改良という名の改悪

俺の三幻神デッキの弱点を考えてみた
いろいろと心当たりはあるけれど、サイドデッキがないのが最大の弱点(確信)





・アドバンス召喚封じ
神が出せないとどうにもならないこのデッキ
前は神が出せなくても勝てるデッキだったんだけど、「神デッキなのに神が出ないのはおかしい!」となった
前のデッキは進撃するマシュマロンとか、訳分からないコンボで敵を粉砕してたのに

だから改造にともなって、実際は弱体化してると思う
進撃するマシュマロンパーツはサイドデッキにでも入れて置けばよかろう




・マインドクラッシュ
ピーピングと、宣言したカードが相手の手札にあった時それを捨てさせる効果を持ったカード
何がひどいって、三幻神の名前が分かりやすすぎるんだよ(半ギレ)



「黄金の天道虫」
これ、なんて読むか分かる?

「おうごんのてんとうむし!」とか言ったやつ、お前はハズレだ
「え?…じゃあ…こがね…?」、いや、それも違う

これは「ゴールデン・レディバグ」と読む
キラキラネームか


遊戯王にはそんなキラキラネームがついたカードがたくさんある
だから「名前は分かるんだけど、分からない」なんてカードがたくさんある

「二重召喚」と書いて「デュアルサモン」とか、意味不明☆
まるで意味がわからんぞ!



その点、三幻神は凝った名前じゃないからすぐにわかってお得だね(白目)
てか遊戯王をやってて、三幻神を全部知らないのはにわかだろ(懐古厨並みの感想)


俺が小学生の頃、キラキラネームなんて概念は今ほど強くはなかった…

そりゃあ「星」と書いて「ライト」とか、「光宙」と書いて「ピカチュウ」とかはいたが
でも遊戯王はそこまでひどくなかった

どうしてこうなった!
どうしてこうなった!



まあこの対策は死者転生でむしろ有利に働く場合もあるけど
それに1枚くらい三幻神を捨てられてもへーきへーき

相手は侮ってラーの翼神竜を後回しにして、ワンキルの前に沈むだろうし
お前はラーの翼神竜の本当の怖さを知らない


Vジャンプだけでなく、TFSPのスタッフですらラーの翼神竜のデッキを組めなかったのだ
そんなカードを真っ先に警戒するやつはいない






・オネスト
どうして禁止じゃないんだ!(憤怒)
ラーの翼神竜でワンキルをかましたとき、返り討ちにされたら負けるのはこちら
だから手札を持った光属性使いに対してはラーの翼神竜を使えないというジレンマがある
THE FOOLも光属性だから、送り付けても相打ちになってしまう


まあオシリスとラーが場にそろったら、話は違うけど
ラーがモンスター除去をしてオシリスがダイレクトアタックするってコンボが生まれるから
そうなるとオネストは怖くない


でもこのコンボでしか破れないのは痛い
やっぱり進撃するマシュマロンコンボを復活させるしか…




・シモッチバーン
「ライフゲインをしてラーを強化する」のがこのデッキ
つまりシモッチによる副作用は意外な天敵

ただし改良前のデッキは王宮のお触れを3枚積みしてたから、さほど脅威ではなかった
どうして抜いたんですかねえ(困惑)






・貫通モンスター

やめろ!
守備力0のTHE FOOLを攻撃しちゃいけない!






…なんか、弱体化してね?
まあTFSP準拠のデッキだから
リアル環境のデッキじゃないから

もしリアル環境なら真実の名とかギャラクシーサイクロンとか入れてるし
あと軍神ガープも入ってたかも


軍神ガープが場にいると守備表示ができないからラーのワンキルができやすくなる
オシリスの効果で相手のモンスターを完全に封印できる
オベリスクでも攻撃力が高いから基本的に相手にダメージを与えるし、まあ…(目線そらし)





それと「神を出してないのに勝ててしまう」ことに嫌気がさしてしまったのだ

リアルだったら「へへっ、ぐへへへへへへ…」と気色悪く笑ったあと、「まったく誤算だったよ。きしゃまごときに神を拝ませることになるなんてね」と闇マリクごっこができるのに
TFSPだとそれができないのだ

相手は進撃するマシュマロンの前になす術なくひれ伏してしまうのだ





本気でする場合は前のやつに戻すかな
オネストも2枚積みしてたから、すごい安定するし

オネストがいない光属性のデッキなんて、福神漬けの付いてないカレー同然
ペンギンがそう言ってた

真崎杏子16歳





普通のデッキは「相手に対策するためにサイドデッキを投入する」
しかし俺の場合は「遊びで最初はやって、負けたときに次にガチでやるため」で組む
気分は第二形態の魔王

遊戯王なんて遊びよ遊び(適当)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク