あめいろ事件

さゆさんのカレーレシピのコメントにて、飴色玉ねぎを早く作る方法について説明した俺

飴色玉ねぎは本来弱火で1時間かけてじっくり作る手間がかかる食材
でもみじん切りにした玉ねぎをあらかじめ冷凍しておいて、水をかけながら作るとすぐに出来る裏技がある

裏技を教えたけど、さゆさんが言うように裏技を使うことで味が変わるか知りたくなった俺
言いだしっぺの法則というわけで、俺の独断で「裏技なし飴色玉ねぎ」と「裏技あり飴色玉ねぎ」を作って、味を比較することにした

しかし実験は意外な顛末を迎えることになるのであった…

まずは玉ねぎをみじん切りにした
比較するために、飴色玉ねぎにする玉ねぎは1玉のうち半分を裏技なし、もう半分を裏技なしにする
同じ玉ねぎだから、裏技の有り無しで味が変わったりしないだろう

一つは3時間ほど冷凍する
もう片方は常温で同じくらい保存

ご飯を作る前に飴色玉ねぎ作りに取り掛かった




まず作ったのは裏技なしの飴色玉ねぎ
使うフライパンは俺愛用の鉄フライパン


玉ねぎを中火で炒め、透き通って来たら火が消える直前の弱火にする
そして焦げないようにずっとターナーでかき混ぜる



10分経過
あまり変わらない
まだ炒める

20分経過
色が茶色くなって来たが、まだまだ飴色にはほど遠い
じっくりと炒める

30分経過
玉ねぎの水分が無くなって来た


そして40経過

ametama_1.jpg


そこには完全に水分が飛んで、カラカラになった玉ねぎの姿が!
美味しそうなフライドオニオンですこと(現実逃避)

味は普通においしかった
スープに浮かべて良し、ふりかけとして使って良しの、これはこれで万能調味料である




気を取り直して冷凍の方で飴色玉ねぎを作ることにした
まずは冷凍庫から冷凍していた玉ねぎを取り出す
そして凍ったままフライパンに放る

火力は強火でいい
てか完成まで基本的にずっと強火
ただしテフロン加工フライパンは素材の性質上、中火にした方がいいと思う


ametama_2.jpg

水蒸気でカメラのレンズが曇って、上手く撮影できんかった
まあいいや


炒めてて水分が無くなって来たら、水をかける
そして水分を飛ばしながら強火で加熱
水が飛んだらまた水を追加
その繰り返し

ametama_3.jpg




で、15分後の画像がこちら
まだ炒めてもよかったんだけど、ずっと炒めてて飽きた(真顔)

ametama_4.jpg



ほぼ飴色だし、もうこれでいいや
てか片方がフライドオニオンになった時点で比較できないし

とりあえず今日の晩ご飯に入れることにした
豚丼に入れた
おいしかった


フライドオニオンと飴色玉ねぎは違う調味料
こしあんとつぶあんのように、相いれない関係である

そんな訳で比較は失敗に終わったのであった
無念



油の量はどっちも同じくらいでオリーブオイル小さじ1杯程度だったんだけど、鉄フライパンは熱伝導率が高いからこうなったのかね
半玉で作ったから、比率的に油が多くなってしまったのかもしれん



鉄フライパンを使って半玉の玉ねぎで飴色玉ねぎを作ろうとするとフライドオニオンになる
大きなことを学んだ俺であった

おわり

コメントの投稿

非公開コメント

おぉぉ、蒼夜神様が検証してくださるとは、なんたる光栄な…!!!! ありがとうございますです~!!!!∩(〃´▽`〃)∩♡♡♡♡♡゜*+。

鉄フライパンって扱いが難しそうですね…Σ(っ〃゜Д゜〃c)☆゜*+。たしか油で育てていくんですよね?蒼夜神様の鉄パン、既に使い込まれて育てられて、綺麗に光ってますね…!!!! ちなみに私は安易にテフロン加工のを使ってます。(〃´艸`〃)✧゜*+。

味が違ったとしても、時間短縮飴色玉ねぎは美味しそうなので、今度作って食べてみようと思います。教えてくださってありがとうございます~♬♫d(〃´ω`〃)b✿゜*+。

>>さゆさん
正しくは検証しようとして失敗に終わる、でしたがね⊂(´・ω・)つ
また機会があったら再検証してみたいものです(。-`ω-)


鉄フライパンは使った後に火にかけて水を完全に飛ばした後、油を薄く塗る程度の手入れだけなんで慣れれば楽ですよ(`・ω・´)
鉄フライパンの利点は「気軽に鉄分が補給できる」「長く使える(親子孫の三代に引き継ぐこともある)」「焦げたり錆びても再生できる」「強火に対応していて、フランベも安心して出来る(一応テフロンでもフランベはしてもいいらしいけど、俺はちょっと不安)」「金属製のヘラやターナーでも強くこすっても全然平気」ってところですかね

一方でテフロンは強くこすったり強火に気をつけるなど扱いに注意する点と寿命が短い点以外では軽いし手入れが楽だし、鉄フライパンより優れている点も多くあります(ノ)・ω・(ヾ)
何だかんだ俺が初めて使ったフライパンもテフロンですし、昔は鉄フライパンが主流だったのにテフロン加工フライパンが開発された今ではテフロンが多く使われていますし⊂(´・ω・)つ
特に最近では家庭用ガスコンロのSiセンサーやIHクッキングヒーターが主流で強い火力を出しにくい環境になっているのでテフロンで全く不自由しませんし、鉄フライパンの手入れも以前より難しくなって来ていますので…


少なくても裏技で作った飴色玉ねぎがすごく不味いってことはないはずです(笑)
飴色玉ねぎが甘くて美味しいのは玉ねぎの適度な焦げのおかげなんですが、裏技を使ったからと言って焦げが劣化しているわけでもないですからね(。+・`ω・')
プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク