出なかった

今日は残業だった
蕁麻疹は出なかった
かゆくない

よかったよかった

今日目が覚めたのは7時半
特に眠たくもなかった

てか月曜日だし
これで寝不足だったら大いに問題がある


8時に布団から出て、アフィブログを書く
更新できずに仕事へ行った
ちょっと時間が足りなかった


仕事が始まった
業務開始から5分で既に帰りたくなる


休憩時間になった
昼飯を食べよう

昨日カレーを食べすぎて、少し胃がもたれ気味
消化にいいものを食べよう

かけうどんにした
おいしい
フリーター時代を思い出す…
※当時の俺はうどん屋で働いてた


ご飯を食べ終わった
休憩室に行ってみたが、案の定席が空いていない
公園に行きたかったが雨が降ってる

仕方なく、廊下でスマホでブラウジングして過ごしてた
特にすることもないから無意味にまとめを読んだ


仕事再開
ここから8時までぶっ続けで仕事
ここからが本当の地獄だ…!


仕事が終わる1時間ほど前、少し頭痛の兆候が表れる
右目の奥が痛い

痛いし疲れたし
集中できん

そんなわけで眼鏡を外して裸眼で画面を見て仕事をした
強度近視だけど、野生のカンでどうにか作業が出来た


我が二天一流には「観の目」という極意があってだな
遠くを近く見、近くを遠く見る
あえて焦点をずらすことで一部に囚われず、全体を見通すことが出来る
観の目強く、見の目弱く

ただしこの見方をするには訓練が必要
よくよく吟味すべし


なお俺は近視が強すぎて、近くの物を遠くに見ることができないもよう
でもまあ、近くの対象物でも観の目はできるし、いいや
近くの物よりも更に近くに焦点を合わせればいいのだ(どや顔)


どうでもいいけど、史上最強の弟子ケンイチで「オーディーン」って人物がこの目の使い方をする
強度近視だけど、眼鏡を外すと強くなるのだ
すごい

でも本当にどうでもいい



観の目のおかげで、作業スピードがちょっと上がった
体も楽になったし

ただし仕事の精度は知らん
そんな事は俺の管轄外だ




仕事が終わった
家に帰る前にスーパーに寄った
今日はうどんしか食べてないから、食事面でマオが少し心配していた
何か安いものがあったら買うか


しかし弁当も半額になっておらず、寿司ばっか残っていた
寿司の気分じゃない

近くのパン屋がまだ開いていたので、中でパンを買った
弁当の方が安くついた
まあいいや、うどんは安かったし




家に帰った
パンを食べながらお茶を飲んだ

女友から電話が来た
最近寒くなったとか言ってた

まあ、今日から旧暦葉月で中秋だからね…(遠い目)


あと2ヶ月で冬
いやでござる!いやでござる!

私はハワイに住みたい(現実逃避)



女友が「残暑は夏」と言い張って譲らない
でも中秋は秋の真ん中らしい

今月の満月が中秋の名月
だから女友にとって「秋最初の満月が中秋の名月」という、訳が分からないことになっていた

俺が「世間一般では今月が中秋の名月なのに、女友にとっては来月が中秋なんだねー」とからかった
そしたらすねた


最終的に一緒に住んだ時に「俺の中秋の名月」「女友の中秋の名月」と、年2回もお月見が出来て美味しいものが食べられるから素晴らしい、という結論に至った
おいしいものを食べることはいいことだ



しかし旧暦ってすごいな
月が変わった途端、天候がめっきり秋らしくなったし
残暑ももう終わりだし


そもそも暦の精度的には新暦よりも旧暦の方がずれが少なかったりする
一年の正確な日にちは365.24219日
現行のグレゴリオ暦では365.24250日で、旧暦(天保暦)では365.24223日

グレゴリオ暦では年に0.00031日ずれるが、旧暦は0.00004日しかずれがないのだ
すごい


なお旧暦は制定されてから29年しか使われなかったもよう
更にいえば2033年問題という、大きな問題もある

いったい旧暦が何をしたって言うんですか!(憤怒)
A.何もしてない



…ん?なんで今の日本は正確な旧暦じゃなくて、不正確な新暦を使ってるのかって?
1ヶ月分の給料を踏み倒すためだけに変えたんやで(にっこり)


当時の明治政府は財政困難に陥っていた
しかし旧暦でその年は閏月といって、1年に13ヶ月ある年だった

「年に13回も給料払えるか!西洋の暦は常に12ヶ月だから支払いが12回だけで済む!それに西洋の暦だから、根拠はないけど何となくいいだろ!」と、政府はろくに検討もせず強引に暦を変更
突然の暦変更令に庶民は戸惑い、国は大いに混乱した
暴動も発生したが、そんなことはどうでもよろしい

こうして明治政府は1ヶ月の給料を無事に踏み倒したのであった
今後も年に12回だけ給料を払えばいい
めでたしめでたし



グレゴリオ暦にはグレゴリオ暦の欠点がある
30日までの月と31日まで続く月に法則性がないとか
2月、4月、6月、9月、11月が小の月(=31日までない月)で、「西向く侍」と覚える…みたいな

旧暦では29日までの月と30日までの月は必ず交互に来るから分かりやすい
12月は大晦日があるから12月は30日までで、それからは交互に29日までの月と30日までの月が来る

更にグレゴリオ暦は何故か2月が基本的に28日まで
何故この月は28日なのか?
知ってる人は多分あんまりいないと思う
てか知ってたらすごい

気になる人は調べてみるといい
ほんとにどうでもいい理由だから


アウグストゥス「僕が生まれた8月が30日しかなくて短いのは嫌だ!2月から1日もらって31日にしてやる!」

…ね?
ほんとにどうでもいいでしょ?(呆れ)




話を戻して今日の日記

パンを食べた
おいしかった

10時半にブログを書くことにした
書けた

シャワーを浴びることにした
ゲームがしたかったな、と思いました

おわり

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク