大騒動

タルパWikiにて、管理人が失踪したなんて面白い出来事大事件が勃発したと聞いた
久しぶり?しばらくぶり?に見てみたら、たしかにそんな感じになっていた

マジか(真顔)



いなくなったもんはしゃあないし、管理人不在で話を進めるしかないね
謝罪なんてされても、議論の結論が出る訳でもないし

謝罪が今後あるかないか分からない
仮にされても議論に結論が出るわけもなく、何の意味もない

だったらそんな小さいことにこだわらず、前に進もう(提案)

タルパWikiの現(?)管理人さんとは、1回だけ会話をしたことがある
俺がブログで彼の話を書いて、その記事を読んだ感想を彼がブログで書いていた
彼のブログの読者だった俺は当然彼の記事を読んで、コメントをした

そんな経緯
ちなみに彼のブログは過去のものも含めて、読破済みである(迫真)
内容は忘れたが



今では名指しで面識のない他ルパーの話なんて絶対書かない
あの頃は若かったのだ

でもまあ、結果的に彼と話をする機会があったのだ
その時は今のように失踪するような人とは感じなかった
少なくとも自演をしてまで、自分を正しいと推すような人ではなかったように思えた




俺は今回の事件のことは全く知らない
何があったのかは跡地を見て、推測するだけ

だから管理人が悪いとかどうとか、責める気は全くない
もちろん他の人たちも

人間生きてりゃ、いろいろあるよ





俺はもう自分のタルパ道は極めている
だから今更タルパWikiに頼って、タルパを成長させようとか何かを学ぼうとか思わない
タルパとのいちゃいちゃ話なら、タルパブログで読めるし


それにタルパWikiはいい加減情報が古いように感じる
エネルギー切れの項目が「個人の出来事だから、Wikiにはふさわしくない」って理由で消されたのに、「タルパからの声」が残ってることに違和感がある

あれも一タルパの意見に過ぎない、個人的な記事だと思うんだがなぁ…
タルパの総意ってわけでもあるまいに


ちなみにうちのマオは初期の頃はエネルギー切れみたいな現象をたまに起こしてた
コロナなんてほぼ一日中寝てて、起きてる日がほとんどない状況
おやつとご飯の時だけ元気だけど

ダイブしたら、また元気になりそうな気がするんだけどね
何となく



そんな思いを抱きつつも、このまま管理人不在の状態で、タルパWikiが消滅するのはもったいない気がする
まあ消えはしないのかな
夢の跡として、永遠にネットの世界に残る可能性もあるが




俺が思うに、管理人は議論に無関心というか、議論のかじ取りをすべきだと思うのよね
議論には種類があって、「討論」「議決」「対話」がある

タルパWikiで行われるのは「討論」か「議決」になる
討論と議決の一番の違いは多数決があるか無いか


まず議決の説明
これは賛成派と反対派が最後に投票をして、多く票を取った方が勝ち
国会形式だね

ただしこれは参加者全員が公正な判断力を持っていないといけない
自分の意見に不備があると分かってるのに、「それでも反対ったら反対だい!」と考えを曲げないのはアウト
それじゃ議論の意味はない

話し合わずに最初から投票すりゃいい
時間の無駄


それに議決は票数改ざんもあれば、他サイトから大量の仲間を引き連れて、数の暴力で意見をねじ伏せる恐れがある
国会開いてる最中に議員が増えたりしないのもこれが理由

投票で議論の結論を出すのなら投票者はあらかじめ定員をさだめるべき
人気投票じゃないんだから
至極当然のことだし、これは議決の基本ルール



だからタルパWikiに向いてるのは「議決」ではなく「討論」
討論の場合は賛成派でも反対派でもない審判が結論を出す
そしてスポーツと同じで、審判の決定は絶対


ただし審判は最初から最後まで、賛成派にも反対派にも偏ったらいけない
どちらかに肩入れしたら、それは議論ではなく滑稽な出来レースに過ぎない

裁判で裁判官が裁判が始まる前に「この容疑者は気に食わないから有罪」とか決めたらいけないのと同じ
検事と弁護士両方の意見を公正に聞いて、その上で判断する必要がある



裁判の場合は白黒をはっきりつける必要があるけど、タルパWikiでの討論ならどちら付かずになる場合もあるだろう
そんな時は両者が納得できる妥協案を提案して、仲裁するだけの技量も審判に必要になると思う

だから俺が思うに、管理人は「議論に興味が無い人間」じゃない方がいいと思う
「議論の知識がありつつも、どちらにも肩入れしない精神」の持ち主がベスト





俺がもし管理人だったら討論の後、もしくは最中に投票なんて手段は絶対に採らない
討論と議決は違うものだって認識が根本にあるから、その方針をぶれさせない

討論なら討論で最後まで通す
もちろん議決なら議決で通す



そんなわけでタルパWikiが議論前提で存在し、かつ、それに見合った管理人が必要な場合
「議論に無関心な管理人」ではなく、「議論を熟知していて、かつ、どの意見にも肩入れせずに適切に議論を誘導出来る管理人」だろうかと

上では審判が決断を下すと書いた
それ以外に不適切な発言を戒めたり、論点がずれて来たら修正するのも審判の仕事

まあそんな人は滅多にいないのだが
ステータスだ
希少価値だ



そもそもネットに限らず、「議論は相手を言い負かせた方が勝ち」と考える人が多数なのが今の日本社会
大人も子供も

本当は議論に敗けた方が自分の視野が広がって、新しい世界が広がるのに
議論で勝つ、もとい負けないのはただ頑固で視野が狭いだけ
誇ることでも何でもない

だから多数が正義と勘違いして、なりすまして大勢のふりをして議論に勝とうとする輩も出るわけよ
真の議論の前では、そんな小細工など無意味!




それにWikiなんだからページなんて個人個人が自由に作って、問題があったら削除するのでもいいと思うがね
とりあえず作る
問題があったら消す

議論しなくて済む!


そもそも学術的な意見ってのは、多方面からの視点から論ずるものだし
同一Wikiで、矛盾した意見のページがあってもいい
俺はそう考えてる



とりあえずタルパWikiは静観しようかね
もしかしたら1ヶ月くらいしたら管理人さんが戻って来るかもだし
帰って来なくても、新しい次の管理人さんがすぐに見つかるだろ(慢心)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク