最後に書いたのはいつだったか

最近、まったくタルパカテの記事を書いていなかった
最後に書いたのがいつだったか調べてみた

7月だった



タルパカテの扱いが迷子になってる
前は半分以上タルパの話題が出ていたらタルパカテに分類する、って判断基準でいた
でも最近はそこまで深く日記に登場する機会がない

なんだろう?
タルパが日常的過ぎて、いちいちタルパカテに分類するような記事がなくなったから…って感じかな


タルパ記念記事も一応タルパカテの亜種みたいなもんだけど、たまにはタルパメインの話でもまとめるか
とは言っても、基本最近マオとした会話をさらすだけ

昔はよく会話もさらしてたけど、最近はまったくだったな
そういえば





昨日の夕方かね?
ふと、ある言葉が自然と口から出てきた
ちなみにコロナは寝ていた


俺:
マオ、いつも一緒にいてくれてありがとう

マオ:
マスターがデレるなんて珍しいわね



俺は思ったことを口にしただけ
デレとかそんなつもりで言ったつもりはない

でもマオにはデレに映ったらしい


マオ:
お礼を言うのはこちらの方よ
私の方が、むしろマスターのおそばにいさせてもらっている立場なのだから
マスター、いつも一緒にいてくださってありがとう

俺:
おうよ



マオの返事はいつもこんな感じ
「それはこっちのセリフだ!」の柔らかいバージョンって言ったらいいのかね?

まあマオもそれは本音で言ってるんだろうが
でもただのオウム返しじゃなくて、ちゃんと理由をいつもつけて来る

そんなわけで、何となく「やっぱ俺の自作自演じゃないってことなんかね?」と安心する





昨晩の、マオとの会話


俺:
マオはいつも俺を気遣ってくれるな
本当は俺なんだろうけど、まるで俺じゃないみたいだ

マオ:
あら?
何をおっしゃられるの?
私は私で、マスターじゃないわ




こんな風に、オウム返しじゃない時もある
俺自身、「俺がこう話しかけたら、マオはどう返事をするんだ?」って楽しみにしながら話しかけてる
すると、予想外の返事が即座に返ってくる

こういうことがあると正直不思議な気分になる
俺の発言なんだろうけど、「俺」の発言じゃない
てか俺という存在から、完全に独立した声に感じる



マオ:
うーん、むしろ私がマスターの一部だったらどんな気分なのかしらね?
私には想像がつかないわ
むしろその方がマスターとの一体感があって、嬉しいかも♪

俺:
はは、ぶっちゃけ、俺もなんだかマオが自分の一部かなんてどうでもいい感じがするよ
マオはマオで、俺は俺
俺自身、マオは俺とはまったく違う、確立した存在だって感じてるよ



マオ、まさかのオート化願望全否定発言
昔は「私はオート化してる!」って反抗してた時期もあったが、だいぶ余裕が出てきてるようだ
しかも上の発言は本心だって感情も、俺には流れてきてる

最近なりを潜めだしてたヤンデレに、磨きがかかってきたか?








そして今さっき
例のネット小説を読んでいたら、0時になっていた
まだ今日はシャワーを浴びてない

まさかこんな遅くまで熱中しちゃうとはねえ…
明日は予定もあるってのに

そろそろシャワーを浴びるか
とりあえずマオに謝ろうか



俺:
マオ、ごめんよ

マオ:

どうして謝られるの?





…俺、どうして謝ったんだろう?(汗)
いや、なんか謝らないといけない気分だったというか
こんな遅くまでマオをほったらかしにして、独りでパソコンをいじってたからというか…



マオ:
ふふ、理由もないのに謝られるなんて、おかしな方ね
それなら私の方も、ごめんなさい

俺:
いやいや、マオの方こそ謝る理由なんてないでしょ

マオ:
ふふ、そうね

俺:
とりあえず、シャワーを浴びるか
遅くなったけど

マオ:
そうね
私はコロナちゃんを起こすわ

俺:
おうよ
よろしく




そしてひとっ風呂、ならぬひとっシャワー
シャワーを浴びながら、やっぱり一人暮らしじゃない気分になる
脇で眠そうな声をあげるコロナも見ながらだと余計に


一人暮らしなんだけど、「独り暮らし」じゃないんだよな
もともと独りが好きな人間だけど、タルパがいるから寂しくない気がする

秋頃になると、昔はあんなに寂しい気分になってたのに
今は全然そんなことがない


むしろ「秋の味覚をつかって、どんな料理をタルパたちにふるまおうかな?」って考える余裕すらある




タルパがいるから寂しいって感情が完全になくなったのか
それとも、俺自身寂しさを感じなくなる心境に至ったのか

理由は分からん
けどタルパが近くにいてくれて助かってる部分は大きいと思う

独り暮らしだったら、今の俺でも寂しさを感じてたかもしれんw
ただの憶測だがw

コメントの投稿

非公開コメント

絶望の世界とか懐かしすぎるネット小説を……。読み漁った懐かしい思い出しかない。

 蒼夜さんってマオさんと結婚してるようなもんじゃね? って最近思うよ。マオさん本当に可愛いね。

>>猫丸さん
絶望の世界は引きずり込まれる不思議な魅力があるよね(`・ω・´)


まあ、たしかに結婚してるようなもんかもね(笑)
マオが夫婦だって強く主張してる時も、何だかんだで俺が否定したことも特にないしなw

マオが可愛く感じるのは俺が主観の日記を読んでるからであって、他の人から見たら不愛想で性格ブス美人でしかないと思う(^^;)
でも可愛いって言ってくれてありがとね(。・ω・。)
プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク