カンだけ麻雀

オーラス、ラスは俺
Bトップ状態だから2位をへこませなければ自由に打てる
3位とはちょうど満貫点差



何とか高目満貫手を一向聴まで持って行ったが、なかなか聴牌しない
しかも2位の下家がリーチ

その時の俺の手牌

ドラ中
四萬五萬二筒三筒三筒三筒赤五索六索六索七索七索八索八索ツモ四筒




メンタンピン赤、もしくはメンタンピン一盃口
そして36萬はまだ1枚も出ていない
リーチ棒が出てるから和了れば3位をまくれる

だから普通の人はここで8索か赤5索を切って聴牌を取る



しかし俺はここで5萬切り、聴牌崩し
しかもリーチしてる下家は萬子を1枚も切ってない

周りから見たらただの暴牌



でも俺はこの萬子に奇妙な感覚を覚えた
「これ、聴牌にとっても36萬は全滅してるからリーチしちゃダメだ」と判断した
そして下家の待ちが萬子じゃないことも直感的に感じていた


聴牌を崩したあと、ドラ中を引いたので降り
個人的に無スジ中張牌よりもドラ役牌を振る方が怖い




あとで牌譜をみたら、やっぱり36萬は他家に8枚全部まとめて持たれてた
負けてる時も、こうやって自分のカンを確認するのは怠らないのである

負けてる時にも負けてる時なりの打ち方があるものだ
デジタルじゃ絶対ありえない打ち筋だけどw




今日はツイてない日だ
なんだか知らないがツイてない日だ

こんな日は天鳳を打つに限るね(にっこり)
ちょっと平均順位とポイントを落としてくる



今日の日記はその後に書こうそうしよう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク