全部鉄砲のせい

二刀流って現実だと何が強いん?

一部で「刀二本持ちより、刀+盾の方がいいんじゃね?」って声がある
マジレスすると鉄砲が戦場に導入されるまでは日本でも手で持つ盾があって、導入後は盾が消滅した

理由?
鉄砲の弾が手持ちの盾で防げるわけないだろ(真顔)

戦国時代の日本は世界で一番鉄砲が多い国だからね
しょうがないね


そんなわけで戦国以降の武士は防御面を捨て、腕は攻撃全振りになった
それが理由

さて、では本題
「二刀流と一刀流はどっちが強いのか?」


何をどう比較したらいいのか分からんから、答えは出ない
二刀流のイメージが強い武蔵も、状況に応じて二刀流だったり、一刀だったり、真剣ですらなく木刀だったり、はたまた素手で戦って勝利してる
武蔵が同じことを聞かれたら「『一刀』『二刀』に囚われてる時点でお前は弱い」とか言いそうだ

俺も同じで、「じゃんけんで『グー』『チョキ』『パー』のどれが一番強い?」みたいな、よく分からん疑問を投げつけられてる気分になる
んなもん、状況で変わるわ(断言)




ええと、武蔵が二刀流を始めたって考えてる人が多いけど、実際は違う
それよりも前に二刀流は普通にあった

でもそれらは全部奥伝とか奥義扱い
だから表立って取り上げられず、そんなに有名でもない


だけど武蔵だけは異色で、「腰に二本ある道具を使い切らないで負けるのは阿保だろう。負ける時はどうせなら全力を出してから」って考えだった
だから二刀流から基礎として始めた



二刀流はたしかにむずいぞ
両手で持つのを想定している日本刀を片手で振り回すんだから
まず速度が出ない

まあ武蔵の二天一流では「速度」より「拍子」を重視してるから、そんなにこだわらないのだがね
流水の打ちってのがあるくらいだし

「剣速が遅くても、相手を斬れたらいいんだよ!」の精神




そうそう、盾の話に戻ろうか
名前は失念したが、昔とある剣豪がいた

その人が竹刀剣道で試合をした時、左手で相手の竹刀を手でつかみ、相手の頭に打ち込んだ
相手は当然「そんな戦法があるか!」とぶちぎれた
しかしその剣豪は切り傷が多いぼろぼろの籠手を取り出して、「これが俺の剣道だ」と返したという


事実、相手の刀を握り込む戦法を取る流派も多い

盾は攻撃を受け流すだけ
また攻撃されるかもしれない

その点相手の剣を握り込めば、二の太刀は防げる
盾なんかよりもこっちの方が合理的よ


もちろん、今の剣道でやったら反則だけどね(真顔)
いい子はマネしないように!



ただ、殺し合いの剣術ではそうもいかず
実際籠手で相手の刀をつかむ人もいただろう
てか、いた(真顔)

武蔵の流派も二刀流の枠にはまった二刀絶対主義ではなく、時には「身のあたり」と呼ばれる体当たりで相手を吹き飛ばして殺すこともあった
単純な剣だけのやり取りではないのだよ



そもそも二刀流と一刀流のどっちかが強いかなんて、何の話かがまず分からない
戦場での話なのか?
殺し合いの決闘の話なのか?
剣道の話なのか?
それともゲームの話なのか?

前提が分からんと、何が強いかも分からんわな





俺が言いたいのは一つだけ
CataClysm:DDAで、五輪書が手に入らない(真顔)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク