人の一生の運勢は10周期と12周期から成る

ただいま四柱推命の勉強中
ここんところ、ずっと四柱推命の勉強サボってたからなあ…w

掃除したりパソコンの設定したり今まで読めていなかったブログに追いつくよう記事をあさったり…結構これでも忙しかったんだよね

さて、では本題
大六壬と四柱推命のページを今眺めている


このサイトは「四柱推命は科学ではない」という立場で話を展開しているわけだが、まったくその通りだと思う
よく「占いは統計学だ」という話を聞くが、統計学を学んだ立場から判断するとどこがどう統計学なのかまったく理解できん

統計学=経験則ではないのだよ
むしろ経験則が本当に正しいのか、それとも間違ってるのかを数理学を基準に考察するのが統計学の真骨頂
絶対に正しい真理でも、数理学的に考えて否定されるようならそれは「事実」じゃない
占いもその類



だいたい「科学→正しい」「科学で証明されていない→うさんくさい」って考えが短絡的過ぎ
世の中、科学的に正しいとされていることでもうさんくさいことがたくさんある(バナッハタルスキーの定理、量子テレポーテーションなど)し、科学で証明されていないのに世間で広く認められ、効果があると信じられていること(気功やツボなどを始めとする東洋医学など)も多い
俺はそういう科学を盲信する態度が心底好かんのだよ
宗教もオカルトもさ、最近科学に媚び売り過ぎだろ…




おっと、話がそれた

四柱推命ってのは十干(甲、乙、丙、丁~と続く十の概念)と十二支(子、丑、寅、卯~と続く十二の概念)が組み合わさって人の命を推していく占術だ

四柱推命は生まれた日の十干を自分自身と考え非常に重要視し、又生まれた月に大きく左右されると考えこれも非常に重要視する
干は10周期であり、支(月)は12周期であることからこれら2つが組み合わさって推命の主軸となるわけだ


この周期は古来から続いてると考えるとすごく神秘的な気がする
人間が生まれる前からずっと続いてるのに、これらは今までも、そしてこれからも人に大きく影響を与え続けるのだから





…んー、集中力が切れてきた(笑)
そろそろパソコン落として電気消すかねえ



あ、それとですます調やめるわw
今となっては誰かが読んでる前提のブログじゃないからなw
アメブロは水増し多いがここはまずないだろうしw
マオさんもきっと分かってくれるw

てかまたこいつ俺の膝の上で寝おってw
早く布団敷かななwww

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク