冬眠

今日はそれなりにいい天気だったので、外に行こうと思った
時間は午後1時
寒い

一度布団から出たものの、寒くてまた布団にもぐった
暖かい
あまりの心地よさにコロナは寝た


眠くはないが、寒くて布団から出られん
3時になったら本気出す


特にすることもないので、布団のなかで瞑想
気が付いたら寝てた

目が覚めたのが4時
明日になったら本気出す





今日の天気予報は晴れに改ざんされてた
雪は降らなかった

明日は雪らしい
そうかそうか

ちなみに晴れだった明後日は雨らしい
そうかそうか




いつ洗濯しようか迷う
明日か明後日辺りに洗濯しようと思っていたが、月曜日が雨じゃな

明後日洗濯してみるか
そして火曜日が雨になるんですね、わかります




今日の気温は今年一番の冷え込みっぽい
ここ最近で最低気温も最高気温も一番低い

どうしていろいろしたい休日に限って、何もできないんですかね(困惑)
まあ、今週は特に予定がないから何もしなくても別に問題ないんですが(にやり)



でも暖かかったら包丁研いだり掃除したり、いろいろしたいんだよな
それらが全部できない
暖かい春になったら本気出す

残寒で一番冷え込む春は春なんかじゃない
クズだ






界面活性剤の話をする(唐突)
界面活性剤といえば、あれだ
洗剤とかに入ってるやつだ
油が溶けるから、食器洗いによく使われるやつ


でだ、この界面活性剤についていろいろ世間で誤解があるようなのだ
いわく、「洗剤には界面活性剤が入ってるから、化学的ではない天然素材の石鹸を使おう」みたいな

誠に遺憾ながら、天然素材の石鹸にも界面活性剤が入ってる
界面活性剤うんたらが洗剤を使わない理由なら、石鹸も使うべきではないんだな


そして界面活性剤だが、実は米の研ぎ汁にも入ってる
だから米の研ぎ汁に油で汚れた食器を入れると、綺麗に落ちる
おばあちゃんの知恵袋



このように、「界面活性剤=悪」と考えるべきでは本来ない
乱暴な言い方をすれば、油が溶ければそれは界面活性剤よ

原材料のところに酸化防止剤って書かれてる食べ物が害悪のように思える
でも酸化防止剤がただのビタミンCだったとかはよくある話
そして自然界にはトリカブトのような人体に害悪な物質も多く存在する以上、「自然派=安全」もただの思い込みでしかない


俺が思うに、洗剤がダメとか石鹸がいいとか、そういう話ではないと思う
同じ界面活性剤でも、食器用洗剤と米の研ぎ汁とでは飲むことへの忌避感は全然違うだろうに


そもそも海外じゃ洗剤は洗い流さないものらしいし





~ヨーロッパ圏での洗い物の仕方!~

1.桶にお湯を張ります
2.食器用洗剤を入れます
3.食器を入れます
4.ブラシでこすります
5.水で洗い流さず(←ここ重要)、そのまま食器立てに立てかけます
6.乾燥するまで放置して終わり



ヨーロッパの人たちは洗剤には消毒作用があると信じてるから、「洗剤が残っていれば体内に洗剤が入って、体のなかもクリーンさ!ハハッ」と思ってる
真剣に、そう思ってる

洗剤でも飲んでろ



もちろん、海外の洗剤が特別体に害がない成分で出来てるとかはない
日本とまったく同じ、化学合成で作られた合成洗剤
だからメーカーはちゃんとすすぐように喚起してるんだが、それでも向こうでは洗剤を洗い流さない


外国人と結婚する人は覚悟していた方がいいというお話なのでしたとさ
終わり

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク