また作ろう

飯が足りず、小腹が空いた
作ったツナマヨをパンに挟んで食べた
ぐううまい
しかも量も大量

これはいい
素晴らしい
また作ろう
そう思ったのだ



しかし、クルトン用のパンが残るかが心配
このまま食べきってしまいそう
どないしよ?





書きたいことは全部書き終えた
でも記事としては短すぎる
ここはTwitterではないのだ

何か書かなくちゃ(使命感)




【悲報】若者の「免疫力低下」がヤバい。感染症増加で20代でも風邪から肺炎に

マスクはあまり病気の予防にはならんぞ
なぜなら菌の感染経路は口と鼻以外もあるから

例えば目
手に菌が付着した状態で目をこすったら、そこから菌が感染することもある
マスクだけでは予防としては頼りない


風邪の予防をするのなら、やっぱり規則正しい生活が一番だろう
早寝早起き、十分な睡眠
そして栄養バランスがとれた食事

「マスクをつけてたら健康になる」なんて話、聞いたことがない
もちろん論文も読んだことがない


まあ大半のマスク族は健康のために付けてるわけではないだろうけど
すっぴん隠しとか剃ってないヒゲを隠すとか
対人恐怖症とか視線恐怖症とか
ただの防寒とか

まあ、いろいろあるだろうし
俺自身は毎日マスクを付けてる人に対して、それがいいとか悪いとかは一切思わない






実際のところ侍とか武士ってどんな話し方してたん?

そらもうバリバリの方言だったと思うぞ
明治時代に「標準語」なんて言葉ができたのは、薩摩武士と幕府の人間が言葉の違いがありすぎてなかなか意思疎通できなかったのが原因だし

でも標準語を作ったのが薩摩と長州だったから、「~です」「~ます」を標準語にするなど、妙な点もあった
確かこれらはもともと遊郭の言葉だったはず


大東亜戦争物の映画で、沖縄県民が方言でしゃべった時に「こいつ!方言を使ったな!」と軍人が怒るシーンを見た覚えがある
でも実際、そこまでひどくなかったと思う
てかああいう映画は大抵左翼のイデオロギーが満載だから、史実として見にくいって点があるけど
あくまで一つの作品として見るべきだな、うん




「日本刀は3人も人を斬ったら脂で切れなくなる」って話も、司馬遼太郎の小説が元
実際は脂で切れなくなるなんてことはありえない

「じゃあ何人切っても切れ味は落ちなかったの?」っていうと、そうでもない
さすがに骨や鎧に刃が当たれば刃こぼれするから
場合によっては3人はおろか1人で使い物にならなくなることもあっただろう


でも「切り」ではなくて「突き」を主に戦ってたら、そんな簡単に刃こぼれはしなかったはず
それこそ10人は殺せたはず
そんなもんよ


ただ、日本刀はあまり主戦力ではなかったが
槍とか銃の方が強いし

日本刀は首級のために用いることが多かったって話を聞いたことがある
死んだ敵兵の首を斬り落として、それを手柄の証拠にするんだな
朝鮮出兵では首が持ち運べなかったから耳だったけど

日本刀は武勲の証明の際に用いる武器だったからこそ、武士の魂って言われる扱いになったんじゃないかね









もう書くことがない
そして寒い

布団にもぐって寝る準備をしよう
そうだ、それがいい

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク