ネタがあってもタイトルが思いつかない

今の心境は上の通り
特に俺の場合、ブログを書く時に何を書くか決めてないことが多いから、そういうことがよくある

ひどい時には「この話を書こう!」と思いつつも、横道にそれにそれて、結局書き忘れるってこともよくある
3回に2回くらい

そんなんでいいのか?





麻雀は確率ゲームらしい
でも、俺はそう思わない
麻雀は何よりもまず体力を使う


いくら確率の計算が上手くても、1000半荘2000半荘打ち続けるだけの精神力や体力は間違いなく必須
特に麻雀なんて200半荘300半荘の不調は当たり前

確率を考える頭も必要かもしれないが、そんなものよりも大事なのは続けられるだけの体力や気力



初代天鳳位のASAPINだけど、別に東大とか出たわけではない
どこの大学かは知らないがw

それでも、天鳳で最初に天鳳位になったのは、連続で麻雀を打ち続けるだけの体力があったからに他ならない
つかん時もあっただろうが、それでも打ち続けてたから、天鳳位になれたのだ



そんなわけで、R1400台のへぼな僕も、頑張って300半荘打とうと思います(にっこり)
てか天鳳打ち始める前に天極牌で大四喜和了ったから、それで全部運を使い切った疑惑が俺のなかにあるw
しかもただの大四喜じゃなくて、国士無双一向聴からの移行である

俺、死ぬかもしれん…


ダブル役満は当時まだ無料だった雀龍門で和了った四暗刻単騎以来2回目だったはず
それも親番での和了りで96000点



和了ったことがない役満は天和、チューレン、それと四槓子か

てか四槓子は無理だろ(諦め)
チューレン一向聴は何度かあるが、四槓子なんてかすりもしない



あ、あとサンマだけど地和は未遂があったなw
伝説のフリテンダブリー一発ツモwww


Q.伝説って?
A.ああ!



俺「ダブリー!一発ツモ!」

雀友「それ、配牌で和了ってたやん」

俺「あ、マジだ(真顔)」


徹マンが続くと、そんなこともまれによくある






なんでか知らんが、麻雀話になった
とりあえず今日の日記を書こう

こうやって記事を分けないから、一日1記事のペースに落ち着くんや


普通のブログでは、間違いなく前半の麻雀話だけで1つか2つの記事が出来てる(確信)






今日は仕事だった
昨晩夜に干した洗濯物だが、朝見ると結構よく乾いてた

曇りとはいえ、よく乾くものである



数着乾いてないのもあったが、それは部屋干し
今日は雨らしい





支度を済ませ、家を出る
傘を忘れる渾身のミス

引き返したら確実に遅刻する
まあいいや



雨曝しなら濡れるがいいさ
アカギ「じじい、その牌だ」




仕事は大変だった
8時間勤務

休憩はとらない主義、俺
8時間ぶっ続けで仕事

いつものこと




そして帰る
外は小雨だった

「大降りじゃなくてよかったわ」と、マオがホッとしてた
俺も正直ホッとした




家に帰る
そしていつもの紅茶タイム
のんびり過ごした




そして今
7時前
そろそろ飯を作ろうと思う

今朝まではそぼろご飯でも作ろうと思ってた
でもよく考えたら牛乳が余ってるんだった

(牛乳たっぷりチーズリゾットに)切り替えて行く







今日雨に濡れながら、頭に浮かんだお話


大正義赤木「オレたちが賭けてるのは点棒なんかじゃねえんだ。プライドなんだよ…」
大正義赤木「言ったろ……。この半荘、オレがもし天の後塵を拝すことがあれば、この勝負からおりる…て」



ひろ「勝負を楽しむなんて、勝つ人の話です!ただ傷つくだけなんです!」
大正義赤木「失敗だっていいものさ…!」


あなた、トータルトップだったにも関わらず、天にたった1回トップ取られただけで、へそ曲げて帰ったじゃないですかー
やだー




大正義赤木「ふぐさしがいいな…」
一口だけ食べて

大正義赤木「もういい。一口で十分だろ。あとはお前らで食えや」



やっぱり赤木しげるは赤木しげるだった(適当)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク