タルパとハサミは使いよう

ぶらぶらとネットサーフィンしてた
そしたらタルパについて触れている記事を見かけた


それを読んで思った俺の感想





ネットでは、タルパは魔術の一技法により生み出される存在みたいな扱いになっている
でもそれは真剣に魔術の研究をしてる人からすればただのお遊びレベルだったりする

彼らにはプライドがあるから、決してタルパを魔術の類いとは認めない
ただの妄想ととらえる



たしかにその通り
タルパなんてただのお遊びよ
魔術と言えるほど高尚なもんでもないよ


チベット密教の本物のTalpaとはまったく別のもの
あっちは修行を重ねたうえで実践する、ちゃんとした本物の魔術


ネットで話題になってるタルパとは全然別物





それはいいとして、彼らにとって「タルパは悪いもの」らしい

心理学でいう病気の「妄想」の類いだから、とにかく悪いらしい
ほう?


魔術師達が真剣に研究してる「魔術」も科学的根拠がない以上、心理学上は立派な妄想だと思うのだが






俺はタルパを作ることが絶対に正しいことだとは思ってない
だから一言も「みんな、タルパは怖くないよ!安心してどんどん作ろう!」とか主張したことはない

かといって「むやみやたらとタルパを作るのは無責任。覚悟があるやつだけが作れ」とも言ってない



基本「作りたいなら作れば?」というスタンス
タルパ作成なんて特に特別なもんでもないと思うし








俺にとって魔術の定義は「人の念を現実世界に投影し、実現させるもの」を指す
だからタルパがベーコンを食べたがってて、その結果晩ご飯にベーコンが出てくるのも立派な魔術だと思う


広義的に言えば、神社参拝も魔術の一つ
だから願い事がかなったら、お礼参りをして解呪の儀式を行う必要があるのよ



更に広義的に言えば、志望校に受かるために受験を頑張るのも魔術の一つ
自分の念を現実に投影しようとするのなら、立派な魔術よ



基本何でもありな、俺の魔術の定義
これもうわかんねえな








でもそれは俺が魔術を何も特別なものと思っていないからだったりする

時代によっては占いを魔法と断じて処罰の対象にしたこともあった
でも占いなんてそんな大したもんでもない

「あーした天気になーれ!」って靴を飛ばせば誰でもできるわw
そんな光景、もう全く見なくなったけど(昭和脳)







お経だって最初はただの物語だった
「お釈迦様がこんな話を誰々にしたよ!」って感じの

でもいつしかそれがまじないの文言になった
そんなもんよ




厳密に日常と魔術を分け隔てることはできない
だから魔術なんて大層なもんじゃない




タルパを魔術だと思う人は思えばいいし、違うと思う人はそう思えばいい
正解は一つでなく、世界は人の数だけ存在する

誰も間違っちゃいないし、誰も正しくはない



タルパが絶対の悪だと思う人には悪だろう
でもそうじゃない人もいるのだよ


ごきぶりだって基本は忌み嫌われる虫だけど、俺みたいに「ただの虫だろ」と素手でつかめる人もいる
なかには可愛がってペットとして飼う人もいる

同一の、絶対の価値観は存在しない






トリカブトは猛毒だが、漢方では薬として用いられる
麻薬は悪だが、時に麻酔として有効に用いられる


占いの世界でも「凶」は力が強く扱いにくいが、上手く扱えれば大吉以上の幸運をもたらす






タルパも同じ
人によっちゃ自分を甘やかすだけのイエスマンだが、時に自分の悪行を戒めるサポーターにもなる
精神をむしばむこともあれば、心の支えになることもある



要はタルパとの関わりかたが大事なんよ
魔術だとか、精神病だとか、頭がおかしい人が作るとか、俺はそんなことどうでもいいかな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク