争いは同じレベルの者同士でしか(ry

遊戯王は俺が小学生の頃からあるカードゲームだった
昔の環境はマジでカオスだった


俺・相手「決闘(デュエル)!」

相手「俺の先行。ドロー。手札のマグネットウォリアーアルファ、ベータ、ガンマをコストにマグネット・バルキリオンを特殊召喚。バルキリオンでダイレクトアタック。バルキリオンの効果発動。アルファ、ベータ、ガンマを特殊召喚してダイレクトアタック。はい、俺の勝ち」

俺「お、おう…」


それ以来、俺は入念にシャッフルするようになったのでした
めでたしめでたし


初手エクゾよりは確率が高いから…
ま、多少はね?





で、まあ、環境がカオスだったのだ
生贄なしで上級モンスターが召喚できるから青眼の白龍最強伝説だったのだ

俺みたいな貧乏人には勝てないゲームよ
俺の最強のカードはジャッジマン
バンダイ版だったので闇遊戯にはお世話になりました(にっこり)



そしてOCGが流行る
それでもやっぱり生贄ルールはない
青眼の白龍最強伝説

打ち勝つ手段はサンダーボルトくらいよ
でもそんなカードは1枚も持ってなかったのだ

小学生の財力で、エクゾディアを5枚全種類持ってる人なんていたんですかね(困惑)



そしてなんか映画やってた
映画におまけに邪悪な鎖がついてて、それで青眼の白龍3体融合とかできるようになった

映画はみたから、俺も邪悪な鎖を持っていた
なお青眼の白龍





中学入ってからは遊戯王から離れて、別の遊びをやってた

そして高校でまた遊戯王熱が再発
当時の俺は受験生

おい勉強しろよ



マリクのストラクチャーデッキを購入し、それをもとにオシリスの天空竜デッキを作る
当時はまだOCG化されていなかったので、ルールは原作基準

つよい(確信)



相手「はい、サンダーボルトでオシリス破壊」

俺「オシリスは魔法カードの効果を1ターンしか受け付けないから次のターンに復活する(キリッ)」

そんなことをやってた
まあ結局は「ゲームではオシリスをサンダーボルトで破壊したら復活しないから」という理由で復活しないルールにしたが




あと当時はWikiなんてもんがなかったので、いろいろとルールが分からなかった


俺「魔法カード発動」

相手「マジック・ジャマー発動」

俺「あ、じゃあ王家の呪いでカウンター」

相手「マジック・ジャマーには『1枚のカードを破壊』って書いてないから、発動できないぞ」

俺「え?でも常識的に考えてマジック・ジャマーは1枚しかカードを指定できないじゃんか」

相手「でも書いてないし」

俺「うーん、まあいいや」



そんなわけで王家の呪いは封印した
分からないルールができてトラブルが生まれそうになったら、そのカードを自粛することがよくあった

…あ、オシリスは主軸だったので抜きませんでした(にっこり)



とはいってもオシリスの使用は相手も認めてたからね
そういう、滅茶苦茶なあなあな環境だった








そんなこんなで、ルールを本格的に勉強し出したのはつい最近だったりする
フリーター時代からだったかな?


俺「モンスターを表側守備表示で通常召喚」

相手「あ、誤解されやすいルールだけど通常召喚の守備表示は裏側じゃないとできないんだわ」

俺「ファッ?!マジでか!!!」


そんな状態だった
俺のなかの「王立魔法図書館表側守備表示通常召喚最強伝説」が崩れた瞬間であった



その友人はホルアクティを当てて、売って、焼き肉を食ってた
当時の俺に今の財力があったら2万くらいで買ってただろうに

とは言っても当時のホルアクティは7万円なんて今以上にバカげた値段だったから、2万じゃ譲れなかったかもだが(笑)
店頭買い取りだといくらぐらいが相場だったのかね…?





あとこれも最近知ったルールなんだが、罠の落とし穴系でモンスターを破壊したとしても「召喚成功扱い」になるらしい

俺「このモンスターの通常召喚に成功したから、効果を発動するぞ!」

相手「残念、奈落の落とし穴発動ね。召喚に失敗したから、その効果の発動は無効」

俺「くっ…やられた…」


こんな感じだった
それでみんな納得してた




今思えば大富豪とかUNOがローカルルールが強くても、みんなそのルールに納得してたのと同じ現象だったのかもしれない
大富豪のJバックとか初めて見たときは驚愕したわ


あとUNOでも似た感じのことがあった
俺が横浜でUNOをすることになったとき、「UNOはローカルルール強すぎてこっちのルールが分からんからパス」と断ったことがあった

でも強く勧められたので「じゃあUNOの説明書に付いてる、ちゃんとした国際ルールでならやるわ」と折れた
で国際公式ルールでやることになった



相手「ドロー4。青ね」

俺「チャレンジ!」

相手「チャレンジ?」

俺「ドロー4は『場に出せる色のカードがあるときは出せない』ってルール。で、もしも出せる色があるのにドロー4を出したら、ペナルティとしてその人が4枚カードを引かないといけない」

相手「マジかよ…」

俺「俺の番ね。ドロー2を出して俺の上がり。じゃあ周りの人は手札を全部公開して。スコア集計するから」

周り「は?英語を最後に出して和了るのってルール違反だろ。それにスコア集計って何よ?」

俺「これが国際公式ルールだ(キリッ)」



国際ルールは最後のカードが英語でも和了れるルール
そして誰か一人が和了ったらそこでゲームを終了して、カードに応じて点数をつける

0~9はそのままの点数で、英語カードは20点、ドロー4は50点だったか?
それらの点数を出したら、和了れなかった人はその分をマイナス
そのマイナス分だけ、トップ者一人に加算

これを数回繰り返して、一番スコアが高い人が勝ち
これが国際ルールUNO


UNOは周りが和了って残り2人になったらかなり膠着するゲーム
でも国際ルールはそんなことが一切ないからすぐに次のゲームが始まって、先に和了った人も待たなくて済む


俺が初めてUNOをやった時もそんなローカルルールだったけど、高校で公式ルールを広めたらそっちのほうが主流になった
ビリが決まるまでいちいち何十分も待ってられるか




そんなルールのいざこざがあったからか、横浜仲間じゃそれ以来UNOはしなくなった
代わりにポーカーが流行った

最初はハンドポーカーで、最後らへんはテキサスホールデム
たのしかった(小並感)





ポーカーのあとは遊戯王が流行り出したけど、その頃に勤務先が閉店
俺は実家に帰ったのであった



そんなわけで本格的に遊戯王をOCG公式ルールでやり始めたのは、実はTFSPに手を出してからだったりする
エクシーズとシンクロとかは横浜時代にかじって何となく知ってたから、特に問題なかったけど

なおペンデュラム







マインドクラッシュ巻き戻しのルール違反スレスレマナー違反の話を最近知った
ジャッジキルとかの話も

そんなことをしてもつまらんと思うがね



ルール整備をしなくても、子供は自分たちでルールを決めて遊ぶものよ
それはそれで楽しめる

でもルール整備をしたのなら、トラブルの元凶になるカードをそのまま残すのもどうかと思うのよね
俺がUNOでやったみたいなことが起こるぞ

もちろん、ルール整備すること自体はむしろいいことなんだけど…




よし俺もマインドクラッシュを入れるぞ!
オネストさん対策をするぞ!
ジャッジキルするぞ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク