インチキデュエルもいい加減にしろ!

相手「先攻。モンスターをセット。ターンエンド」

俺「黄金の天道虫で500ライフゲイン。モンスター(マシュマロン:戦闘破壊されない)をセット。ターンエンド」

相手「モンスターをセット。ターンエンド」

俺「黄金の天道虫で500ライフゲイン。モンスター(オネスト:DEF1900)をセット。ターンエンド」

相手「モンスターをセット。ターンエンド」

俺(なんや?こっちの出かたを待ってるんか?ならここは次のターンにラーの使徒を反転召喚してラーの翼神竜でワンキルしよう)
俺「黄金の天道虫で500ライフゲイン。モンスター(ラーの使徒:DEF600)をセット。ターンエンド」

相手「攻撃力1100のモンスターを攻撃表示で召喚!今さっき伏せたモンスターを攻撃!」

俺「ファッ?!ラーの使徒を伏せた瞬間に、的確にラーの使徒へ攻撃しかけるやと?!」

相手「そのままターンエンド(にっこり)」



あのー…
これ、やっぱりこっちの伏せカード&手札が全部コンピに筒抜けになってるとしか思えないんですが、どう思います?
遊戯王ベテランのみなさん(困惑)



まさかとは思うけど、黄金の天道虫の効果で「自分の手札を全部公開する」なんて処理を施してないよな?
バグで
コンピの黄金の天道虫は正常で、黄金の天道虫しか公開してなかったけど

まさか…な…




あ、ちなみにデッキ圧縮ギミックを大量に積み込んだ結果、次にTHE FOOLをドローして、ラーの翼神竜ワンキルを無事決められました(にっこり)



封印の黄金櫃×3、コーリング・ノヴァ×3、ラーの使徒×3、テラ・フォーミング×2、強欲で謙虚な壺×2とデッキ圧縮要員が大量に入っとるで!
しかもデッキを40枚にした!
デッキの半分近くがデッキ圧縮や!

エクゾディアデッキかな(すっとぼけ)



魔法カード大量に投入した弊害として、下級モンスターの数がかなり減った
でもデッキはちゃんと回ってるから別にええわ(にっこり)



L、知っているか?
下級モンスターの総数が15枚で初手に2枚三幻神が来ても、俺のデッキはちゃんと回る

初手にラーの翼神竜とドジリスが来たのはご愛敬





何度も書いてるけど、また三幻神記事
書いたかどうか分からないけど、三幻神の長所と短所について


どうでもいい?
知ってる(にっこり)






【オベリスクの巨神兵】

長所:
三幻神のなかで唯一固定ステータスを持っている
攻守ともに4000と、その値も遊戯王OCGカードでも上位クラス
「三幻神ライン」「神のカードライン」の大元

サポートがない素の状態でも効果の対象にならない耐性を持っており、場持ちが非常にいい
他の三幻神と違って状態を整えることを考えずに出せる
そして「出せば勝つ」、そんなこともぶっちゃけ珍しくない


戦闘を行いたくない相手にも一応効果で除去が可能
ダメージ計算時に相手を破壊するモンスターとか、攻撃力を0にするモンスターとか

発動コストが場のモンスター2体リリースとやや重い
しかしオベリスクの巨神兵の前で攻撃表示をさらすのは自殺行為だから普通はしない
デッキ構成にもよるだろうけど、効果の発動自体はそう難しくない

攻守が効果に拠らないため、三幻神で唯一ソウルドレインに強い
モンスター効果を使わず攻守4000をキープできるのは大きい
特殊召喚をした場合も墓地に送られることなく、場を圧倒できる



短所:
シナジーのあるカードがない
ほとんどない
「効果の対象にならない」耐性のため、装備カードですら無理
効果によって攻撃力4000を超えたモンスターが相手フィールドにいる場合、壁にすらならない


モンスターをリリースして相手のモンスターカードをすべて破壊する効果も、発動したターンに攻撃できない点に地味に痛い
他の三幻神、オシリスもラーも効果破壊したターンでも普通に攻撃できるから
ちょっと足が遅い


高い固定ステータスで攻撃するだけの、単調なカードになりやすい
それでいて強制転移などでコントロールを奪われたら、逆にこっちがピンチになる








【オシリスの天空竜】

長所:
まず特筆すべきは召雷弾
相手が攻撃力2000以下のモンスターを攻撃表示で召喚に成功した時、強制的に破壊する
召喚成功時の効果は使えなくもないが、それ系統の効果をほぼ封殺する

もちろん「表側攻撃表示で特殊召喚するorできる」といったリビングデッドの呼び声やリクルーター系にも強い
攻撃力2000以上のモンスターを出されたとしても攻撃力を2000を下げるため、この効果は無駄にならない

この効果のおかげで鬼畜モグラことN・グラン・モールに強い
今の環境で入れてる人はそういないと思うが…


オベリスクと違って対象をとれるため、シナジーがあるカードが豊富
安全地帯とか装備カードとか
たしかにオベリスクは単体で強力なカードだが、こいつは対象をとることでオベリスク以上の強さを発揮するタイプ
遊戯王のテーマ「結束の力」にぴったりなカード


また、攻撃力が手札の枚数によって決まる点も大きい
コントロールを奪われても、相手の手札の枚数が3枚なかったらそこまで脅威的ではない
それでいて手札が6枚になり攻撃力6000に達すると、こいつだけで十分フィニッシャーになる




短所:
対象にとれること
強制脱出装置1枚で死ねる
これは長所であり短所でもある

召喚するのに手札を大量に消費する必要がある場合、「出せるけど出せない」なんて状況になることも多い
召喚条件がそろっても2ターンほど召喚を猶予することがたまにある
オベリスクと違ってとにかく出せばいいってカードではない







【ラーの翼神竜】

長所:
召喚時にゴリラ語を唱えられる

短所:
ししゃしょしぇい!←ぢぇきにぁい
ライフちゅっちゅギガント























…嘘です
ちゃんと書きます



【ラーの翼神竜】

長所:
条件を満たせば高火力と化す
召喚を無効にできず、攻撃力1万弱のその姿はまさに「神」
たまに2万超えもある

無傷の状態ならライフを100ゲインして相手にダイレクトアタックするだけで勝てる
出したターンに大抵デュエルに勝利する、ワンキルの権化



ライフを1000払うことで対象モンスターを破壊する効果
ネットでは「攻撃力を上げる効果とかみ合わない」なんて批判されるが、これも実はかなり優秀

他の三幻神の破壊効果はかなり限られている
オベリスクはフィールド上の自分モンスター2体リリースとコストが重く、発動ターンに攻撃ができない
オシリスの天空竜も相手が攻撃表示で召喚することをそもそもためらうため、カード効果で攻撃表示の召喚を強制した時以外はその効果を発揮する機会が少ない

しかしラーの翼神竜は違う
ライフを1000払うだけで、毎ターンモンスターを除去できる
しかも1ターン中に何度でも効果を発動できる

高火力を備えた、お手軽なモンスター除去効果
はっきり言って反則に近い


そして「特殊召喚ができない」
これも地味に大きい

もし特殊召喚ができるなら、相手に特殊召喚されてしまったら非常に面倒
モンスター1体につき、ライフ1000払うだけでこっちのモンスターが全滅する
相手フィールドにエースカードがいた場合、そのままフィニッシュされる危険性もある

原作では「ヒエラティックテキストが読めないと扱えない」なんて設定があったから奪われる危険性がなかったけど、OCGではそんな効果は一般的ではない
「元々のカードの持ち主のみ特殊召喚できる」ってカード、多分ないよね?
まあラーの翼神竜専用で作ってもよかったと思うけど(笑)


こいつの最大の持ち味、それはライフが相手より100上回ってる状態で召喚に成功したらそのまま勝てる可能性がある点
神縛りの塚などでサポートできればなお盤石
バーン効果でワンキルの後押しができる
仮にそのターンに決着がつかなかった場合でも、戦闘破壊はまず考えられない


そしてただのワンキル野郎ではない
既に場にオベリスクやオシリスがいる場合、モンスター除去要員として大活躍してくれる

オベリスクのダイレクト4000でもライフをごっそり削れる
相手フィールドにレベル10以上のモンスターがいる場合、神縛りの塚は使えないからオベリスクの耐性が頼もしく思える

一方でオシリスは召雷弾で攻撃力0のラーをカバーする
「攻撃表示で召喚されたモンスター以外は除去できない」オシリスの欠点を、ラーが見事に補ってくれる
裏守備なら効果破壊耐性も、戦闘破壊耐性も、対象にならない耐性も、効果を受けない耐性も、すべてが無駄

そんな風に、他の三幻神のサポートとして使える
さすが三幻神最高神のカード!

はっきり言って「3体の三幻神をそろえてホルアクティを特殊召喚」より、「ラーの翼神竜と他の三幻神を計2体場にそろえて殴り倒す」だけで十分



短所:

デッキの構築が専用構築になる
ちゃんと戦える三幻神デッキを組むとしたら、ラーの翼神竜中心で考える必要があるほど
「三幻神を何も考えずにとりあえず入れただけのお遊びファンデッキ」なら、別にいいだろうが

通常召喚特化で出すなら、まずライフゲインは必須
そうじゃないとちょっとダメージをくらっただけで紙カードになる
しかしビートダウンデッキでライフゲイン構成が必須なのはカードアドバンテージの面で劣ることも多い
デッキ構成能力が必須

特殊召喚前提のラーデッキを組むなら、デッキの構成も球体形や不死鳥で限られてくる
それでも球体形頼りになるため、事故の危険性が高い
ここでもデッキ構築スキルが求められる

つまりラーの翼神竜は「素人にはお薦め出来ない」


そして通常召喚ラーと特殊召喚ラーを両立したら、三幻神デッキはまず無理
100%とまではいかないが、多分9割は事故る
そして事故った場合のリカバリーは絶望的

手札

ラーの翼神竜
オシリスの天空竜
オベリスクの巨神兵
ラーの翼神竜-球体形-
ラーの翼神竜-不死鳥-

だーだーだだだーだだだだだ


あとはコントロール奪取
奪われたら高火力のこいつが相手に渡る
しかもライフコストのモンスター除去効果付き
フランツと同じ運命をたどることになる(確信)

言え!
どうしてバトルシティ後にヒエラティックテキストを現代語にエラッタした!
※俺の推測


あとはバーンに致命的
自業自得やご隠居の猛毒薬1枚で死ねる

しかも強制脱出装置で手札に戻る程度じゃない
本当に死ぬ

相手の伏せカードを除去するか、相手のカードにバーン効果がないかを読む状況判断能力が問われる
もちろんバーンデッキ相手にはおいそれと召喚できない
できなくもないが、まあ自殺行為になることも多いだろう


そうそう、それと一度効果を無効にされたら攻撃力0になる点も非常に痛い
神縛りの塚などで対象にならない耐性をつければ9割方大丈夫だが、スキルドレインや禁じられた聖典には要注意






以上、三幻神デッキを組んだ俺の感想
あくまで三幻神デッキでの視点が主だが

「オベリスクの巨神兵は単体で強いから、普通のデッキのサイドに入れても活躍できる」
「オシリスの天空竜は専用デッキを組むと楽しい」
「ラーの翼神竜は…ヲー(笑)」



そんな風に書くこともできたけど、まあ書くと切りがないので
そもそも三幻神デッキを組む人間なんてネタ以外にいない

つまり誰の参考にもならないだろう記事であったとさ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク