無能な人ほど出世する

どうでもいい話
ただの雑学のようなもの

「ピーターの法則」というものがある
これは「会社の大半は無能な人。一部の人の優秀な人だけが稼いで会社を経営している」というもの

例えば営業がトップの人がいたとする
彼は功績を称えられ、部長になった
しかし「営業のスキル」と「人をまとめて指示を出すスキル」は全然別物
彼は自分のスキルを活かせなくなってしまう

かと言って無能な営業はずっと出世することなく、永遠にヒラの営業職である
つまり無能は出世しない
有能な人は出世することで無能となる


じゃあどうやって会社は利益を生むのか?
それは出世手前の有能な人間が、出世するまでの間に利益を生み出すからだ



「人手不足で即戦力」と言われて久しい現代社会
しかし人手不足の最大の理由は優秀な人材を出世させ、無能にしてしまうからだと俺は思っている

仮に即戦力の人材が入っても数年で出世して、無能になってしまう
すると会社はまた即戦力の人間を探し出し、人を探そうとする
これじゃ万年人手不足だよね



それに会社の偉い人は、周りにイエスマンを置きたがる傾向にある
彼らが欲しいのはアドバイスではなく保証
「さすが社長!上手く行きますよ!」という支持が欲しいだけ

だから反対意見を持つ人を近くに置くことは少ない
そもそもそういう反骨精神がある人は出る杭は打たれるよろしく、冷遇されることが多い

そもそも上の人にとっては「反骨精神が強い有能」よりも「扱いやすい無能」が好まれる
だから無能が出世しやすいというものがある




この無能が出世するという構図は日本だけでなく、世界でも普遍的な現象
そもそも法則名が「ピーターの法則」であって、「田吾作の法則」じゃない時点で察しはついてると思うけど

そしてこの問題はここ最近の話ではなく、どうやら有史以来ずっと同じことが続いているようだ



古代支那の四書五経の一つに「書経」という書物がある
これに「徳懋(さか)んなるは官を懋(さか)んにし、功懋んなるは賞を懋んにする」とある
訳すると「徳がある人に官位を授け、功績があった人には褒賞を与えなさい」といったところか

同じ言葉が南洲翁遺訓にもある
まあ南洲翁遺訓には書経の言葉だと示されているけどね



ただ、南洲翁遺訓には他にも面白い話が載っている
例えば「君子」と「小人(しょうにん)」の扱いについて


論語には「君子」「小人」という言葉がある
「君子」とは徳に優れた人であり、「小人」とは一般人のこと


君子は道義を重んじて、小人は利を重んじる
つまり君子は全体にとって一番利益になる行動を自然と取れるが、小人は自分にとって一番利益が出る行動を取る

「君子は和して同ぜず。小人は同して和せず」ともいう
君子は自分と違う意見を持った相手とでも仲良くいられるが、小人は相手と仲良くしようとして本心を偽ってすぐに「そうだよね」と嘘の共感をする

他にも「君子は周して比せず。小人は比して周せず。」ともいう
君子は広く偏らずに人と付き合うが、小人は偏った少数の人としか関わろうとしない

一例ではあるが、君子と小人は上記のような違いがあるらしい



ただし「じゃあ君子の方が素晴らしくて、小人はダメなんだね」ってわけではない
実は君子ってのは能力面ではかなり劣っていることが多い
論語でも「君子は多才じゃなくてもいい」と言っているし

そもそも君子の器を持つ者は利より義を取るから、簡単に命を落とすことも多い
そういうこともあって、10人のうち7~8人は小人だと西郷隆盛は言っている


だから君子だけで国家を運営しようとしても上手く行かない
君子の器を持った人材は探してもなかなかいないし、能力面では小人が上を行くことも多いからだ
かといって小人を出世させてばかりいたら、必ず運営は傾く

冒頭に書いた通り、一般の人は会社全体ではなく自分にとって心地よく有利な人材をそばに置きたがる
小人は比して周せず、自己の利を重視するのだ



だからここで「徳がある人には官位を、功績がある人には褒賞を」が大事になって来る
だいたい上司だからと言って給料が高くないといけないわけではないのだよ

例えば俺が会社を運営して社長になっても、月収は15万程度でいい
部下には末端でも手取り20万は与えたい
社長よりももらえるね

俺は手取り15万もあれば十分豊かな生活が出来るからそれでいい
今だって手取り10万前後だけど、何不自由ない生活が送れているし
でも部下には世間が思い描く、幸せな生活を送ってもらいたい

俺にとって官禄とは見栄の道具じゃない
人の優劣は立場や収入で決まるものではない
そもそも「人の優劣」というものがあるかも疑わしいが



君子は金のために働くわけではないから、給料は必要最低限で満足する
でも小人は「お金はないよりあった方がいい」と考えるから、功績が出るたびにボーナスを始めとする褒賞を与えればむしろ熱心に働くようになる

時給制が今は主流だけど、そんなことをしたらだらだら長く働いた方がお金になるんだから普通はそうするよね
よほど自分に合った仕事を見つけた人なら別だけど、義に厚い人じゃないとフルパワーだぜ!信じらんねぇ!って働き方は時給制じゃしない



出世したがる人は人に指図したいがために出世したいわけじゃない
給料を上げたいから出世したがるのだ

そこんところを分かってない人が多い気がする

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク