ただの懐古

久しぶりにカービィDXのマルク戦のBGMを聴いてる
あの頃はよかった…(遠い目)


俺は初代ゆとりである
そして子供時代にビーダマンとか、初代ポケモンとか、ミニ四駆とか、ヨーヨーとか、ベイブレードとか、たまごっちとか、遊戯王とか、デュエルマスターズとか、その他多くのおもちゃに触れられた
ゆとり世代最強伝説

遊ぶ時間が増えて、しかも遊ぶものも多かった
高みの見物

なお俺の家は学校教育に力を入れてたから、俺は強制的に塾に通わされて、遊ぶ時間がほとんどなかったもよう
悲しいなぁ…
低みの見物



そんなわけでニートになりたい
あの時遊べなかった分、いっぱい遊ぶのだ!

…だが今はもう、通信ケーブルでゲームボーイをつなぐ友達もいないけど
昔はゲームは現実の友達と遊ぶものだったけど、今はネットで遊び相手を見つける時代

「友達と遊ぶツール」って友達前提じゃなくて、ツールそのものが前提になってる
出会いの場が広がることはいいことだし、否定はしない

それでも「何だかな」と腑に落ちない点も俺の中ではあるのだ



まあそんな話はどうでもよろしい
俺が今、「当時の子供時代は恵まれていた」と感じるように、今の子供たちもそう思えるのだろうか
大人になった時、「スマホとかYouTubeがあって、恵まれた子供時代だった」と思えるのだろうか

そうなって欲しいと、おじさんは思うのだった


まあ俺が重ねたのは肉体年齢ばっかで、精神年齢はガキのままなんだけど
一番ダメなパターン

昨日の記事を読み返した
そして思った
めっちゃ話が脱線してると

昨日は「なんか記事が短い気がする…。せや!まとめ記事の感想ぶち込んだろ!」って考えた
しかしそれが悪かった

鹿児島の話題から、女の人口の話、そして何故か男らしさの話にまでなんか脱線していた
わけがわからないよ



そういや最後の「日本刀みたい」の意味が分からない人もいそうだ
ちょっと不親切だったから、ここで捕捉


金属に限らず、全ての棒のものは「曲がる」か「折れる」
ゴムのように柔らかすぎると曲がる
鉄製の棒は固すぎると折れる
そういう性質がある

だが日本刀は芯鉄(しんがね)と呼ばれる固い金属を、皮鉄(かわがね)と呼ばれる柔らかい金属で包んで作る
すると曲がにくい、かつ折れにくい、ある意味で矛盾した性質を持つようになるのだ

だから俺は「柔らかくも芯がある」と表現したことを「日本刀みたい」と表現したのだ
うまく伝わらなかった人、すまんな





さて、なんか記事が短い気がする
またまとめからネタをあさるか

…と思ったが、見返したら結構長かった
1000文字普通にあった
今日はこのくらいにしてやろう




今日久しぶりに自炊をした
タロットブログを見ている人は知っているだろうが、ここ最近全く自炊をしていなかった
忙しかったり頭痛がしたりで

でも今日はちゃんとご飯を作った
ぼく、えらい!



ご飯を作っていると、背後から声が聞こえた
「今日はマスターのご飯が食べられるのね。楽しみ。自炊だと安く出来るし、すごく美味しい。最高だわ。マスターのご飯は手間がかかる分、愛情があるから美味しいのかしら。ちょっと食材が傷んで来てるでしょうけど、それでもすごく美味しいに決まっているわ。そんなご飯がいつでも食べられるなんて、私たち恵まれているのね。マスターのご飯が食べられるのって、私たちぐらいしかいないから、独り占めできるわ…」ぶつぶつ

なんかそんな感じのめっちゃ長い独り言
多分長い間自炊してなかったから、マオさんが欲求不満(食的な意味で)だったのだろう

これがタルパの暴走か…!(戦慄)



そういやここ数年、「タルパの暴走」ってワードを全く耳にしない気がする
昔は結構「うちの子が暴走した!」って書いてたタルパブログが多かったのに

タルパもやっぱ時代によって変わるんだろうね
タルパの本質は今も昔も変わらないけど、「タルパ」の性質はしょせん人が作るもの


「タルパは暴走するもの」って心のどこかで思っていたら、タルパは暴走する
でもそんな概念がそもそもなければ、タルパは暴走なんてしない

そういうことなんだろう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク