実験成功

俺のパソコンで、USBに入れたLinux(Ubuntu)を無事に起動することが出来た
よかったよかった


特に設定をいじることもなく、ネットも普通に出来た
操作も難しくなく、思った以上に快適だ
ラウドネス等化の設定変更方法が全く分からんかったけど
それと起動はWindows10の方が速かったけど、USBでの起動ならしょうがないと思う



でもUSBに入れたLinuxはパソコンの電源を切ると全てのデータが保存されずに消去されてしまうようだ
常にクリーンインストール状態

こんな状態じゃ、「Linuxがプログラミングの勉強に向いてるのか?」のテストが全く出来ない
うーむ…


一応データが消えないようにすることも出来る
その場合、複数のUSBが必要になる

余分なUSBを持っていない俺は、この方法を取ることが出来ない
Linuxのテスト起動に新しいUSBを買うだなんて馬鹿げてる
USBを買うくらいなら、SATA SSDを買って、そっちにLinuxを入れてデュアルブートにするわ



でも今回の行動が完全に無駄になったわけではない
まず俺のパソコンは起動時にDeleteキーを押すとUEFIに入れることが判明

今まではWindows10の設定から入ってたから、どのキーでUEFIが起動するかが分からなかった
「キーが分からなくても設定から再起動すれば入れるしな~」って考えてて、探すのも面倒だった

でもLinuxだと当然ながらWindows10の設定が出来ない
そもそも「再起動時にUEFIを起動する」なんて設定があるとも思えない


Linuxが入ったUSBを抜けば次回起動時にWindows10が起動するはずだが、「指定されたUSBが刺さってないから起動できないよ!」ってエラーを吐かれる可能性もある

俺はUSBでOSを起動するなんて初めてなのだ
マジで何があるか分からん


そこでLinuxを起動した後でもUEFIに入る方法も模索したのだ
1分もかからなかったから、模索ってほどでもないけど

…あ、ちなみにLinuxの状態でシャットダウンした後にUSBを引っこ抜いたら、無事にWindows10が起動しました(にっこり)




それとWindows10が何らかの理由で死んだ時、このLinux起動USBがあればデータを全部救い出せるようになった
セーフモードでも起動しなくなったら、新しいパソコンを買って、それからデータを吸いださないといけなくなる
マジでめんどくさい

でもパソコン本体のハード面が壊れてないのであれば、このUSBをぶっ刺すことでWindows10に入ったデータを救い出せることが可能となる
やったぜ。


まあOSが壊れることは滅多にないと思うけどね
俺はハードの寿命でしかパソコンが壊れたことないし

ウィルスにやられてOSが動かなくなる可能性もゼロではないので、あって損はないだろう

今日はまだ休みだ
いいことだ
実に、いい



今日は買い物に行った
買ったのは牛乳と鶏肉
それとチーズ


ホームセンターにも行って、ハンガーとガスボンベを買った
新しいハンガーが10個もあれば、女友が来てもハンガー不足になることはないだろう
古いハンガーが余るようなら、捨ててもいいかな

もう少しで正月だし(にやり)



ワイ、季節感覚が旧暦
故に正月の感覚も旧暦になるもよう

てか今日、スーパーで「さくらさくら」が流れてたのに
弥生になるのは旧暦的に4ヶ月後なのに

ちょっと気が早すぎじゃありませんかね…?(困惑)




てかタルパネタがないぞ、最近
全くと言っていいほど

話してはいるし、買い物中はコロナも起きてるのよ
でも「買い物中、コロナがはしゃいでて楽しそうだった。おわり」程度しか書くことがない

もう(タルパネタが)ないじゃん…




あとは家の掃除をしてた
結構綺麗になったとは思う

続きは風呂に入ってからしよう
寒いから

今お風呂をためてる
たまったらお風呂に浸かる
そして洗濯
洗濯しながら部屋の掃除


うん、完璧な作戦だな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク