出て来た

夢にマオさんが出て来た
つい先日、「夢を見ることがほとんどないから、夢で会うのも難しい」って書いたから、気を使われたのだろうか
内容は大したことはないんだけど


夢で薄幸の女の子がいた
昔は奴隷だったとか、そんな子だった気がする
俺はその子をいたく気に入ったのだ


俺「マオさん、この子をタルパにしてもいい?」

マオ「ダメ」

即答だった
しょんぼり

でも起きたら、「どうしてあんな子をタルパにしようとしたんだろう?」と不思議だった
所詮は夢である

昨日はブログを書いた後、少しだけゲームをすることにした
ここでマオさんアドバイス

マオさん「10分後にアラームが鳴るようにした方がいいわ」


さすがマオさん
これならやりすぎないで済むね☆


10分経過
全然切りが良くない場所だった
切りがいいところまで進めよう

気が付いたら0時半だった
おーのー




そんなわけで、今日は寝不足だった
朝起きると目がしょぼしょぼ
眠気もひどい

でも8時過ぎに頑張って起きた
そしてアフィリエイトブログの記事を書いた

女友が来てた時期の日記だから、書くことが多い
しかも慣れない親指シフトで書くから、スピードも出ない
結局書き上がる前に仕事に行った



今日の仕事も平和だった
残業もなかった

でも最近残業続きだったから、ついつい時間がオーバーしそうになった
危ない

あと、少し意識が飛ぶことがあった
やっぱり寝不足だ
ショートスリーパーに私はなりたい



家に帰った
米を研いですぐにシャワーを浴びた
今日は早く寝るのだ


そしてお茶
ポプテピピックの1話を観た
カオスだった

ベルセルクネタからのSkyrimネタには不覚にも笑った




それとアフィリエイトブログの方も少し書いた
女友とケンカした話を書いてた
そしたらイライラして来た
ゲームをすることにした


Skyrimをしてたら、女友から電話
敵に囲まれてピンチの時にかかって来た
死んだ
間が悪い


そんなわけで、女友に対して少し冷たく当たってしまった
反省

ちなみにケンカの理由は女友に「料理なんて材料が分かれば、レシピを見なくても何となく分かるでしょ」「蒼夜は作り方見ないと作れないんだ?ふーん」と言われたこと

女友は弱火、中火、強火の意味を知らないのに
俺が料理していると脇から文句ばかり言う

「だったら自分で作れ」と言っても、作らない
そんなわけでイライラ

とは言っても、最終日辺りは女友がご飯作ってたけど
俺は女友の料理に口は出さなかった
文句があるなら自分でやれ、それが俺のジャスティス


そんなわけで、多分女嫌い発症一歩手前
今も少しイライラ


女友が来てた時は、毎日何かしらケンカしてた
そして仲直りしてた

そんな日常も楽しかったように思う




ご飯を7時半に食べた
女友が作った白菜の浅漬けと、納豆ご飯
そして女友が残していった魚の酢漬け

今日のご飯はヘルシー
まあ菓子に昨日の残りの牛肉コロッケも食べたけど





あとはほぼずっとゲームをして過ごしてた
Skyrim楽しいなりい…

でも今日はもう寝る
目標の11時は少し過ぎたが、まあよかろう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク