お金があったら何をする?

最近したいことがないので、「したいことがない」みたいなワードで検索してる
そしたら大抵ヒットするのは情報商材系

「したいことがないなんて、そんなはずないでしょう!目標を持ちましょう!」
「想像してみてください。お金持ちなあなたを」
「金に女、なんでも思い通り!働かなくても遊ぶだけのバラ色の人生!」
「素晴らしいとは思いませんか?!」

俺「いや別に」

「素晴らしいと思わない人はいないでしょう。もしいたら、その人は諦めてください(苦笑)」


諦めるしかないのか
そうかそうか





「お金が欲しい」と思う人はたくさんいるだろう
むしろいらないと思う人はいないだろう
思想的な意味で「お金の概念がないほうが人間の社会は発達する!」って意見はおいといて


でもお金が欲しいって人に「どうしてお金が欲しいのか?」を聞いても、漠然とした答えしか返ってこない

「仕事をしなくて済むから」
「お金があれば何でもできるから」
「とりあえず安心できるから」

そんな答えばかり


でもそういうことも、別にお金がなくてもできることが多いのよ

どっかで農業すればお金がなくても食べていけるだけの自給自足の生活ができる
実際すべてを捨てて無人島で過ごしてる人もいるし

お金がなくても楽しいことはたくさんある
今すぐ電車に乗って海に行って泳ぐとか

「お金があれば安心」って考えも、明確な安心できる最低ラインが決まってないと意味がない
「もっと、もっと」と餓鬼みたいに貪欲になっていつまでもお金に執着してしまう



結局、お金は何の解決にもならない
もちろんお金で解決できることもあるだろう
でもそんなのはほんの一握り


「お金があれば病院で病気が治るから長生きできる」ってのも、一つの妄想
病院で治らない病気なんてゴマンとある

強い薬でごまかすのがやっとって人も多いだろう
それは治療ではなく、薬で症状をごまかしてるだけ
それが死ぬまで続くなら、俺はさっさと死にたい人間



お金がいくらあっても不老不死になれない
死ぬのが嫌でも、いつかは死なないといけない
生まれた以上、それは必然

でもお金だとそんな不安も解決してくれると信じ込んでしまってる
それが人間


お金があると、今度は「お金じゃ解決できない問題」に頭を悩ませるだけ
人が抱える問題のほとんどは人の手では解決できない

お金を使って作用できるのはあくまで人の手によるものだけ
人の手で不可能なものは、いくらお金を積んでもできないのだよ
お金は魔法の紙じゃない




お金がない時代、人は神にすがって生きてきた
でも今は神ではなく諭吉さんという「紙」にすがってる

それだけの話
人間は古代から現代まで、本質は何も変わらない






そんな俺だけど、「お金がなくなったら、今の仕事を辞めるのかな?」と考えてみた
もともとスキルアップのために入った仕事だから、たとえ宝くじで5億当たってもやめることはないだろう

でもスキルが磨かれたら辞めるだろう
そんな結論に至った



それも最近では、今の職場でスキルアップするのは難しいと思うようになってきた
勤務中にいろいろと制作するゲームのアイデアが浮かぶのはいい傾向だけど

なおアイデアが浮かんでも実行には移れないもよう
技術が足りない
その技術も、今の職場では磨けない
違う分野の仕事になる




イラストの技術も磨きたい
そのためにはブログを利用するのが手っ取り早い

タルパブログでは、特にイラストを載せる傾向にあるから
俺のスキルアップの方面とマッチしてる


そうなると近々今の仕事を辞めて、ブログで食べられるように整備していくのも悪くないかもしれない
もちろんこれ一本で食べるのは無理があるだろうが(笑)






したいことが何もなかったので、昨日今日と瞑想をしていた
そしたら「充実した人生になりそうだな」と思うことがたくさん見つかった


まず超絶ホワイトな会社を立ち上げる
俺も労働基準法はまだまだ勉強不足だけど、従業員に指摘されたらすぐに改善できるような会社

仕事が早く終わると報われない今の日本の企業と違って、早く仕事が終われば定時より早く帰れる
そんな会社



そうやってお金がたまったら、ホームレスや老人のような社会的に弱者と言われる人たちの生活を支援したい
ホームレスの場合は雇って社宅に住まわせるのもいいだろう



労働意欲がある老人でも雇ってもいいけど、俺が一番問題視してるのは住宅関係
日本は老人は家が借りづらくなる傾向にある

孤独死の問題があるから
誰も好き望んで心理的瑕疵物件を増やして、建物の価値を減らしたくないからね


だから俺はそんな老人たちのために住宅を用意したい
老人ホームとはまた違う形で

そして管理人を数人雇って、定期的に老人たちの相手をして欲しい
これなら孤独死しても腐乱する前に見つかるだろうし(笑)




あとは…まあ、海外の孤児とかアフリカの支援かね
アフリカの人たちと一緒に、汗水垂らして畑を耕したりしたいもんだ

でもアフリカは監視の目がなくなると、畑に埋めた種を掘り返してその場で食べてしまうんだよなあ…(遠い目)
学校の方がまだいいのだろうか?

それでも焼き畑農業の問題がなくなるわけでもないが
「やってはいけない」と分かりつつも、そうしないと生きていけない人たちがこの世界にはいる


まあそういう問題はのちのち考えよう
起業したあとに何かアイディアが浮かぶこともあろうだろう(丸投げ)





それでも時間が余ったら紛争が続いてる国に便乗して建国する
未だに多くの民族同士が血で血を洗う戦争をしていて、何も解決できそうにないから俺が終わらせる

そして僕は新世界の神となる(本音)
今のうちに俺の伝記、もとい神話を書かなくちゃ(使命感)


とりあえず、自分のマッスルで最上川をせき止めて下流の村を守ったことから物語が始まることにしよう(提案)







それはそうと、今日素晴らしくいいことがあった
Vivaldiに、ついに「メモの挿入機能」が追加されていることに気づいたのだ!

長かった…!
本当に長かった…!



これでいつでもVivaldiをメインブラウザにできるな!
10年近くメインであり続けたOperaもサブになったか

下剋上だ



まあ俺が使ってるのはOpera12なんですけどね(にやり)
ずっと難民が続いてたけど、ようやく解放されそうだ



こういう望みは金じゃ解決できないよね
まあその気になれば「100万円アゲマース!今すぐにメモ挿入機能つけてクダサーイ!」って要望をつけられるかもしれないが
しかし人はそれを「傲慢」と呼ぶ



何でも金で解決できるわけじゃない
そしてできたとしてもやっていいことと悪いことがある

超えちゃいけないライン考えろよ

コメントの投稿

非公開コメント

イラストォォォォ!!(゚∀゚)
磨かれまくって物凄い光沢が出ている蒼夜さんのイラストが見られる可能性が…!?

>>デザイアさん
多分ルーヴル美術館でモナリザの隣に飾られるくらいにはなるんじゃないでしょうか(´・ω・`)
プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク