意味のない意味

禅問答の意味分からなすぎワラタwwwwwwwwwwからの引用↓

--------------------------
智蔵、懐海、普願の弟子3人が、師匠の馬祖と一緒にお月見をしていた。

そこで馬祖が弟子に問う。

馬祖「こういう月のきれいな夜は、何をしたらいいのかな」

智蔵「供養をするのにいいっすね」

懐海「修行するのがいいんじゃないっすかね」

普願「…」

普願は袖を払ってどっかに行ってしまった。

馬祖は言う。

馬祖「智蔵はお経が得意で、懐海は禅に向いてるね。
    しっかし普願、あいつは才能ハンパねえな」




普願アスペwwwwwwwwwwwwwwwww
--------------------------

以上、引用終わり
おしまい





最終回じゃないぞよ
もうちっとだけ続くんじゃ

蒼夜先生の次回作にご期待ください!







…どうでもいい前置きを置いといて、これを読んで俺が感じたこと
普願は禅僧としては一流だけど世俗で生きたらアスペだなあ、である



ええと、どこから解説したらいいものか

まず、仏教って瞑想するじゃん?
瞑想って心を無にするために行うじゃん?



師匠と弟子たちは口で「あれをしたい」「これをしたい」と駄弁ってるだけなんだよ
供養だとか禅だとか内容は高尚だけど、それだけじゃ煩悩の塊のようなもの
満月の美しさに心奪われて、つい欲が出てしまった


でも普願は違った
「あ、あれをしよう」と思ったのですぐに実行しようと席を立った

てかそう思ってたかも怪しい
禅を組まずとも無の境地にいる

もしくは普願は欲にまみれた場からすぐに離れたかったのかもしれない
そんなわけで軽く袖を振っただけで、その場を後にした


だから馬祖は「パネェw」と評価した
多分この話はそういうこと

真相は知らん(丸投げ)







この話が美談?として成立するのは世俗を離れた社会での、修行僧の日常話だからこそ
普通の人間社会でやったらそりゃアスペよ

「綺麗な満月で心和んでたのに、あいつのせいで全部台無しだ!」と声を荒げてもおかしくない



まあ、だから、人間社会で生きる上では普願の真似はしないほうがいい

てかそもそも「真似をする」なんて行動をする以上、それは解脱から遠いわけだが
解脱を目指すなら普願と同じく、「無の境地に在る」状態であるべき

スピブログでよく言う「DoよりもBe」である
Don't think!FEEL!である



普願は感じた
それ以外の人は考えた

だから馬祖は普願に感心したのだ




もしこのあと普願が数分後帰ってきて、「あ、ちょっと野ションしてたっすwめんごめんごwあ、何したいかって話っすよね?俺は月見酒したいっすwじゃじゃーん、ビール瓶持って来やした!!!」とか言い出したら、多分師匠キレてる
エルボーかましてる

馬祖が助走つけてエルボーかますレベル
普願は死ぬ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク