構想ではすでに君主制の考えが頭にあったらしい
名目上のトップは天皇で、政治は徳川家が行えばいい
そう考えたから大政奉還も容易に行えた、と



現に大政奉還で戸惑ったのは朝廷
政治力が皆無だから、今さら政治なんてできるはずがない
徳川慶喜はそれも読んでいて、朝廷が政権を幕府に渡そうものなら「な?俺の政治は天皇御墨付きなんだぜ?」となる



結果政権は朝廷に還ったものの、これで薩摩も長州も身動きが取れなくなった
あとは朝廷が政権を返してくるなり、そこまで行かずとも新政府の大臣として天皇直々に任命されるまで待てばいい


薩摩長州にとって、徳川が新政府に入り込むのは非常にまずい
でも何も手がない
八方塞がり

これでは大政奉還前に計画してた江戸、大阪、京都三ヶ所での同時挙兵作戦が実行できない



しかし、そのあとなぜか江戸だけでテロが起こった
しかも江戸に存在する幕府に味方する、または維新の妨げになる商人や浪人が攻撃対象のはずなのに、一般市民まで焼き討ちに遭う
更には強盗まがいのことまでしてる


西郷隆盛は「めっちゃびっくりした。訳が分からん。こんなことが起こるなんて残念だわ(現代語訳)」と漏らしている
実際、江戸挙兵を中止する命令書は証拠として残っている



一説によれば、江戸のテロを取り締まってた部下が独断で決行したものらしい

てか三ヶ所で同時に挙兵することで幕府の戦力を分断する作戦だった
だから江戸だけでこんなことしても意味ないんだけどね



しかし結果としてこのテロ行為に幕府はキレて、薩摩藩邸を攻撃することになる
それが戊辰戦争の口実となり、倒幕へとつながるのであった





この時にテロに参加してたのが相楽総三
その後相楽は京都にて西郷に「官軍先鋒として、江戸まで進軍したい」と願い出る
西郷はそれを許可した


そして相楽は同志を募い、天皇からの勅書も携え、江戸へ向けて出発した






赤報隊の活躍は目覚ましいものであった
幕府側の藩を次々と恭順させていく

ところが赤報隊の別動隊に問題があった
そのなかのメンバーに京を無断で抜けた公家の人間が2人いたのだ
もちろんそれは当時禁止された行為



桑名藩の家老は公家の人間をみて恭順の意を示した
だが桑名藩は大ボスだったので、赤報隊の越権行為とみなされた

別動隊の幹部は処刑、公家の人間は京都へ強制送還






そんなことがあったので西郷は相楽に京都へ戻るよう命じた
この命令を受けて、赤報隊についていた監視役は京都へ帰った

しかし相楽はこの命令を無視、ひたすら進軍した
確かな戦果があり、進軍も天皇の御墨付きなんだから仕方ないっちゃ仕方ない



それが原因で相楽は捕らえられて偽官軍の汚名を着せられ、処刑されてしまったのであった

うーん…
これ、相楽総三が悪いんじゃね?

まあ今は名誉回復して正五位の官位を与えられたらしいけど










他にも書きたい話があったけど、時間がないからやめとこう


西南戦争での西郷の死を聞いて、号泣しながら家を歩いてたら頭を鴨居にぶつけまくった大久保利通の話とか

西南戦争で国賊になってしまった親友を想い、「西郷のことを本当に知ってるのは俺だけだ!俺はあいつの伝記を書く!このままじゃ後世の人があいつを誤解してしまう!」と思ってたのに、間もなく暗殺される大久保利通の話とか

今は亡き親友、西郷隆盛からの手紙を読んでる最中に殺された大久保利通の話とか


歴女な腐女子歓喜!
薄い本作りがはかどるな(確信)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク