アセンションとは何か

スピブログでよく見かける「アセンション」なるワード
それについて思ったこと





10年くらい前から「もうすぐ来る!もうすぐ来る!」って言われてるアセンション
しかし10年経ってもまだ「もうすぐ来る!もうすぐ来る!」と言われ続けてる

もうすぐっていつだよ(哲学)
今でしょ!(死語)


で、まあそんないかがわしいワードのアセンション
結局何なのよ?




アセンションとは「次元上昇」を意味する言葉らしい
これが来ると世界中平和になるらしい
しかももしかすると日本から始まるらしい

すごい(小並感)




で、まあ自称サトラーの俺が思ったことを書く

アセンションは既に始まっているし、まだ始まっていない
そして永遠に始まることもない

そんな概念





ここで問題です
虹は何色でしょう?

普通の人は「7色!」というだろう
俺みたいにひねくれて博識ぶった人は「国によってその回答は異なります(眼鏡クイッ)」と答えるだろう



でも実際の虹を観てみなされ
3色とも言えるし、7色とも言える
「7色もないだろ、これ…」って感想を抱く人もいるだろう

それでいいのだ
人によって答えは違う



でも我々は小さい頃から「虹は7色」だと教えられてくる
だから虹を観る前に7色だと決めつけてしまっている
目でなく頭で見てしまうんだね

だけど本物の虹を見た時、「虹は7色だ!」と考える人はいないだろう
思考が停止して、その美しさに目を奪われるだろう




アセンションもそんな感じ
頭で考えるようなもんじゃない

そして人によって答えが違う
偉い人が「この現象がアセンションなのです!」と主張したとして、それに従う必要はない

「偉い人が言ってるから」って理由だけで判断するのであれば、その人にアセンションが起こることは永遠にない
頭で考えてるから





ちなみに日本人が虹を7色だと思う理由
それは「ニュートンがそう言ってた!」だったりする
しかもその由来をほとんどの人が知らない



外国の偉い人が言ってたことを鵜呑みにして、自分で実際に見たり考えたりしない
それでも日本の偉い学者が「虹は7色!」と主張する
そして一般人も「偉い学者さんが7色って言ってるから7色!」と信じ込む

それでいて「虹は7色じゃないって思うとかバカじゃないの?虹は7色だろ。お前はもの知らずな上に目も腐ってるんだなー」と、正誤を決めつける
「間違った」答えを決して受け付けようとしない
論拠は「偉い人が言ってたから」の1点のみ

何ともはや、頭でっかちな日本人らしいではないか






先日、姪と遊んだ時のこと
けんだまで魚釣りごっこをして遊んだのだ

姪に「なんのお魚がほしい?」と聞かれたので、俺は「いるか」と答えた
そしたら「いるかはおさかなじゃないよー」と笑われた


シールブックにシールを貼って遊んだ
俺は電車を湖に浮かべて遊んでた(マジキチ)
そしたら姪はそれをはがして、別のページにある線路の上に電車を貼り直した





どうやら人間は3歳にして、既に物事のカテゴライズ作業が始まるらしい
「○○は魚の仲間だ」とか「電車は水の上を走らない」とか


そうやって世界には正解と間違いがあると「分かり始める」
そしてそれが「正しいこと」だと、世界に迎合される

悲しいなぁ(諸行無常)







さて、話を戻してアセンション
俺は既にアセンションを体感している
そしてそれは当たり前の出来事過ぎて、周りの人は気づかない


つい昨日も体感した
飯を食べてるときに

昨日の飯は卵かけご飯だけだった
おかわりして、次に梅干しご飯にした
1日に2つの味を楽しむなんて、すごい贅沢だな!




そして食べながら「戦場で落ち着いてご飯を食べられないこともあった。そもそも飯がなくて、木の皮で飢えをしのぐこともあった」なんて考えが頭をよぎった

戦争もなく、心休まる場所で飯も食べられる
雨漏り一つない家で、柔らかくて暖かい布団に包まれて寝る

これ以上の幸せはあるまい




「日本は戦争がない」
「自国の人以外にも、人間以外の生物にも、慈愛の心が生まれた」

これが俺にとってのアセンション



人間の歴史は常に戦争と共にあった
日本も江戸時代までは内乱に次ぐ内乱が相次いでいた
江戸時代は江戸時代で一揆があったし

そして黒船来襲
日本は列強の仲間入りをすべく、戦争に参加
つい70年くらい前まで戦争をしていた




そして平成になって訪れた平和
これがアセンションじゃなくて何とする?



そもそも「平和」なんて概念ができたのも最近
それまでは「敵はぶち殺せ!」が当たり前

日本の室町時代とか、本当にすごかったぞ
実際に見たわけではないけど


日本人のモラルが向上してきたのは生類憐みの令が出来てからなんて話は結構有名
まあできた当初も「こんな法律守るかよwww見せしめに適当に犬殺そうぜwww」って出来事が後を絶たなかったんだがね(遠い目)



現代もなぜか生類憐みの令の評価は低い
「綱吉が跡継ぎの願掛けのためなんて、非合理な理由で始めた」とか教えたり

綱吉に跡継ぎのためにアドバイスしたとされる僧侶はその時江戸にいないのに
アドバイスのしようがない

しかも綱吉本人は当時の資料で「日本人のモラル向上のため」と目的をはっきりさせている
罰則が厳しいとか言われるけど、実際の摘発者はほとんどいない

保護の対象ももとは生まれた直後に捨てられた赤ちゃん
犬とか他の生物はついで

生類憐みの令成立後、ようやく「人殺しは悪」になった



「日本は昔から平和主義だった」ってのは嘘っぱちよ
もともと血の気が多い戦闘民族



俺自身も根は戦闘民族だから、いざ戦争になったらカタナで敵兵をぶちころがしまくると思います(にっこり)
別に平和主義じゃないし

まあ裸眼視力0.01前後の最強度近視だから、徴兵されることはないんだろうがね(遠い目)





最近は昔は聞きなれなかった「ベジタリアン」なるものも出現した
これも食べ物に余裕ができたから

昔は食べ物の選り好みなんてできんかったぞ
その日食べるものでやっとだから


慈愛の心や豊かな生活
俺はそれで十分「アセンション」だと思うがね





でも昔、グリーンピースがとある船からクジラの肉を押収した出来事があった
今から5年くらい前
しかしその肉が本当にクジラの肉か見ただけじゃ分からない


そこでグリーンピースが採った完全無欠な作戦
実際に肉を食べよう(提案)

そしてテレビのインタビュアーに「美味しかったですか?」と聞かれる
彼は満面の笑みで「美味しかったです」と答えた



世間では笑い話で終わった
でも俺はすごいきな臭さを覚えた


周りの人に「グリーンピースがクジラ食べて、クジラかどうかを判断するのはおかしい」と言った
でも返ってくるのは「食べないと分からないでしょ?」だった






今あなたの前にある生物の肉があります
それを食べて、何の肉かを判断してもらいます


さあ、ここで問題です
その肉は人肉でしたか?




分かる人はいないだろう
分かるのはElonaの変異者くらい
「うまい!これはあなたの好きな人肉だ!」


なぜ分からないのか?
そりゃそうよ、人の肉なんて普通食べないもの

もし食べたことがある人がいても、味で「これは人肉だ!」と分かる人はそういない
常日頃食べないから、味を覚えようがないから




でもグリーンピースの人は肉を食べて、それがクジラだと分かる
こりゃもう「グリーンピースは日常的にクジラの肉を食べている」ってことでしかない

味が分からないならDNA鑑定でクジラかどうかすぐに分かるだろ
わざわざ食べる理由にならない





クジラが可哀想だから捕るな
これは分かる

可哀想だからたとえ乱暴な手段でも妨害する
これもまあまだ分かる


でもさ、「俺たちは日常的にクジラを食べている。だがお前たちが食べるのは許せないから暴力的な手段を用いても妨害する!」は違うと思うんだ

俺がグリーンピースを嫌いな理由はここ
勝手すぎる



大層素晴らしい理想を掲げてても、それを周りに押し付けるだけで自分は守らない
その理想も俺ルールでしかない

そういう出来事はアセンションの弊害とも言えるよね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク