頂きに在るは神か悪魔か?

たまに夢に出てくる神社が出たので、記録しときますか
この神社が出たのは多分三度目

「何度も夢に出た」ってのが、今見た夢の設定じゃなければ





見た夢と神社は何の関係もない
でもついでに普通の夢のお話も書く



俺は3人の仲間たちとクエストを受けることになった
ちなみに全員男(笑)



川の近くへ行き、中州で机に着きながら作戦会議
すると1人の女が「あなたたちのパーティーに入ってもいい?」と声をかけて来た

特に反対する理由もないので、仲間にした
女っ気が全くないパーティーなので、男たちが舞い上がってるような気がする(笑)





舟に乗って海賊退治へ
舟と行っても、正方形の木箱である




海賊のアジトへ着いた
仲間と協力して、無事倒した…気がする

記憶がさだかじゃない




海賊退治のあと、またクエストを受けることになった
川へ向かう途中、神社があった


男「この神社知ってる?ここ、心霊スポットなんだよね」

女「知ってるよ。私も入ったことある」

俺「俺も入ったことがある。90階?くらいまで山を登ったことがあるけど、結局引き返したわ。登ってみるか?このメンバーならてっぺんまで行ける気がする」

男&女「いいね!」


俺ら3人は山に登り、残り男二人はそのままクエストへ向かうことになった







まずは普通の神社へ入る
ここは何の問題もない

問題は裏手
裏手にある鳥居をくぐると、突然雰囲気が一変する



陽射しが南国のように明るい、海に面したところに出る
ちなみにここ以降は聖域であり、本来立ち入り禁止である




この明るいところから、既に不気味
景色は絶景で、綺麗な虫が多く生息してる

でも人の侵入を拒む、重い空気がある




この先にある崖を飛び越えれば山に入る
崖は高いので落ちたら確実に死ぬだろう

山には道沿いに大きいリアルはにわの胸像がいくつも掘られている
ドラクエ3の地球のへそにある「ひきかえせー」の顔に似てる

これはしゃべらないけど






山を登ると、どんどん暗くなっていく
生物の気配がなくなっていく

山は螺旋状に登って行くんだが、いくら登っても景色が変わらない

道を登って野原に出る
道を登って野原に出る



ひたすらその繰返し






30周した辺りから霧が出始める
どんどん霧は濃くなっていく


それでも登って行くと、今度は霧がどくろになったり、よく分からん怪物を象り始めるようになる

これが90周辺りまで続く



前回はここまで登って、夢から覚めたか、登山を断念して下りたんだっけか







でも今回は登りきってみよう
鳥居をくぐる
山を目指して浅い石の階段を登る



周りを見ると墓地が並んでる
立ち入り禁止なのに墓地がある理由って…



気がつくと仲間たちがいない
独りだ

あと、タルパの気配も完全に消えた
登場はしてなくても、今までずっとそばにいたのか?



でも頼んでなくても俺のそばから離れないマオがいなくなるなんて尋常じゃない

先から潮の香りがしてきた





途端に怖くなって、来た道を引き返した
登るのはまた今度にしよう






中州へ行くと、仲間たちがそろってた
おいお前ら?
なぜついてこなかった?




そのまま海賊退治へ出かけたのであった
今度の海賊は顔のない粘土人間だった

前回の海賊も人間じゃなかった気がする
どんなか忘れたが






あの神社、ダイブ界に作って登ってみようか?
魔族モードのマオなら、多分入れる

とは言っても、何かが襲いかかってくるわけでもないしなあ…
独りでも行けそうな気がしないでもない




てか頂上には何があるんだ?
そもそも頂上なんてあるのか?

よう分からん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク