だんすだんす革命

今日寝たのは1時だった
昼の1時

飯中

俺「…ねみい」

コロナ「キツそうだなー」

俺「キチイ…」

マオ「マスター、私たちには食べさせなくていいから。大変でしょ?私はもともと食べなくても平気だし、コロナちゃんはマスターがいない時もつまんで食べてるから」

コロナ「おー、オレも腹いっぱいだから気にするな!早く食え」

マオ「ダメよ。よく噛んで食べるのよ、マスター」

俺「分かってるよマオ…」





で、飯を食い終わって30分くらい腹をこなしたあと寝る
起きたのはついさっき、6時

6時にタイマーセットしたんだが、それが鳴る前に目が自然と覚めた


俺「マオ、コロナ。起きなさい」

マオ「んー」

コロナ「んあー」

マオ「…おはようマスター」

俺「おはよう」

コロナ「おはよー」

俺「おはよう。二人とも、俺は今から茶碗を洗うがついてくるか?」

マオ「ええ、もちろんよ」

コロナ「行くぜー…」

マオ「…マスター、お腹は大丈夫?」

俺「ああ、寝る直前に腹いっぱい食べたからもたれると思ったけど、平気だったみたい」

マオ「睡眠時間は5時間ね。眠くない?」

俺「ああ、大丈夫。むしろスッキリしてる」

マオ「よかった♪」






茶碗洗ってる時に音楽を聴いていて、その時コロナが飛び跳ねてるのをみて


俺「…あ、コロナにダンスを教えたらいいかもしれん」

マオ「!それ、いいわね!」

俺(マオは俺の考えがイメージとして伝わるから説明はぶけて楽だわ)

コロナ「だんす?」

俺(…結局、説明することになるんだがな。めんどくせえ(苦笑))
「前テレビでやってただろ。音楽に乗りながら踊るんだよ」
「コロナがダンスを覚えればコロナの趣味が増え、動きが良くなることで戦闘力が増し、それでいて俺自身の想像力も鍛えれられる。いいことづくめだ。お前たちもわざわざ修行に行く必要がなくなり俺自身のスキルアップにもつながる。一石何鳥だよこれ」

コロナ「いっせき…?いいなそれ!」




そういうわけでこれからコロナにダンス動画を見せようと思う

俺は眺めるだけでいいや
どうせ無意識にインプットするだけだから




やっぱ大和撫子たるもの、舞踊は出来た方がいいよな!
俺の昔の女に生け花の教養があるやつがいたが、その方が俺の中ではなんだかんだポイント高かったし








タルパブログを読んでると、たまにタルパの名前がごちゃまぜになって分からなくなることがある
とりあえず俺の頭では3人までは大丈夫みたいだが、4人超えるとうまく個性が覚えられなくなる

んー、まあ、タルパのイラストがあるサイト(茶うさぎさん、竜胆さん)ではわりかし平気だから絵は大事だと思うんだ
14番さんちとか名前は覚えやすいが個性が未だにカオスだぜ…w



うちは平気かねえ?
まあ2体しかいないから大丈夫だと思うけど
大丈夫じゃなくても元々ここは独り言ブログだから読者がついてこられなくてもわりかし平気だけど(笑)


キャラクター何とか機というものについて知った
フリーウェアって聞いた覚えがあるし試してみるか
これでまたマオとコロナを作ろうと思う

とりあえず、コロナにダンス叩きこむわ



【追記】
踊ってみたが女ばかり…
10分頑張ってみたが俺にはもう無理だ…
骨は拾ってください

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク