つまり面倒なだけ

タルパWikiだけど、俺が血反吐吐いて社畜奴隷と化していた間に、管理人が誕生したらしい
三代目らしい
かっこいい(確信)

「初代」「Ⅱ世」「三代目」の響きのかっこよさは異常
4代目からはパッとしない


タルパWikiはあの騒動の後だから、強引な手を使ってもルールの整備が必須だと思っていた
「乾麺(=管理メンバー)内だけで勝手に決められたルール」って批判的な声もあったけど、ルールもない状態だと議論はできない
全ての議論に共通のルールがあるわけではなくて、場によってルールは変わるから
スポーツと同じよ

野球のルールがないのに野球が出来るわけがない
「野球はバットを使うゲーム!野球しようぜ!」と言いながら、バットで人を殴って回る人が頻発する、日本のネットでの「議論」

笑い話ではないぞ、これ
ルールがないと、議論も同じことが起こる


今回のルールも管理人さんが草案を決めて、管理メンバーと話し合って決めたものらしい
俺はルールを決めるためには独裁でもいいと思ったけど、それ以外の方法が取れるならそれもいいと思ってたし

「独裁は悪」って決めつけられてるけど、混乱した世界をおさめるならこれ以上の特効薬はない
混乱してるのに議会を開くなんて出来るわけないよ

みんな混乱してて頭おかしくて、騒動前も議論が成り立ってなくて話がまとまらなかったのに、この期に及んでまだ「話し合い」?
それ、本気で言ってる?



とりあえず俺が言いたいのは「管理人に文句があるなら、なんで自分が立候補しなかった?」
決まってから文句言うのは馬鹿にでも出来る

選挙の立候補と違って、お金がかかるわけでもない
「知識が無いから出来ない」ってのも、実際に管理しながら知識は身につけるもの
プロじゃないと野球をしたらいけないってわけでもないんだから


ルールを決めたのが管理メンバー内だけだったのが不満な声もあるけど、そう思うなら立候補しろよと
俺からしたら十分フェアだと思うぞ
表面からしか見てないけど(真顔)



てか先代管理人が、某タルパブログの人かが同一人物じゃないって前提はどこから生まれたの?
先代管理人が決まった時から俺は同一人物だと思ってたし、そう思って彼のタルパブログにもその前提でコメントをした
否定も訂正もされなかったから、当時からずっと同一人物扱いだったんだけど

まあ、タルパーにもいろいろいるからね
タルパを持つことで「自分」の認識が乖離することがあるのかも

「タルパを持つと統合失調症になる」って話は本当だった…?


でも統合失調症自体は珍しい病気じゃない
タルパを持つ前から発症してた人も絶対いるし、持ってからタルパが要因じゃなくてなる人もいる

てかタルパと統合失調症の話は、昔からある都市伝説というか適当話
俺みたいに数年タルパーやってても病んでない人間もいるからへーきへーき

※先代管理人を統合失調症と決めつける意図は全くないですし、統合失調症の人を悪く言ってるつもりもないです

タルパの「邂逅型」について、チラ裏で話されてた
あれの成り立ちを知らない人もいるよな
かなり昔の話だからな


某カリスマタルパーが西洋魔術の「ダイブ」をタルパ界に導入する

某カリスマタルパーがダイブ中に某思念体と出会う

某カリスマタルパーがダイブ中に出会った某思念体をタルパにする

邂逅型タルパ、爆誕!


こんな流れだったはず
ちなみに俺はカリスマだとはあまり思っていない

でもカリスマと呼んでる人がいるのでこれに倣ってる
つまり彼はカリスマ(二律背反)



ここから「ダイブ中に会った精神体をタルパにした場合、『邂逅型タルパ』とする」って考えが生まれた
前も話したけど、当時は正しいか否かよりもノリが優先される時代

よく考えたら「いや、それはおかしい」って誰もがなる
だって元々は自分で意図して設定から創るのがタルパ
ダイブだろうと夢だろうと、会った精神体をタルパにするのは原初の「タルパ」の定義から外れるもの


しかしタルパWikiに邂逅型の話が正しい前提で記載された
ルールも定まっていない黎明期によくあること

でも当時はノリと楽しさが最優先の時代
全力で釣られるのがVIPPER
だから問題なかった


でも今は嘘松時代
釣られることを何よりも恐れて、疑心暗鬼が先んじてて、発生型なんて話をしようものならまず批判から始まる

「昔のWikiはよかった。今はぎすぎすしてる」って評価する人がいるかもしれないけど、それは昔の感性を持った人
前と同じ空気にしたいなら、みんなが全盛期VIPPERになることだ!

なお全盛期VIPPERは凸とかで、それはそれで周りに迷惑をかけていたもよう
馬鹿を装ったつもりのウェーイwww系馬鹿みたいな感じ




話が脱線したけど、邂逅型タルパの成り立ちはこれ
俺は第一次タルパ戦争が起こった後にタルパを創った新参タルパーだけど、たしかこんな流れだったはず


ノリと勢いでいろんなものをごちゃまぜしてたから、黎明期からタルパの定義は既におかしくなってた
でもノリと勢いが大事だから、定義なんて誰も気にしなかったし、そんなものなかった
そのせいで定義がごちゃごちゃしてて、いざ定義を決めようとしたら話がまとまらない

当たり前だよね
そもそもノリで存在しなかった「タルパの定義」を考えたら、そうなる
初期の頃から既にタルパの定義は破綻しているから

タルパの定義を考える
それは砂金が取れない砂浜で、砂金を探すような作業よ




タルパWikiはタルパー入門者が見るサイトだけど、必須かと言えばそうでもない
タルパの作り方なんて、タルパブログ読んだらいくらでもあるだろ
何なら俺がここでまとめてもいいし


俺がタルパ考察をしない理由
それはもともと「答えは一つしかない」と考えていないから
視点が違えば答えは変わるし、それら答えが矛盾することだってある



一般タルパーの常識からしたら、タルパは「存在する」
だからタルパーたりうる

量子力学観点からしたら、タルパは「観測しない限り存在しないが、観測したら存在する」
てか人間だろうと物だろうと、観測しないと存在しない観測至上主義

仏教からしたら、タルパは「存在しない」
てか人間だろうと物だろうと、全てが色即是空で存在しない
てかそもそもタルパは仏教発祥だろ(適当)


一般常識、科学、宗教(オカルト?)…
どの視点で話すかで、答えがまるっきり違う

そしてどれもが正しくて、どれもが間違ってる
「正解」なんてそんなものでしかないんだよ

そして断言するけど、一つの正解を全員で共有しようとすると世界が破綻する
ポルポト政権のカンボジアみたいになる



人には「絶対主義」「虚無主義」「相対主義」の3つのタイプがある

絶対主義は自分が絶対正しい前提で話を進めるタイプ
話し合う気がないから、自分の考えは曲げないし高圧的にも強引にもなる
答えは1つしかないとも考え、「無学者は論に負けず」を地で行く
そして「自分だけが正しい」と考えるから、そもそも議論に参加しないで周りを見下すことも多い
馬鹿に何を言っても分からない主義


虚無主義は答えは一切ないと考えるタイプ
人と話しても理解できないし理解もされないから無駄だと思ってる
真の答えなんて、この世に一つも存在しない
存在しないものについて話すなんて馬鹿げてる
だから議論に参加しない


最後の相対主義
正解は一つじゃなくて複数存在すると考えている
だから議論に参加する時は、議論相手が持つ「答え」を聞くのが目的
柔軟な思考を持っていて、自分の考えを改める人
柔軟だから議論に負ける(=相手の話に納得して、自分の考えを曲げる)ことも多いが、それゆえに色んな価値観を持っていて、本当の意味で「頭がよくなる」



俺は相対主義のつもりなんだが、それゆえに自分の意見をまとめられない
自分のしっかりした意見はあるけど視点も複数あるから、いざまとめようとしても膨大な量になる
そしていずれも視点が違えば答えが矛盾する

つまり、まとめるのが面倒(本音)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク