無理やわ

4連休になってマイナンバーカードの申請の準備でもしようと思ったのだが、トラブル続きで思うようにいかない
その愚痴

マイナンバーカードの申請には4つの方法がある

1.申請書に証明写真を貼って、返信用封筒で郵送
2.申請書に付属しているQRコードを証明写真機で読み取って、証明写真を撮影して申請
3.申請書に付属しているQRコードを読み取って、写真をスマホで撮影して申請
4.パソコンでサイトにアクセスして、手動でID等を入力して、スマホやデジカメ等で撮影した証明写真を添付して申請



でだ、俺はマイナンバーカードをいつでも申請できるように申請書は取っておいた
探したらすぐに見つかった
一番手軽な2.証明写真機での申請をしようとした


しかし俺の申請書にQRコードが付いていない
無記入だ

財布を盗難されて通知カードを再発行したんだが、それに付属する申請書にはQRコードが付いていないのかもしれない
何も記載がない欄に矢印がついてて、「左のQRコードから~」とか書かれてるから、挑発にしか思えなくてストレスがマッハ


QRコードがないので2と3は死亡

ない場合のQRコード再発行方法も調べたけど、「QRコードを紛失した場合は~」と書かれてる情報ばかり
国がQRコードを初めから付けてないだけなのに、なんで俺の過失をとがめられなきゃならんのよ?





そこで1番をしようとした
これなら証明写真機で撮影した写真を貼って、郵送するだけ
少し手間がかかるけど、まだ楽だからいいや


でも何故か返信用封筒だけが残っていない罠
申請書とマイナンバーカードの案内書は残ってるのに、返信用封筒だけ廃棄したとは到底思えない

…最初からついてなかったんじゃないか?
てかQRコードも返信用封筒もないのに、「よければマイナンバーカードを作ってね!」って馬鹿にしてるとしか思えんのだけど



そんなわけで1番も無理




最後の方法は4のパソコンで申請だけ

でもスマホで証明写真を撮る場合、他人に撮ってもらわないといけないらしい
俺、一人暮らしで周りに写真撮ってくれる人がいないんだけど…

そんなわけでパソコンでの申請も無理




どうやら自営業でマイナンバーカードがあった方がいい人でも、俺みたいに財布を盗られて独り身の人間はマイナンバーカードを持つ資格がないらしい
差別されたんだ…



ちなみに返信用封筒を用意する方法もある
自分でマイナンバーカード返信用封筒のデータをダウンロードして、印刷して、自分で組み立てるらしい

夏休みの工作かよ
すごくおちょくられてる感がして、イライラがマックス



もうね、諦めようかな
俺みたいな人間は控除額を上げる資格が無いから、どんどん国にお金を搾り取られて死ねばいいんだ
国もそれを望んでるわけだし



財布を盗まれて通知カードを無くす人間は悪
独身で少子高齢化対策に協力しない人間は悪
貧乏人は国に税金を取られて死ね

つまりはそういうこと




まあないと思うけど、返信用封筒をもう一度探してみようかな
ないと思うけど

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク