ネタはなくとも

ネタはなくとも何となく更新
まあ書いていれば、自然と湧いてくるだろ(適当)

日本人のマージャン離れが顕著 3年で100万人減少

つい数年前までは咲-saki-だとか天鳳とかで流行ってたのに、廃れてきたらしい
てかFF14で麻雀が流行ってるとか聞いたんだけど、どうなんだろう?


まあ麻雀は対局に時間がかかるから、しょうがない気もするけどね
俺クラスが4人集まれば半荘20分で終わるけど、普通に打つと1時間かかるし
しかも「4人集まらないと打てない」ってことがでかいのよね


ネットで打てばすぐ集まる
でもラグによる状況判断はするけど、打牌の音や視線や表情で打ち方が変わって来るリアル麻雀とはやっぱり違う気がするのよね

視力が回復したらフリー雀荘にでもまた行きたいけど、治るまでにいつまでかかることやら?
あまり歳をとると麻雀はつらくなるから、30代後半辺りが限度かな

…するとタイムリミットまであと8年もないってことか(白目)
まあ5、6半荘くらいは打てるだろ(適当)




リアル以外でも、ネットでも下火な気がする
天鳳の全盛期は最大接続人数が1万人だったけど、今じゃ6000人くらいだし
それともみんなFFに流れたのかね?


天鳳はラス回避麻雀だから、俺はあまり好きじゃなかった
まあ牌譜をいくつか残すくらいは打ってたけど
ただ1位の状態からでも点棒を稼いで他家を叩き潰す俺の雀風とは相性が悪いのよね


俺は勝てる時は大きく勝って、負ける時は小さく負けるのが麻雀の基本だと思う
でも天鳳の基本は小さく勝って、小さく負けるようにする必要がある
守備重視の麻雀が重要だから、「強い人」より「上手い人」が上位に行く傾向にある



そういや天鳳の本をずっと前に買ったけど、まだ読破してないや
まあ帰省中の暇つぶしに買っただけだし


正直言うと、桜井章一の戦術本の方が面白かった
麻雀大全は名著
でも雀鬼流に精通していない人にとっては全く意味が分からない本だと思う

彼が出した最後の麻雀本は2014年の「麻雀力が目覚める打ち方」かな
もう麻雀の本を出すこともないかもしれんなぁ…

手元にある桜井章一の著書は麻雀戦術本、それと羽生さんのインタビューのやつだけ
多分


最近全く本を開いてないし、久しぶりに読んでみようかな
しばらくパソコンを触るのをやめて、家にある本を読み返しても楽しそうだ

でもゲームもしたい(真顔)
そんな心境




気が付いたら0時半だ
ネタがない割には書いた
もう寝よう

タルパネタがないのもいつも通りか

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク