残念なお知らせ

昨日連休最終日になっても更新がなかったから、飛行機が墜落して死んだとでも思った?

残念!
生きてます!(にっこり)

しばらくブログを離れていたから、少し調子が狂ってた
書くのかちょっと億劫症候群

まあそんなこともよくある
現にこのブログ最初期は毎日更新してなかったはずだし
たしか(うろ覚え)


今ではここでは当たり前になっているほぼ毎日更新
いつからそんな風になったのだろうか

たしかにブログを書くのは嫌いじゃない
好きって訳でもないだろうけど


何となく思ったことを、何となく書いてるだけ
ただの駄ブログ

とりあえず連休中にあった話でも書くか




連休とはいえ、やっぱ子供の相手は大変だね
ずっと一緒に遊んでた気がする

近所の神社まで散歩に行くことにした
長い間自然から離れていたから、草木を眺めながら歩きたい

大人になると「蒸し暑いから嫌だ」とか「面倒だから」って理由で、片道10分程度の散歩もしなくなる
でも子供たちはそんなことを気にしないで「そうくんさんぽいくの?いっしょにいく!」と大はしゃぎ
子供って本当に元気だよね



名古屋では見かけない田んぼを眺めながら、川沿いを歩いて神社に行く
とんぼや蝶、たくさんの虫がいた

そういや名古屋じゃ、とんぼはおろか蝶すら全く見ないな
蜂は見るのに(真顔)


子供たちはアリとかダンゴムシを見て大はしゃぎ
地面にいるしゃがまないと見えない虫は俺には見えない
子供と比べて視点が高いからってのもあるだろうけど、視力の問題で

子供の見える世界は、大人とは全然違う世界だからね
俺も昔は、同じ世界が見えてたはずなんだがなぁ…



とりあえず神社でお参り
子供の分も含めて15円賽銭箱に投げた

10円が外れて、賽銭箱の裏に行った
もう10円投げ入れた



本当は海にも行きたかったんだけど、大雨で増水してた
危険だから行かない

鹿児島の雨を久しぶりに体験したけど、やっぱ本州の比じゃないな
滝だわ


効果音は「ザーーー!!!」じゃない「ゴーーー!!!」だ
いや、マジな話


だから先日の鹿児島の大雨大ニュースも、「いつもよりちょっと激しかったかな?」程度で済む
相変わらずだ
もちろん火山灰が積もった崩れやすいシラス台地ってことで、土砂災害の危険性は高いのだがね



最終日は快晴だった
鹿児島の晴れは名古屋のよりも明るい
「日向」は宮崎の旧名だが、鹿児島も負けてはなかろう



帰る前に土産を物色
コロナがあまおうのラングドシャを目ざとく見つけた

買うことになった
まあもともと茶菓子をいくつか買うことにしてたから、いいけど


名古屋でなごやんも買った
美味かった気がする



家に帰って食べてみた
あまおうラングドシャの方が美味しかった

何かに敗けた気がする
コロナに敗けた気がする



家に帰ってからは、疲れ切ったのと帰宅が遅かったのとゲームがしたかったのとで、ブログを書くことが出来なかった
不可抗力

ゲームはたのしかった
CataClysm:DDAはたのしかった





父と仕事について話をした
父は俺が今の仕事をしていることに関して、好ましい印象を持っていない

「そんなところ早くやめろ!」とばかり言う
素直じゃないから、そんな命令口調になるのだ
九州男児なのだ
ツンデレなのだ


で、父は「俺が口を利いたら、今より楽で稼げる仕事が出来るぞ。知り合いに当たろうか?」とか、「お前がしたいことってのは、資本金があれば出来るのか?300万ぐらいあれば足りるのか?」などと、いろいろと便宜を図ろうとしてくれる

俺が高校の時は何でも「馬鹿なことを言うな!」って怒鳴るだけだったのが、嘘だったみたいだ
父もだいぶ丸くなった


子供に対する気持ちは今も昔も変わってはいないのだろうが、言い方が丸くなったんだよな
父は勉強して成功したから、「子供も勉強して成功させたい」「自分のような幸せな生活を送って欲しい」って願っていたんだと思う

まあでも、子供には子供の生き方があるわけで
それが絶対の幸せの道ってわけではないのだがね
父はそこが分かっていなかった



俺の父はとある界隈で有名な人だから、いろんな界隈に顔が利く
だから俺も今からコネで楽で儲かる仕事をしようと思えばぶっちゃけ出来る
クビになるほどの無能ってわけでもないだろうしね



だが俺はコネが嫌いなのだ
「運も実力のうち」というからには、力ある親のもとに生まれるのも実力なのだろう

それでも結局それは運でしかない
俺の実力でつかみ取るものじゃない

そりゃ家運ってのはあるし、それに乗るのも大事ではある
そもそも名家は親の家業を継ぐものだしね
※俺の家は別に名家ではない


けど俺にはそういうのはいらない
とはいえ、今から何か始めて大成するとも思えんのだが…



なんか、俺は迷走していた気がする
そもそも「楽して儲ける」って発想は、いつから湧いたのだろうか?

俺は若い頃、そんなことは考えていなかったはずだ
俺は昔は「人のためになることをしたい」と考えていたはずだ

だから臨床心理士になるための勉強もしたし、「それだと貧乏な人は救えない」と占いの勉強もした
でも気がついたら、いろいろと違うことをしていた気がする



最近「自分らしい生き方」とか「自分の好きなことで生きていく」って言葉を聞くことが多い
アフィリエイターとかYouTuberとか

俺もいつからか、そういう言葉に影響されていたのだろうか
俺が本当にしたかったことは、本当にアフィリエイトブロガーだったのだろうか?
何だか違う気がする



まだゲームデザイナーとかは分かる
「自分の作ったゲームで楽しませたい」って気持ちが昔はあったから

???「エンタメデュエルでみんなを笑顔に…」


昔漫画を描いていたのも、俺が描いた漫画で笑う人がいたから
小学の頃は自分で描いたポケモンの漫画がクラスで流行ってた

泣いてる子供に見せたら、5分後には大笑いしてた
そんな漫画を描いていた

絵も字も下手だったけど、それはそれでよかった気がする



今の俺はブログを書いてるけど、それで誰かを笑顔にしているわけではないだろう
いつの間にこんな風になっていたんだろうね

ちょっと自分を見つめ直してみたい
そう思う俺であった

おわり

コメントの投稿

非公開コメント

蒼夜さんは自分の信念をしっかり持ってて素敵ですね。
どうすれば私も貴方のようになれますか?

>>通りすがりのタルパ好きさん
どうも初めましてですヽ(´・∀・`)ノ


信念、なのかなぁ…?
俺は単に自分がしたいことを、したい時にしたいようにしたいと思っているワガママなだけですよ(;・`д・´)
ただ、「利」だけでは絶対に動かないようにしています


タロットブログは「利」も一つの目的として活動したのは事実です
でもそれ以上にタロット占いの技術向上が最大の目的でした

四柱推命は生年月日時が、手相は手のしわがあればできます
だけどタロットは占うテーマがどうしても必要なので、俺にとって実践できない占いだったんですよね(・ω・`;)


そしてタロットの勉強ついでに「アフィリエイトってどんな感じなんだろう?」「独自ドメインの取り方は?レンタルサーバーってどんな風に管理するんだろう?」と、今まで疑問に思っていたことを知りたくて、ずっと好奇心だけで動いてました
だから2年やって数百円も儲けが出ないのに、今でも続けているんだと思います(。-`ω-)
儲けに直結するか分かりませんが、あのブログを実験材料にしてしたいことがまだいくつかありますし(にやり)


ケンタッキーで有名なサンダースさんは、数千回断られても自分のチキンを売り込み続けたのは有名な話です
「成功の秘訣は諦めない心!」と啓蒙サイトでは言ってることもありますが、俺は違うと思います

あれがもし「利」だけで動いてたら、百回辺りで売り込みを止めていたでしょう
でもサンダースさんのチキンは自分のお母さんの味で、彼にとって絶対の自信があるものでした
だから数千回もチャレンジが続いて、心が折れることなく、最後は成功したんです



「利」で動いても、見込みが高くても失敗する時はする
それなら自分がしたいと思う、「心」に従った方がいいんじゃないかなぁ…?って今も昔も考えています(`・ω・´)

自分の心と心中するつもりで始めたことが成功したらかっこいいし、仮に失敗しても悔いがない
だから自分がしたいこと、やっていて心地いいと思えることをまず探してみてはいかがでしょうか(。-`ω-)b
プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク